クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
LUMIX GX7MK3 の設定(1) 合焦音を消す。
さて、そんなわけでGX7MK3を買ったわけですが、付いてくるマニュアルが薄くて、内容も中途半端で分かりづらい。以前、GF1を使っていた時も思ったのですが、パナソニック用語は世間一般のカメラ用語とは違うんですな。だから余計に分りにくいうえに、マニュアルの書き方が下手。

そこで、色々な設定や使い方を備忘録的に書いていこうと思います。ユーザーの皆さんの参考になればとも思いますが、どっちかっていうと自分用です。色々覚えきれないですからねえ(苦笑)

さて、まずやっておきたいのが、合焦音を消すという事。

このクラスのカメラを買うかたは、そんなに素人ではないと思うんですが、ある程度カメラを使いこなす人が、まず何をやるかと言えば、合焦音を消すことじゃないでしょうか?
合焦音っていうのは、ピントが合った時になるピピッていう音。あれ、要らないですよね普通。

ところが、これがマニュアルに書いてない。

記載されているのはサイレントモードだけで、この設定にするとシャッター音まで消えちゃいます。さすがにシャッター音は欲しいですよ。っていうか、サイレントモードだと電子シャッターですからね。そうじゃなくて、メカシャッター使って、ピントが合った時のピピッていう音だけを消したいんですよ。

これ、最優先の設定変更だと思うけどなあ。

結局、マニュアルではわかりません。酷い話だなー。まさか消せないって事は無いよねえ。仕方なく、カメラの設定を片っ端から見ていきます。

ありましたー!スパナマークのメニューの2ページ目。



「電子音」っていうのがそれです。



これを選択すると、電子音音量というのが出てきますので、これをバッテンにする。



これでピントが合った時のピピッていう音が消せます。

それ以外にも、電子シャッター音量、電子シャッター音色が選べるようです。

まずは、最小限の設定が出来ました。


| LUMIX GX7MK3 | 10:40 | comments(0)
ミラーレス一眼を買い直す。
転職して色々生活環境が変わりました。この1ヶ月半は本当にあっという間で、日記を書く余裕すらありませんでした。

やっと落ち着いてきたので、そろそろ通常運転に戻れるでしょうか。

***

さて、前職時代の最後は内勤に変わって、ほぼ出張が無くなってしまったのですが、この転職で再び出張族になりそうです。

ここ数年は、出張帯同カメラはコンパクトデジカメでしたが、今使っているカシオの EXLIM EX-ZR50 は、深度合成できる点以外は本当にダメダメなカメラで、結局出張の時に使うカメラはiPhoneになっていました。

流石にEOS6DやKissでは大きすぎるし、出張時の荷物はノートパソコンなどもあるので、あまり大きなカメラは持ち歩きたくありません。旅行の時にも、着替えなどの荷物以外にカメラバッグを担いで行くのは、さすがに辛くなってきています。

10年前にヨーロッパ旅行に行ったときには、出たばかりのマイクロフォーサーズ(以下μ3/4と略)を帯同し、コンパクトで良かったのですが、当時のレベルだとやはり夜間撮影が物足りず、結局処分してしまいました。

あれから10年経過し、世間の評判などを聞くと、μ3/4も随分進化しているみたいです。

一方で、愛用のキヤノンもEOSシリーズと平行してミラーレスのMシリーズを発売し、KISS-Mの登場で、どうやら初級機はMシリーズにシフトしそうな感じです。

ソニーのαマウントも、レンズグルメを楽しむのには最適です。α7はフルサイズながらコンパクトにまとまっています。

そこで、手持ちのコンデジやもう使わないフィルムカメラなどをまとめて処分し、ミラーレス一眼に乗り換えようと思います。

サイズ的には、やはり小さいものが良いと思います。出張&旅行の他、普段使いもしたいので、通勤カバンに入れておきたい。そうなると、フルサイズの必要性はさほどありません。

そこでまずα7を落としました。まあ、これはそのうち中古で買う可能性が無きにしも非ずですがw

キヤノンMは、EOSレンズも使えるので最大候補のひとつなのですが、デザイン的にどうも気に入らない。

デザインで言えば、オリンパスPEN−Fが最有力なのです。

そこで、まずキヤノンM対μ3/4という対決で、敢えてAPS−Cのキヤノンを選ぶ必然性を考えました。

確かにフォーマットが大きいほうが画質的には有利ですが、既に5D&6Dでフルサイズの恩恵は受けています。そこにAPS−Cを加えるか、敢えて小さいμ3/4にするかという選択肢で考えました。

どうせ使うのなら、中途半端なサイズ違いではなく、明確にフォーマットの差があるほうが、お互いの利点欠点をカバーし合えるのではないか、という意味ではμ3/4に利点があると思いました。

この時点で次機種はまず、μ3/4に決定。

さて、このマウントには現在オリンパスとパナソニックという2系統のラインナップがあります。

前回はパナのG1&GF1を使っていましたが、カメラ専業メーカーではないので、そのあたりのもどかしさを感じた事がありました。流石に10年以上やってきて、そこはこなれてきたんじゃないかなあ?と思っています。

オリンパスはPENシリーズの復活を行い、魅力的なレンズ群なども出ていましたが、如何せんこのメーカーは昔から操作性に難点があります。AF性能も当時のカメラは今ひとつでした。そこは進化しているでしょうか?

2年前に発売されたPEN−Fは、大好きだったオリジナルのPEN−Fのイメージを残しつつ現代的にアレンジしていて、しかもレトロ調のデザインが上手く出来ていて、第一候補に挙げられます。OMシリーズの復刻版ともいうべきOM−Dシリーズも良いですね。

一方のパナソニックは、一眼レフスタイルのG、動画主体のGH、コンパクトなGF、レンジファインダースタイルのGXと、かなりのバリエーションがあって目移りしてしまいます。

まず、購入動機として平日常用を考えた時、一眼レフスタイルは嵩張るので脱落。この時点でOM−DとG、GHが消えました。

次に、撮影スタイルとして、EVFのビューファインダーは必須です。作画を考えた時、ファインダーで見ないと作品の質が荒れてしまいます。

ここで、オリンパスは内蔵のPEN−F、外付けのE−PL7。パナソニックはGX7MK2、GX7MK3、GX8が残りました。どうせ買うならハイエンドでしょう。オリンパスはPEN−Fで決まり。パナは、型落ちの2機種を落として最新のGX7MK3。この一騎打ちです。

デザインはPEN−Fの勝ちですが、GX7MK3も、私の嫌いな角の斜め落としが無くなりストレートでシンプルなライカっぽいデザインになりました。悪くないです。

そこで、ヨドバシカメラで両者を弄り倒してみましたが、操作性は圧倒的にパナですね。オリンパスは独特すぎて、慣れないと使いにくい。パナは10年前から比べると格段に進歩したイメージがありました。

レンズ群は共通で使えるので、ここは互角。しかし、PEN−Fが5段手振れ補正という強力な機能を擁して有利。GX7は4段ですが、Dual I.S.という機能が付加されており、ボディ内5軸にレンズ内2軸のダブル補正。これ、干渉したりしないのかな?

測距はPEN−Fが800点以上ってなんじゃそりゃ?GX7は49点。それでも十分な気がします。

いやー、甲乙付けがたいですね。どっちでもいいや。

最終的な決め手になったのは、カシオEXLIM EX-ZR50の利点であった深度合成は、模型撮影にベストなので、この機能を是非ともカバーしたいという事でした。

オリンパスも深度合成機能はあるのですが、残念ながらレンズが限定されるのと、PEN−Fには未搭載です。GX7MK3には標準装備されていて、使えるレンズは自社製であれば制限は無さそうです。

これが決め手となって、パナのGX7MK3を買うことにしました。買いましたw



まー、カメラは選んでる時が一番楽しいですな。このカメラは長期レポートしたいと思います。

| LUMIX GX7MK3 | 13:05 | comments(0)
1ヶ月
転職して1ヶ月が経過した。

バタバタと忙しいひと月であった。
根本的な仕事内容は変わらないのだが、会社が違えばプロセスが異なる。
そのプロセスの在り方に、超いい加減だった前社と、非常に論理的でしっかりしている今の会社の違いがあって、そこが物凄く大変である。

毎日冷や汗をかきながら仕事をしているが、それが緩んだ気持ちを引き締めることにも繋がっていて、そういう意味では充実した毎日になっている。

新しい会社は、関わる人たちが前職の何倍も多くなるので、その人脈作りが大変なのだが、皆さん良い人なので助かっている。社風なのだと思うが、あまり性格的に激しい人とか、とっつきにくい人がいない。仕事のしやすい環境で、そこがとても有難い。

以前はネットアクセスも一つの仕事だったので、それなりにツイッターやFacebookなどを合法的に仕事中に閲覧していたのだが、流石に新しい会社ではそういう事は出来ないので、めっきり出没回数が減ってしまった。

だいたい、朝、出社するまでの間と、仕事中の中休み、帰宅後が中心だが、どうかすると1日見ない時もある。

無ければないで済ます事が出来るのだけれど、話についていけなかったり、充分に話をチェックせずにトンチンカンな発言をしたりする事が多くなってきたので、今後はもっと発言機会が減っていくような気がする。

ブログの在り方も考え直さなければならないかもしれないなあ、と思いつつ、とりあえず最初の一ヶ月を過ごしたのであった。


 
| 【TEXTSTYLE】 | 22:44 | comments(0)
一週間
転職して一週間が経過した。

仕事内容はあんまり変わらないのだが、質が激変している。
悪く言えば、今までの会社の仕事が結構いい加減だったという事なのだが。
そんな事だから事業撤退とかになっちゃうわけだよな。

有難いことに、受け入れ側が大歓迎してくれているので、馬脚を表さないうちに足固めをしておく必要がある。だから当分は仕事漬けだ。

新しい仕事仲間の人から「ワクワクしてます」などと言われると、こっちも嬉しくなる。前職では、どちらかと言えば厄介者扱いみたいな感じだったし。ところ変われば品変わる。この転職は良い転職だったと思えるようにしたい。

転職して、一番やってはいけないことは、前の会社と今の会社を比べて優劣をつけてしまう事。特に前の方が良かったという考えはご法度なので、だからあまりそういう事は考えないようにしている。

今のところ、前職のほうが良い点は一部の給与体系と社内自販機のお茶の値段くらいなので、全く不満はない。

それはさておき、新しい人脈作りとか、事務手続きとか、普段使っていない神経を使うので、今週は死ぬほど疲れた。

遊んでいる時間も少ないので、ネットにアクセスする気にもなれず、精々twitterを見ていいねボタンを押す程度。自分から何かを発信するという事がとても面倒くさい。

今までが多少ネット中毒気味であったので、良いバランスが取れるようになったと思えば良いのかもしれない。

会社帰りに飲みに行くのも、今度の会社の人たちとの交流が多いので、趣味関係のほうに顔を出せるようになるにはもう少しかかりそう。


| 【TEXTSTYLE】 | 20:33 | comments(0)
転職しました。
色々ありまして、定年まであと3年ですが、転職いたしました。

詳細はネットには書けませんので、お会いできるかたとはその時にでも。
勤務地が少し遠くなるのがつらいです。

今までのように休み時間に気楽にネット出来るような環境は無くなるので、出没機会は大幅に減るかもしれませんが予定は未定。

なお、ネット上では本名での活動及び勤務先の公表をしておりませんので、その点ご配慮いただきたく。


| 【業務連絡】 | 08:55 | comments(0)
大阪でフジタ。
月・火と大阪出張だったが、基本的には挨拶回りで仕事らしい仕事をする事もなく、難波で開放。そのまま帰っても良かったのだが、ちょっと調べて山王美術館に行ってみることにした。

ホテルのエントランスの先にあるちいさな美術館で、今は藤田嗣治の展示をやっている。
入館料を払って見学。お客は私だけで独占状態であった(笑)

山王美術館は収録作品を貸出ししないらしいので、見た事のない絵ばかり。数はそれほど多くは無かったが、フジタ好きには充分に堪能できる展示であった。


 
| 【絵画・芸術・演劇】 | 09:19 | comments(0)
アル中への分岐点。

55歳を過ぎたあたりから急速に酒に弱くなってきた。

今では家では殆ど飲まない。たまーに女房と350mlの缶ビールを1本シェアする程度で充分になった。それなら飲まなくてもいいなあ。日本酒の買い置きも、随分前から四合瓶になり、1年前くらいから買わなくなってしまった。

宴会などで飲む時はそれなりに飲むんだが、それでも焼酎が基本で、日本酒を飲む機会は減った。
元々ビールはそんなに好きではないので、乾杯の1杯程度。最初から焼酎というケースが多い。

私は、いわゆる立ち飲みというのがダメで、飲むのなら腰を落ち着けてゆっくり飲みたい。
角打ちで、缶チューハイに乾きもの、みたいな飲み方が出来ない。忙しなく飲むのが苦手なのだな。
あと、飲み出すと1杯で終わる事が出来ない(家は別)。だから立ち飲みだとだいたい物足りなくなり、そのまま二軒目に行ってしまうので、かえって高くつく。そうして、ますます立ち飲みから足が遠のくという流れだ。

ところで、立ち飲み屋で一杯飲む人というのは、基本的に毎日飲むタイプの人なんだろうか。

その昔、会社の上司にそういう人が居た。毎日、帰りがてらに立ち飲み屋でビール小瓶とおつまみ1品くらいを飲み食いして帰るのだ。まさにセンベロというやつだ。何回か付き合わされたが、飲み出すとビール1杯程度では物足りず、そこから改めて飲みに行く。でも、その上司は帰るんだよね。ビール1杯で足りちゃう。でも毎日欠かさない。

酒は毎日少量続けるほうがアル中になる可能性が高いようで、あの人は完全に依存症だったような気がする。だから、休肝日を作らず、毎日飲んでいるような人は注意したほうがいい。

アル中になるか、ならないかは、毎日飲むか飲まないかというのがまず第一の分岐点のような気がしている。

私の場合、飲まないと本当に全く飲まなくても大丈夫だが、一度宴会が続くと、何となく飲みたくなってしまう。それが習慣性のものなのかどうか分からないけれど、その欲求に溺れて飲み続けていると、そのうちアル中になってしまうのだろう。

最近では、少し深酒すると翌日に残るようになった。二日酔いではない、酔ったまま朝を迎える。
で、会社に行く準備をして、通勤電車に揺られている間に二日酔いっぽくなってくるか、醒めてくる。会社に着いて二度寝でもできれば良いのだろうけれども、そうもいかないのでその日一日が苦痛だ。

そこで、深酒した翌日は半休をしてしまうことが多くなった。
10時くらいまで布団の中にいれば、まあ何とか酒が抜けてくる。そこから軽く朝ごはんをたべて出勤すれば、無理して朝出かけるよりはスッキリした気分で午後の仕事に就ける。

二日酔いにならないようにする最大のポイントは、飲みながら水も飲むことで、酒と同量の水を飲むようにすると、長く飲めるし殆ど二日酔いにならない。

昔はそれでも夕方になると飲みたくなったものだったが、最近では二日酔いの日は絶対に飲まないし、飲みたいという気持ちにならない。これが、二日酔いの日でも夕方になったら飲みたくなってしまうと、アル中化が進んだという事なのだろう。

そういう意味では、この分岐点は問題なくクリア出来るんじゃないかなと思っている。

 

| 【酒】 | 10:26 | comments(0)
艦これ日記(162) 補給物資回収編成まとめ
16日から始まった、回収イベント「強奪された補給物資」をやっています。

およそ100回試行で、得られた資源は87個。1海域で2個出る所もありますので、ドロップ率はだいたい7割程度の体感です。内訳は、米55、梅干10、海苔13、お茶11でした。

資源は出来るだけ節約しましたが、燃料弾薬とも微減。ボーキは現状維持。鋼材とバケツを結構消費しています。特にバケツは、出撃艦船が限定されるので、割と多めの消化になっています。

これで、

・「おにぎりを作る」お米5
・「おにぎりを振る舞おう!」お米15
・「高級おにぎりを作る!」お米6、梅干2、海苔3
・「お茶漬けを作る!」お米8、梅干3、海苔3、お茶4
・「和定食膳を作って完食!」お米9、梅干5、海苔6、お茶7

ここまでが達成できます。

和定食膳を作ると、「完食」掛け軸と、鳳翔さんの夕食券がゲットできます。



一航戦ですね。やっぱり赤城さんか。



鳳翔さんの夕食券では、以下のものが作れます。



名誉、強壮、片春粉w、甘味。迷わず片春粉。試製カタパルトがゲットできます。どうやら3個まで作れるようです。

残る任務は、

・「お茶漬け、夜食にどうぞ!」お米16、梅干6、海苔6、お茶8
・「海苔巻きを作ろう!」お米12、海苔6
・「日の丸弁当、量産!」お米50、梅干6、お茶10

都合、お米78、梅干12、海苔12、お茶18が必要になります。

うわあ、まだ半分も行ってない感じだ。まあ、最低目標の掛け軸とカタパルトが貰えましたので、あとはのんびり行こうと思います。「海苔巻き」で得られる装備は必要ないですから、「お茶漬け」の三式爆雷集中装備と、「日の丸弁当」の試製15cm対潜噴進砲がゲット出来れば御の字かな?

そこまで行かなくても、もう一度和定食膳を作ればカタパルトがもうひとつ手に入ります。そのあたりが落としどころかもしれません。

***

資源回収は、ほぼ全海域で行えますが、旗艦に軽巡、随伴に駆逐または海防艦が必要なほか、探照灯、照明弾、見張員などの装備が必要になるので、通常の編成とは違う攻略が必要です。

そこで、あれこれ考えているんですが、海域を変えるたびに編成をどうするか考えるのが面倒なので、私の標準的パターンをまとめておこうと思います。他のかたの参考になれば幸いです。

なお、木曜日からの補填ドロップについては書いていません。

固定装備艦

阿賀野型:瑞雲(水戦)+照明弾+探照灯
由良改二:甲標的+照明弾+探照灯
タシュケント改:主砲2+見張員+探照灯
瑞穂改:瑞雲(水戦)+探照灯+甲標的

霞改二乙:主砲2+32電探(2−5専門:索敵補助担当)

大鳳改:F6F−5N+TBM−3N+烈風改+夜戦要員(火力不足対策)

五十鈴改二:4式ソナー+照明弾+探照灯(1−5専門)

夕張改:ドラム缶3+探照灯(5−4専門)
最上改/三隈改:主砲2+水偵+ドラム缶(2−5/5−4専門)

<1−3> <ボス:お米/梅干>

阿賀野型+駆逐/海防5

羅針盤きつい。

<1−4> <ボス:お米/梅干><松輪>

阿賀野型+軽巡2+駆逐/海防3

松輪狙い。

<1−5> <ボス:お米/梅干>

五十鈴改二+対潜駆逐2(海防艦不可?)+大鷹改二(ガンビー改)

軽巡旗艦でないと、出現率が下がる?

<1−6> <B:お米/海苔 J:お米/お茶>

阿賀野型+駆逐/海防5(Bマス狙い)

由良改二+航空戦艦2+タシュケント改+駆逐/海防2(Jマス狙い)

Jマスは効率悪い。

<2−3> <ボス:お米/お茶>

阿賀野型(由良改二)+水母+駆逐/海防3+軽空母

水母と軽空母はLv60以上が安定。ボスS勝利厳しければ駆逐を1隻、重巡に。

<2−4> <D/G/H/N/P/ボス:お米><ボス:海苔><日振/福江(ボスのみ)>

阿賀野型(由良改二)+瑞穂改+軽空母+正規空母3

O/Iマスお茶狙い編成

阿賀野型(由良改二)+雷巡2+瑞穂改+軽空母2

練度は出来るだけ上げておく方が良い。

<2−5> <ボス:お米/海苔>

阿賀野型(由良改二)+重巡2(紫雲/零偵熟練+32電探)+霞改二乙+駆逐(33電探)+軽空母(彩雲)

索敵不足に注意。軽巡に探照灯を積むため、旗艦大破の可能性が高くなる上ルートより、下のほうが良い感じ。Eマスは複縦で耐える。

<3−2> <ボス:お米/梅干>

軽巡+駆逐/海防5

羅針盤きつい。ボス前大破多い。梅干ドロップ的には1−3、1−4でも大差ないので、ここに行くのは、他の海域が枯れてからで良いと思います。

<3−3> <ボス:お米/海苔>

阿賀野型+重巡2+タシュケント改(瑞穂改)+空母2

羅針盤きつい。ボス前大破多い。空母が戦闘不能になるとボスS勝利が辛いので、装甲空母か夜戦装備空母が良い。重巡に見張員を配置出来れば、タシュケントは重巡にしても可。

<3−4> <N:お米 ボス:お米/海苔>

由良改二(阿武隈改二)+戦艦2+空母2+タシュケント改(瑞穂改)

由良&阿武隈は甲標的で手数を増やします。戦艦は基本、連撃弾着仕様ですが、片方の戦艦に見張員か大型探照灯を詰み、もう一方は渦潮対策で電探。空母は夜戦装備と噴進機で先制&夜戦対策。「同志でっかいの」はここで使うのが吉。

<3−5> <ほっぽちゃん:お米/お茶 ボス:お米/梅干><占守/国後/択捉>

阿賀野型+重巡2+大鳳改+装甲空母2

重巡には見張員、探照灯を詰み、さらにほっぽちゃん対策で三式弾。大鳳は夜戦仕様。装甲空母もほっぽちゃん対策で艦戦+艦攻のみ。片方は噴進式にして手数を増やす手もある。甲標的は役に立たないので、旗艦は瑞雲か水戦を搭載出来る軽巡が好ましい。重巡2を潜水艦2にしても良いが、ほっぽちゃんを墜としにくい。

<4−1> <ボス:お米/梅干>

由良改二+雷巡+タシュケント+駆逐+空母2

ボスルート固定できないので効率が悪いです。ボスはさほど強くないので、辿り着ければS勝利はこの編成でも充分すぎるほど。空母は片方軽空母でもOK。
下ルートに行った場合はFマス固定出来る駆逐2隻が必須なので、タシュケントは必須。ここも、他の海域が枯れてからで良いでしょう。

<4−2> <ボス:お米/海苔><対馬/佐渡>

阿賀野型+重巡2+タシュケント+駆逐+空母

お米、お茶、海苔が獲れるほか、海防艦も出るのでメイン漁場になります。
駆逐2が下ルート固定になります。上ルートからでもIマスに行けるので、敢えて駆逐1隻だけにして重巡を増やし、火力アップする手もあります。その場合には渦巻対策の電探をお忘れなく。

<4−3> <M:お米/梅干 ボス:お米>
阿賀野型+重巡2+タシュケント+雷巡+空母(ボス狙い)

阿賀野型+航巡+タシュケント+雷巡2+空母(Mマス狙い)

外れのMマスでもお米と梅干が獲れるので、意外と便利。Eマスに行ってもボーキが収穫出来ます。4−2あたりが枯れてきたら、ここを回ってもいいかな?ここも渦潮対策の電探を忘れぬよう。

<4−4> <G:お米 ボス:お米/お茶>

阿賀野型(五十鈴改二)+戦艦+重巡+タシュケント+駆逐+空母

ルート固定要員が必要なので、編成はこれでほぼ固定か。基本は4−2と同じ編成だが、駆逐はガチ対潜仕様にしておかないと、ボスマスで潜水ヨ級を倒せない。さらに五十鈴改二を投入しておく手もある。

<4−5> <ボス:海苔>

阿賀野型+高速戦艦+重巡2+空母2

高速統一必須なのと、戦艦、重巡には三式弾搭載をお忘れなく。鳥海改二あたりに三式弾と見張員を積んで固定化するとよい。週末の追加が無ければ唯一の海苔専門漁場だが、大破撤退も多い。ゲージ破壊していないとラスダンはこの編成では辛いので、そこは割り切って戦艦+空母の脳筋編成で行くべし。

<5−1> <ボス:お米>

五十鈴改二(神通改二・阿武隈改二)+戦艦+重巡2+タシュケント+駆逐

重巡2、駆逐2でルート固定。ボスS勝利を確定したければ、駆逐はガチ対潜支援タイプ推奨。
火力が足りないので五十鈴は神通か阿武隈のほうが良いかもしれません。

<5−2> <ボス:お米/梅干>

阿賀野型+重巡2+空母2+軽空母

空母2、軽空母1でルート固定。制空権確保が絶対有利なので、空母はそこを意識したほうがいいです。火力不足の場合は重巡1を戦艦1にしても良いでしょう。弾着観測は必須。下ルートでは大破率が上がります。

<5−3> <F:お米/海苔 ボス:お米/梅干>

阿賀野型+高速戦艦+重巡2+駆逐2

夜戦マップなので、そこそこきつい海域。一度に海苔と梅干のゲットが狙えますが、なかなかボス戦に勝てません。海苔ゲットでFマスで帰るほうが良いでしょう。

<5−4> <H:お米 ボス:お米/海苔>

夕張(ドラム缶3)+重巡2+空母2+タシュケント(ドラム缶1)

5−3よりも遥かに楽です。巡回も可能。
タシュケントにドラム缶をガン積みして、旗艦は阿賀野型にしても良いと思います。

<5−5> <ボス:お米/梅干><大東>

軽空母+戦艦3+空母2

梅干狙いというよりも大東狙いでしょう。大東持ってない提督さん向け。編成はガチで行くのが結果的に楽です。その分、ドロップ率は下がりますが、梅干が欲しければ他の海域を回るべきです。

<6−1> <ボス:お米/梅干>

大淀改+装甲空母+雷巡+伊13改+伊14改+潜水空母

マンスリー任務がてらに攻略しましょう。装備もマンスリー任務のままで行かないとボスS勝利はキツイです。装甲空母は夜戦仕様にするか、噴進機を積んでおくことを推奨します。伊13&14が居ないとS勝利はかなり困難。

<6−2> <ボス:お米/梅干>

高速戦艦+重巡2+空母+タシュケント+駆逐

索敵不足に注意してください。軽巡を入れる枠がないので、ドロップ率は低いかも。敢えてここを攻める必要は感じません。

<6−3> <ボス:お米/お茶><福江>

由良改二(阿武隈改二)+水母+タシュケント+駆逐3

福江狙いならここ。A勝利でもドロップするようです。キラ付けは必須なので多少面倒かな?
水母のうっかり轟沈に注意してください。(経験者は泣きながら語る)

<6−4> <ボス:お米/海苔>

秋津洲改+戦艦+航巡+阿賀野型+タシュケント+駆逐

ロケランとカミ車、おにぎりを積んで特攻。大破撤退の嵐なので、無理におすすめしません。

<6−5> <ボス:お米/お茶>

阿賀野型+戦艦+空母2+雷巡+駆逐

駆逐は防空艦の秋月型。乙改の育成をここで行っても良いでしょう。
タシュケントを入れるなら、旗艦は阿賀野型ではなく摩耶様で防空体制を。
基地航空隊必須なので、資源に余裕が無ければ諦めたほうがいいです。

個人的には、中部海域は、福江狙いの6−3以外は必要なし。私はラッキーにも2−4周回で出ました。福江狙いの人は6−3主体で2−4を混ぜると良いと思いますが、運営から、急がなくてもいずれ邂逅できるという発言が出ていますので、あせらず攻略したほうがいいでしょう(ゲット済なので余裕をかます)。

5−4、5−2あたりは割と使えますが、基本的には2−4、4−2を主戦場として、適当な海域を巡回するほうが良いと思います。


| 【艦隊これくしょん】 | 10:22 | comments(0)
日大アメフト部の問題を考えてみた。

何だかややこしい話になってしまっていますね。いつものとおり、マスコミ他、SNSの正義の人たちが言いたい放題。ゲンナリしますねー。

日大アメフト問題はね、そんな難しい話じゃないと思うわけです。

まず、背景を整理しておきます。

昨年、27年ぶりに因縁の関学を破って甲子園ボウルに勝った日大。

関学との争いは、長年の確執を生んでいたと思います。大学日本一を決める甲子園ボウルでは、去年まで3連敗しており、通算成績でも1位の関学に対して2位に甘んじている日大。

その日大の監督としては、何としても関学を落としたいと思うでしょう。

でもね、そこまでの関係でありながら、関西学院大学を「かんさいがくいんだいがく」って呼んじゃうのはどうか。まあ、信じられませんでしたね。他校へのリスペクトが全く無いにしても、あり得ないですよ。プロレス好きな人が長州力を「ながすちから」とか読まないでしょ?そういうレベルの話です。

それはさておき。

日大といえば、故篠竹監督による徹底指導で名門にのし上がった歴史があります。「反則は未熟から生まれる」ものとし、徹底的な反復練習でチームを鍛え上げてきました。70年代のアメフトブームの中で、圧倒的に強かった日大。その右腕として指導をうけていたのが現在の内田氏です。

日大フェニックスと言えば、プレーはもとより、日常生活においても品行方正を重んじていたチームだったという評判でした。それも徹底した篠竹イズムだったと思います。それが何故、ここまでダーティーなチームに成り下がったのでしょうか。そこが不思議なのです。問題は、その点に絞られます。

M選手は、6月に行われる大学世界選手権メンバーに選出されるほどの人材でした。何故、そのような「エリート選手」が今回のような愚行を行ってしまったのでしょうか。本人のメンタルの問題と言われていますが、この事件の真の原因はそこにありますね。

ところで、

「相手QBを潰してしまえ!」などという話は、日常的に出てくる会話で、特に酷いものであるとは思いません。これは監督&コーチの会見での言い訳どおりと思います。それを、M選手が文字通りに潰せと解釈してしまった。それも、恐らくその通りでしょう。

試合後、一旦は「責任は全て自分にある。何か聴かれたら監督が指示したと言え」と内田氏は言ったそうです。その通りなのでしょう。「(反則をしてでもいいから)QBを潰してしまえ」という指示が出たという事です。これは篠竹イズムを知っているファンから言わせれば背徳行為でしょう。

何でそんなことになったのかな?大学日本一になった事からのプレッシャー?そこは本当によくわかりません。

不幸だったのは、M選手が「監督やコーチからの指示を真に受けて、プレーを忘れて真っすぐに潰しに行ってしまった」ことにあったという話です。

内田氏や井上コーチのシナリオ的には、通常、このような指示をされた選手は、「アウトかセーフかギリギリのラフプレーで相手を潰す」という動きを期待していたと思います。M選手は、その能力がある人材だったという事でしょう。だから選ばれた。

ところが、M選手はその指示を受けて完全にパニック状態になってしまった。プレイヤーとしては余程のメンタルの持ち主であるか、ダーティーな性格で無ければ、そのような指示を簡単に受け入れられないと思います。そこが、内田&井上チームの誤算だったという事でしょう。だとするならば、メンタル面で不安のある彼に、何故そういうラフプレーを仕掛けるよう指示したのか。そこが謎なのです。

プレー中の不慮の事故。かなりグレーゾーンであるが、まあ仕方ないというレベル。それを望んでいたものと思われます。内田氏の発言を読むと、元々関学の選手から、そういう汚い行為をかなり仕掛けられていたのではないかと思われる発言がありました。そのあたりの積年の恨みだったのかなあ?とも思います。

スパイによる暗殺を狙っていたのに、敵の組長の前に出ていきなりピストルぶっぱなしちゃった。やらかしちゃった。そこが、この事件の真相のような気がします。

普通、反則プレーをするにしても、あそこまであからさまにはやらないです。だから、あの最初のプレーを見たとき、内田氏も井上コーチもびっくりしたんじゃないでしょうか。井上コーチは、例のプレイをちゃんと見ていなかった可能性もあります。

目的はちゃんと達成したのですから、あれ一発でM選手は下げておくべきでした。そこを怠って、再度プレーさせたのは完全なミスです。しかも、指示はまだ継続しているので、M選手はさらに反則タックルを行い、あまりに異常なプレイに怒った関学OTと揉めあいになって退場になっています。

二度のメジャーペナルティを犯した選手をサイドラインに下げないというのは、あまりにも異常なんです。そこが根本的におかしい。そこに後ろ暗い何かがあるのではないか、そこが問題なのです。

あそこまでプレイさせたこと自体、監督&コーチの失策です。そこまで関学に恨みがあったのですかね。不思議なのはその一点なのです。日大が甲子園ボウルで負け、恨みに思っていたというのならまだわかります。しかし、昨年、栄光に輝いた人たちが、何故敵を騙し撃ちにするような行為に及んだのでしょう。

疑問点は、ただそれ一点です。これから解明して頂きたいのは、その心理と動機だと思います。

 

| 【TEXTSTYLE】 | 11:36 | comments(4)
艦これ日記(161) 春のミニイベント「強奪された補給物資」
16日から始まった、回収イベント「強奪された補給物資」をやっています。

これに合わせて、不知火が改二になりました。スペックは陽炎改二とほぼ同等のようです。
改造には設計図が必要です。改造レベルは72。
C型砲と25mm三連装機銃、三式ソナーを持ってきます。バルジ、北方迷彩、艦隊司令部を搭載可能。
割とユーティリティープレイヤーに仕上がった感じです。



さて、春の回収イベントに掛かりましょう。
今回は、お米、梅干し、海苔、お茶を回収します。菱餅以来のわけわからんイベントw
補給物資を強奪されたという想定ですが、この資源を見ると、永谷園とのタイアップが予想されますw

捜索隊には、駆逐艦、海防艦の他、水母、軽巡、錬巡が1隻いると、より有効となるようです。
装備には、見張員、探照灯、照明弾、戦闘糧食の配備が有効。

まずは、お米を回収します。ほぼ全域で回収できますので、デイリーやウィークリー任務などをこなしつつ回収するのがリーズナブルかと思います。

また、2-4ボス、6-3ボスでは、新海防艦「福江」と邂逅が出来ますので、序盤は、ここを重点的に回ってみましょうか。

照明弾や探照灯を積みつつ、そこそこの火力を得るという意味で、4スロット駆逐艦のタシュケントが大活躍しそうですね。レベル上げも兼ねて、タシュケントには頑張って貰いましょう。

旗艦は基本的に軽巡を据え、照明弾や探照灯を積みます。阿賀野型には瑞雲を搭載して制空を確保。


ー膩弉頁ぬ魁擇にぎりを作る!】

まずは、お米を5個回収。鎮守府近海を基点にして周回します。1−3から獲れるようですが、効率が良いのは1−4、1−5、1−6Bマスですかね。1−4、1−6では梅干も回収できます。

<1−4周回編成>

1−4はバケツ消費が少ないのですが、羅針盤勝負。意外と逸れます。
タシュケント改に探照灯、見張り員、照明弾を積み、残り1スロに主砲。
旗艦は軽巡(何でも構いません)。安定を図るなら軽巡2+駆逐4で回すのが良いでしょう。残りの駆逐にも見張り員、照明弾などを積んでおきます。




<1−5周回編成>

1−5の肝は、海防艦を使わないで旗艦に軽巡を使うこと。

五十鈴改二(ソナー+探照灯+見張員)、駆逐2(対潜)、大鷹改二またはガンビー改

米ドロップのためには、軽巡がポイントみたいです。出来る限り、水母、軽巡、錬巡を編成に加えたほうが効率が良いようです。

<1−6周回編成>

阿賀野型(瑞雲2+探照灯)、駆逐5

1−6では旗艦に、瑞雲が積める阿賀野型を使います。Fマス対策で、瑞雲系を2スロット積みますが、あわよくばB勝利という感じで、敗北で構わなければ他の軽巡でも問題ありません。

あとは対潜仕様と対空カットインを適度に散りばめた駆逐艦を配備。

Bマスでお米か海苔が落ちて来るので、ここは夜戦まで持ち込んで確実にS勝利を取ります。

お米が5個集まったら、任務にチェックを入れてから使います。任務チェックを忘れずに。

集めてきた資源を使うと、「おにぎり」「高級おにぎり」「お茶漬け」「和定食膳」が作れるようになっています。これ、何のゲームだったっけ?(笑)




おにぎり1個作るのには、お米を5個用意しなければなりません。どんだけ大食いなんだよ。赤城さんかよ。

しかし、回収できる海域が多いので、最初の5個は比較的簡単に集まりました。

報酬は、開発資材2と、探照灯、改修資材2からひとつ。迷わずネジを選択。



⊆膩弉頁ぬ魁擇にぎりを振る舞おう!】

「お米」を一杯炊いて、「おにぎり」を新たに3個作るかも。うげー、お米15個回収っすか。

少し上位の海域を回ってみましょう。とりあえずは南西諸島海域から。

<2−3周回編成>

オリョールでもボスマスでお米が取れます。
下手に欲をかかずに、デイリー任務がてら、でち公ズ(潜水艦隊4隻)で回すのが良いと思いますが、運営から、週末はドロップが増えるという報告が入り、お茶が出るようになりました。それならば、週末は資源を獲得しやすい編成にした方が良いでしょう。

旗艦:軽巡、水母、重巡1、駆逐2、軽空母1で回します。レベルは60以上必要。

水母は重巡にして火力アップするか、空母系を加えても良いと思います。
この編成は色々応用が効きますので、これをベースに編成記録しておき、随時交代させつつ回るのが効果的でしょう。

なお、夏イベを坊ノ岬と仮定して、大和以外の坊ノ岬組を優先的に使い、レベルアップしておくことにします。

坊ノ岬組:矢矧、雪風、浜風、磯風、初霜、霞、朝霜、涼月

<2−4周回編成>、

軽巡、水母、正規空母3、軽空母1という編成にしました。

当初、タシュケントを入れていましたが、駆逐が入るとLマスから左に逸れてしまいますので、途中から水母に入れ替えました。

水母は4スロのコマちゃんが良いのですが、うっかり轟沈させてしまったので、ちとちよ甲か瑞穂を使っています。

6連続でボスに行かず、しばらく他に浮気してから7戦目。ボス到達S勝利で、海防艦「福江」着任しました。幸先良いです。



フクエじゃなくてフカエなんですね。こりゃー気が強そうだ。

<2−5周回編成>、

続いて2−5。まずはマンスリーの第五戦隊クエストを兼ねましょう。

妙高改二、那智改二、羽黒改二、タシュケント改、駆逐、軽空母です。

うん、こちらのほうが2−4より効率は良さげですね。索敵不足に要注意。
ボスS勝利で、お米か海苔がゲットできます。

第5戦隊任務が終われば、編成を、

阿武隈改二、重巡2、タシュケント改、霞改二乙、軽空母

にしてみました。阿武隈は連撃+甲標的で火力を下げないようにしてボスS勝利を取ります。索敵不足になりがちなので、紫雲や零偵11熟練、32電探などで出来るだけ索敵を確保。特に2隻目の駆逐に霞改二乙を採用して、32電探を積むと索敵値が確保可能です。

<3−2周回編成>

北方海域は3−2から出ます。

軽巡旗艦で駆逐5隻。効率は悪いですが梅干も出ますので、他の海域が出にくくなってきたらここですかね?私はスルーしました。

<3−3周回編成>

空母2隻でルート固定です。

軽巡、重巡3、正規空母、軽空母

にしました。重巡1をキラ付きのタシュケントに替えても大丈夫。
ここも羅針盤勝負ですねえ。ただ、ボスマスで海苔が出るので、外せない海域です。

<3−4周回編成>

完全ランダムなので編成は自由。軽巡またはタシュケント旗艦で、あとは厚めの編成が良いでしょう。ただし羅針盤勝負なので、効率は悪いですね。
ボスマス以外では、右下のNマスでも出るようなので、逸れても大丈夫ですが、Iマスに逸れるのが一番きついかな?

<3−5周回編成>

ボスマスの他、ほっぽちゃんS勝利でレアな「お茶」が出ます。ウィークリーの北方任務を兼ねて攻略したいところ。

軽巡、伊-13改、伊-14改、夜戦仕様装甲空母、装甲空母、装甲空母

と、してみました。

キモは夜戦仕様空母。F6F−5NとTBM−3Dに、FW190を加えて夜戦要員を載せた大鳳改を採用。艦爆を入れないことで、ぽっぽちゃんにも攻撃が入るほか、夜戦でも結構な数値を叩き出します。残りの装甲空母は航空カットイン仕様または噴進式を搭載しておきます。

ほっぽちゃんとは夜戦まで持ち込んでS勝利。ここでお米をゲットし、ボス戦もS勝利でダブルお米。意外と効率が良いかもしれません。

おにぎり以外の資源もボチボチ集まって来ました。お茶が意外と出てくれるのですが、海苔が出ませんね。4−5ボスは海苔だけだったのですが、お茶やお米も出るようになってしまったので、海苔狙いならば5−4あたりを周回したほうが良さそうです。

何とか15個集まりました。任務を受けてから、おにぎりを3個作成。この手順を間違えて、任務を受けずにおにぎりを作っても達成できませんので要注意。

報酬は、二式大艇、特大発、61三連装酸素魚雷後期型からひとつ。魚雷は特型や初春型の駆逐艦改二に配備すると5連装酸素魚雷並みの効力を発揮するようです。
この魚雷、もう一回獲得チャンスがありますし、今後も配備されそうな気がしないでもないので、二式大艇や特大発を選んでも良いかなと思います。




<つづく>




| 【艦隊これくしょん】 | 19:08 | comments(0)
| 1/235PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂