クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 今時のアイドルには、プロ根性が無さすぎる。
    雀坊。 (06/18)
  • 今時のアイドルには、プロ根性が無さすぎる。
    レオン (06/18)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    雀坊。 (06/14)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    彗星丈二 (06/14)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    雀坊。 (06/14)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    レオン (06/14)
  • 艦これにっき(127)久々にランク入りに挑戦(4) 長門改二と最後の追い込み
    雀坊。 (06/11)
  • 艦これにっき(127)久々にランク入りに挑戦(4) 長門改二と最後の追い込み
    いけちょ (06/10)
  • 艦これにっき(126)久々にランク入りに挑戦(3)ひたすら5−4周回。
    雀坊。 (06/08)
  • 艦これにっき(126)久々にランク入りに挑戦(3)ひたすら5−4周回。
    いけちょ (06/08)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
久々の出張です。また名古屋ですが。

もう、行きたい店にはだいたい行ってしまったので、リピートするしかないのですが、そういえば一つだけ、気になっている店があったのを思い出しました。

名古屋駅のサンロード地下街を抜け、ミヤコ地下街に入ると、香ばしいスパイスの香りが漂います。タンドゥールというカレー屋さん。本格派インドカレーだそうです。見た目も何やら本格派っぽいですね。



昼時はそこそこ混んでいて、いつも通過しちゃうのですが、今回はここ一択!という感じで行ってみました。念のため、少し時間をずらして2時ちょっと前くらい。

タイミングが良くて、他にお客さんは無し。店に入ってカウンターに座ります。ん?想像していたのとだいぶ雰囲気が違います。カウンターのみ10席。見た感じは入口と違って普通のカレー屋さんです。

店には純和風のオバチャンが一人。あれれ?本格的なジャパニーズランチスタイルですよ?

メニューを見ます。

「インドカレーとご飯」750円。
「野菜サラダ」350円。
「ビール(中瓶)」500円。

これだけです。カレーは、甘口、中辛、辛口が選べます。

中辛を注文しました。

すぐにごはんが出てきます。カレーは別の容器に入って出てくるタイプ。懐かしいなあ、この入れ物。



自分でカレールーをかけながら食べます。玉ねぎのみじん切りの存在感が凄い。あとショウガが利いてますね。あんまりインドカレーっぽくないんですが。



中辛だからでしょうか、辛さはさほどないのですが、スパイスの感じはしっかりしています。玉ねぎのみじん切りがしっかり存在感を出しているので、後入れか、煮込んでないんだと思います。その意味で、少し尖った感じの辛さです。

これ、昭和50年代の日本のカレーだよね。

本格的インドカレーを期待して行くと肩透かしかもしれません。

お店のオバチャンといい、レジといい、レジの横の黒電話といい、完全に昭和の日本です。どうもありがとうございました。

でも、ショウガが利いてて懐かしい味です。また食べたいなと思わせる味。今度は辛口にしますかね。


タンドゥール

TEL:052-586-2855
愛知県名古屋市中村区名駅4-9-10 ミヤコ地下街

営業時間 11:00〜20:00
年中無休の模様
| 【出張めし】 | 11:39 | comments(4)
食べなれたものしか食べない人。
私は「出張めし」なるコンテンツをやっていたくらいなので、出張時に色々な店でごはんを食べるのが好きだ。定番の店を作ることもあるが、出来るだけ違うものをたくさん食べたい、という欲求がある。

ところが最近、出張時に現地の人とごはんを食べに行くと、「気を使って」郷土料理の店には行かない人が多い。
「食べなれたものが良いだろう」という気づかいなのだが、いつからそんなことになったのだろうか?

出張の楽しみのひとつは、その土地の名物を食べる事なので、私は率先して郷土料理や地元の飲み屋(特に名物料理など無くても良い。その土地独特の雰囲気の楽しさ、というのもあるからね。)に行くのだが、そういうのが嫌いで、必ず全国チェーン店に行くという、実につまらない人間も確かにいる事はいる。

一方、迎え入れる地元の人たちのほうにも、「郷土料理は質素で田舎くさいものしかないので恥ずかしい」という考えの人は確かにいた。だから全国チェーンの店に連れていこうとする。しかし、それは余計なお世話なのよね。

こういった齟齬を無くすために、私は出張時に、現地の人とごはんを食べる際には、あらかじめ「郷土料理が食べたい」「地元の居酒屋に行きたい」という意思をはっきりと示すようにしている。そうすれば、喜んでそういう店に連れて行ってくれるし、相手もそれなりに喜んでくれるようだ。

ところが最近、特に若い人で、「郷土料理の店を知らない」「そういう所に行ったことが無い」人が増えて来た。まあ、今では日本全国、どこへ行っても見た事のある看板の居酒屋とかラーメン屋、牛丼屋があるからねえ。

流石に出張時に牛丼屋に入ろうとは思わないが、昼飯をマクドナルドのハンバーガーで済ますような人も結構多い。そういう人は、夜も別行動で、どこへ行ったのかと思えば駅前のココイチで済ませたとか、実に貧乏くさい。

ケチなのだろうか?と思っていたが、どうやらそうではないらしい。アレルギーでもあるのかと思ったら、それも違う。食べなれたものを食べるのが一番で、食べた事のないものを積極的に食べようとは思わないのだそうだ。

折角、北海道に来ているのに、てんやで天丼食うとか、和幸でとんかつ食うとか、ちょっと信じられない店のチョイスをする人が、意外に多くなってきているのだ。

つまんねえ人生だな、と思う。
| 【出張めし】 | 13:34 | comments(0)
【出張めし】名古屋で「宇宙」と「嘘」を食う。 長命うどん本店 名古屋
相変わらず出張先は名古屋です。

今まで名古屋出張は、基本的に伏見、丸の内、栄というビジネス街、繁華街が中心だったのですが、今回は中村公園という所。太閤口を出て、太閤通りをずーっと西に行くんですが、地下鉄東山線がぐるっと迂回して行きますので、これに乗っていきました。

さて、ここまで来たら昼飯は一択です。以前から宿題店としていたのですが、どの店舗も微妙に遠いところばかりで、仕事の合間には行きにくい場所でした。中村公園駅は、その本店に近いので、ここしかない!という感じで行ってみました。

仕事の前に少し遅い昼飯のタイミングで名古屋に到着。中村公園駅から、太閤通りを東に向かいます。500mくらい行くと、太閤通6という交差点に着くので、ここを右折。中村郵便局を通過してさらに100mくらい行くと、目指すお店の看板が見えてきました。

駐車場を右折してすぐにお店があります。



長命うどん本店です。

入ってみると、まず左手に揚げ物を単品で販売しているコーナーがあり、右手に4人掛けの椅子席が3つほど。その奥に小上がりとカウンター席があります。2時近かったのですが、結構混んでいました。カウンターに座ります。

お姉さんが氷水の入ったコップを持ってきてくれます。ここで注文。

さて、この店は、注文方法が独特です。一応、予習をしていきました。



まずは麺の種類と量を言います。うどん、そば、和風中華、きしめん、そうめん、ひやむぎがあります。量は小盛、大盛、二半盛、特盛の4種類。小盛で通常の普通の量があります。特盛ってのは3玉分っていう事ですね。そんなに食えるかい!

そしてさらに、麺をブレンドすることが出来るのです。「小う中」と言えば、小盛でうどんと中華麺のハーフ&ハーフという事になります。これを注文。

さらに、ツユの熱さが選べます。かけ、ゆつき、ころ、ひやし、ぬる。「ゆつき」は、いわゆる釜揚げ。「ころ」は冷たいぶっかけ。「ひやし」は別盛の冷たい麺に冷たいツユになります。何も言わなければ「かけ」ですね。

トッピングは揚げもの、たまご、わかめ等がありますが無難にかき揚げと言ったところ、売り切れとのことでしたので、野菜揚げにしました。これが伝票替わりの注文書き。



あまり待たずに出てきました。「小う中 やさい揚げ」540円。



まずは、うどんを一口。つるっとした歯ごたえですが柔らかい。麺もそれほど太くはないです。あー、これ好きなタイプだー。柔らかい麺が好きな人は気に入ると思いますよ。
続いて中華麺を。それほどかんすいは利かせていません。細麺の中華麺ですが、これが意外とうどんツユに合いますね。これはうまい!
ツユは真っ黒でショッパイです。そして、そこそこ熱い。東京の昔の立ち食いそばの味。いいなあ〜これ。
やさいのかき揚げは、ごく一般的な玉ねぎと人参のかき揚げです。これを濃いツユに浸して食うと美味い。

いやはや、こんな私好みの店だとは思いませんでした。あっという間に完食。

そばも食べてみたいですね。売り切れのかき揚げも食べたい。そして、ここには何と、「缶ビール」もあるんですよ!
冷しのうどんとかきしめんを、ぼそぼそ食べながらビール飲みたいねー!!

というわけで、翌日のお昼も来てしまいました(笑) 今度は「小うそ かきあげ」です。



ソバのほうは、流石に普通の立ち食いそば屋のレベルでしたが、かき揚げが素晴らしい。小エビとオキアミのみのかき揚げです。この手の蕎麦屋で、こういうかき揚げは珍しいですね。香ばしいエビのかおりが濃いツユにベストマッチです。

出張めし初の連チャン訪問となりました。次に機会があったら冷しを食べてみますかねー。

長命うどん本店

TEL:052-482-2934
愛知県名古屋市中村区下中村町1-3
営業時間 10:00〜19:30
年中無休
| 【出張めし】 | 10:12 | comments(0)
【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
京成高砂で仕事が入りました。城東方面には滅多に行かないのです。
早めに終わりそうだったので、地元の某氏に連絡をして、京成立石のもつ焼き屋に行こうという段取りになりました。

京成立石と言えば「宇ち多゛」です。

遅く(といっても18時台)に行くと、もうあんまり残っていないので、早めに行く必要があります。城東地区という事もあって、なかなか実現しませんでした。

少しフライングして17時半ごろ到着。さすがにこの時間は、すぐに座れました。



店の中は長い木のテーブルが幾つかあって、店員さんが指示してくれるので、そこに並んで座ります。狭いので、カバンは必ず手前に持って入りましょう。

まずは「梅割り」を注文。写真は8割がた飲んじゃってますw



宝焼酎に梅シロップを掛けたもの。1杯200円です。ここでは5杯まで飲めますが、お客さんの酔っ払い状況を見て判断されるようです。ちなみに、酒気帯びでは入店できませんので、必ず1軒目に行くこと。

タンナマが食べたかったのですが、既に売り切れ。ハツナマを頂きました。うまいー。



18時前ですが、結構混んでます。どんどん品切れが増えていきます。

レバ、シロ、ガツ、ハツ、アブラ、ナンコツ、カシラ、ツルの8品目ですが、18時を過ぎるとレバ、シロ、ガツ、ハツの4品目くらいになってしまいます。ツルは男性器ですが、平日のみで入荷しないこともあるそうです。ツルは他で食べましたが、フワのような食感。

アブラタレ!あぶら旨し!!



煮込みです。モツだけで煮込んだもの。これも絶品。



お酒をお替りして、箸休めに「だいこん」をショウガ乗っけて。写真を撮り忘れましたw

ちなみに、写真は人が映らなければOKみたいです。シャッター音は控えめに。暗いのですが、フラッシュ厳禁。

3杯目。結構酔っぱらってきましたねー。ほぼ生の焼酎ですからねえ。ちなみにグラスは超上げ底ショットグラスなので、0.5合程度しか入っていないと思います。それでも結構酔っぱらいます。

最後にシロをタレで。これも美味い。



大満足になりました。お皿を重ねてお勘定。何杯飲んだ?と聞かれますので、「3つ」と自己申告。

一人1400円でした。安い〜!!!

なかなか行けないのが悔しいですねえ。

宇ち多゛

今回は、詳細データ割愛します。


| 【出張めし】 | 16:23 | comments(2)
【出張めし】 完璧なセルフうどん どんどん庵 名古屋 伏見

10月の組織変更で、あまり出張の無い仕事になってしまった関係で、「出張めし」を畳んでしまったのですが、不意に名古屋仕事が舞い降りてきて、隔週で名古屋通いをすることになりました。
まあ、仕事なんてそんなもんだ。

そんなわけで名古屋なんですが、今回通っている「丸の内」界隈には、あんまりごはん食べるところがありません。いわゆるチェーン店ばかりで、しかも東京にもある丸亀製麺とか、行く気にもなりませんな。

近くに一軒だけラーメン屋があるんですが、いつも混んでいます。並びたくないのでちょっと足を延ばして伏見方面に歩いて行きました。

居酒屋がやってるランチみたいなのばかりで、しかも結構高い。途中、ラーメン大とかがありましたが、ここも大行列。カフェド・クリエも大混雑で、窓に向いたカウンター席に座っている女性たちが全員パスタを食べているのを見て、みんな昼食難民なのかなあ?と思いました。

伏見まで足を延ばすと、それなりにお店がありましたが、どこもピンと来ず。そうしているうちに、「セルフうどん」という看板が目に入って来ました。丸の内にも1軒あるんですが、「どんどん庵」というチェーン店のようです。丸の内店は激混みでしたが、こちらはそうでもないので、入ってみたいと思います。



セルフ方式の店ですが、驚くべきシステムでした。

まず、トレーを取って、並んでいる丼から、そば、うどん、きしめんのどれかを選びます。折角ですから、きしめんにしてみました。
隣に移動すると、麺茹で機が置いてあり、丼の中に入っているきしめんを15秒くらい温めます。
茹で置きを温めなおすのまでセルフです(笑)

次に、トッピングの棚から揚げ物とか小鉢を取ります。おむすびなども置いてありましたので、天むすとかき揚げを取りました。

ここで清算。え?ツユ入ってないけど。

清算後、さらに移動すると、薬味がありますので、自分でネギを入れ、その隣にある給湯器から自分でツユを注ぎます。何という徹底したセルフサービス(笑)

ツユには赤と白があり、赤が名古屋味という事だったので、それにしてみました。



きしめん300円、かき揚げ100円、天むす130円で、530円でした。

カレーうどんや味噌うどん、ご飯ものは、その場で注文して清算カウンターで受け取る方式のようです。

味はそれなりでしたが、天むすのごはんが美味しかった。これは混んでいなければ手軽で良いですね。小腹が空いているときに重宝しそうです。

名古屋には立ち食い文化が薄いようで、立ち食いそばとかきしめんスタンドみたいなのは名古屋駅にしか存在しないのですが、良いチェーン店を見つけました。

ただ、営業時間が11時からで、朝飯替わりにならないのが残念です。


どんどん庵伏見店

TEL:052-232-3665
愛知県名古屋市中区栄2-2-26
営業時間:11:00〜21:00
年中無休

 

| 【出張めし】 | 14:13 | comments(0)
カレータンタンメン 花虎 日ノ出町

今まで専用のブログを作っていた出張めしですが、出張が激減してしまったために更新終了となりました。今後は、こちらで食べ物に関する日記を書いていきたいと思います。

さて、今回は出張ではなく、懇意にしているバンド、金属恵比須のライブが横浜で行われるので、その撮影に行くことになりました。

会場は伊勢佐木長者町なのですが、近くに宿題店がありましたので、リハーサルの前に、そこで腹ごしらえという事にしてみました。

京浜急行の日ノ出町駅を出て、信号を渡って野毛方面に50mくらい行ったところにあります。カメラ好きなら大貫カメラの隣、競馬好きならウインズの向かい側と言えば、大体の位置関係は分かるでしょうか?



花虎というお店です。入ってみると、カウンターがコの字型になっていて、ファーストフード系のお店っぽい感じです。

券売機でチケットを買い、カウンターに置くと、店員さんが「辛さは幾つにしますか?」と聞いてきました。8段階の辛さを選べるようで、3以上はそれぞれ別料金を払います。
無料は2、までですので2辛を選択。トッピングのニラも追加しました。
さらに、「ニンニクは入れますか?」と聞かれます。思わずはいと言ってしまいました。これからライブなのに(笑) 少しスタミナ付けませんと。

ウインズの前なので、競馬中継を放送しています。店内には、ガテン系の金髪ピアスのオニーチャン3人だけ。しばらく待っていると、次々とお客さんが入って来ました。時間は遅めだったんですが、タイミングの問題かな?

まず最初に、ガテン系のお兄ちゃんたちの分が出てきます。と、3人とも大きな声で「頂きッス!!」と言ってから食べ始めました。いいですねー、なかなかこういう店で頂きますを言う人には出会えませんよ。大声で喋っているので、少しウザったく感じていたんですが、一遍で見る目が変わる(単純)。

そうこうしているウチに、カレータンタンメン登場。ニラトッピングを付けて850円。



私も頂きますと言ってから食べ始めました。いわゆる、ニュータンタンメンのカレー味という感じです。これはうまい!

2辛を選びましたが、可もなく不可もなく。もう少し辛くてもいいかな程度です。3辛は10円増し。4辛は20円増しで、10円刻みで7辛まで。7辛は50円ですが、その上の?辛は100円増し。こんなの食べられないでしょう?
初心者は3辛までにしてくださいと書いてありました。辛いの好きですけど、さすがにもうそういうのは結構です。なお、トッピングの唐辛子は別添えで、自分で調整しながら食べられるようです。そのシステムは悪くないですね。

良く調べてみると、黄金町の大河家の分家という事のようです。大河家のほうも、現在は征虎という名前になっていました。いわゆるニュータンタンメンのイソゲンとは関係ない、リスペクト系のお店だと思います。

 

お腹いっぱいになりましたので、腹ごなしに伊勢佐木長者町まで歩きましょう。

その時のお散歩写真がこちらです。


カレータンタンメン 花虎

TEL:045-341-4036
神奈川県横浜市中区宮川町2-47 大貫ビル1F

営業時間 24時間営業
年中無休

| 【出張めし】 | 14:22 | comments(2)
忘年会
実は忘年会は、そんなに好きじゃない。

何ていうのかね、バランスの悪い忘年会があまりにも多いからだ。

大抵の忘年会は飲み放題だ。最近は飲まない人も増えてきているが、飲み放題ならワリカン負けはしないので、「飲む人が多いから飲み放題にする」のではなく、「飲まない人も飲む人も均等だから飲み放題にする」という考え方になっている。

これがいけない。

飲まない人を幹事にすると、「飲み放題」かつ「立派な料理」で4千円、みたいなコースを選んでしまうのだね。管理職は差がついて6千円とか払わされる。ま、それはいいんだけど、飲み放題で立派な料理っていうのは実にバランスが悪い。

飲み放題の場合、酒のレベルが落ちないビールが一番良いのだが、私はビールはそんなに飲まないので、それが困る。最初の1杯はビールを飲むけれど、それすらビールではなく発泡酒だったりする。ここで興ざめ。ヱビスやプレミアムが出てくることは、まずない。一番搾りあたりの飲み放題なら御の字である。ラガーの選択肢もないね。良くてスーパードライ。

あとは薄いサワーとか薄いハイボール(良くて角瓶。下手するとトリス)、日本酒もパックで売ってるような安酒だ。ワインは論外。そういう安酒で、そこそこ美味しい料理を食うのが堪らない。合わない。勿体ない。それならまだウーロン茶のほうがいいが、冷えたウーロン茶ってのも意外と合わないもので、本当なら熱い日本茶がいいんだが、そんなのが出てくるところは無い。

ただまあ、忘年会だからね。コース料理では、そんなに良いものは出てこない。だから、頑張っちゃって一品だけ船盛とか、特別料理を頼んじゃったりする。これが良くない。美味い刺身をうまくもない薄いサワーで食う悲劇。そういうのがダメなのだね。

だったら特別に他の良い酒も頼めるようにしてよ、個別にお金払うから。というのも無粋だ。

だから、飲み放題の忘年会なら、量が多くてまあまあ食える程度のもので充分。中華料理なんか安くて結構食えるものが多いので、そんなのでいい。中華の忘年会だと、飲み放題で紹興酒なんかもあるし、あれは安いのでもそんなに酷いのは無いので、結構イケる。安酒には安い料理で充分なのだ。そこが分かってないんだね。

その意味で中華は、比較的バランスが取れる。和食も安いと乾いた刺身とかが出てきちゃうが、そういうヤツは黄桜の熱燗でも十分なのだ。それでいい。問題はイタリアンとか創作料理みたいなヤツで、ワイン飲み放題でハウスワインとか出てきてもね。数年前、創作料理の店で忘年会をやったら、参加者全員牡蠣に当たってしまい(ノロウィルスで、店は営業停止)、酷い目にあったことがあったので、以後、会社の忘年会ではそういうのは禁止になっている。

だが、学生時代の同僚とか趣味関係の忘年会だとそういうわけにもいかない。そんなわけで、忘年会は当たりはずれが大きいのだが、幸いにして今年の忘年会は大当たりの連続で、企画する人のセンスも良くて助かっている。

***

会社の同僚や部下と行く忘年会は、飲んでいても仕事の話が多くなる。それもいけない。

酒の席で仕事の話をするのは大嫌いだ。私の部下は、そのあたり弁えているから良いのだが、少し大きな単位の忘年会になると、そういう事の分からない同僚とか上司とかがたくさん入って来て、実に下らない忘年会になってしまう。

そんなものに5千円も払って参加する気にはならない。

ウチの部で長い事幹事をやっていたヤツは、そのあたりを理解していたので、彼を幹事にしておくと実に都合が良かった。
忘年会は、基本料金3千円の飲み放題だが、酒を追加で頼む人は事前に千円から二千円多く払う。その分、個別に酒をオーダーする。飲めないが食う人は、別で料理を注文しても良い。その場合にも事前に相応の料金を払う。

事前にというのが重要で、宴会後に清算するのは面倒だからね。事前に会費は徴収されるので、当日のドタキャン以外は返金される。参加者も弁えているし、店も大体決まっているので、どれくらい飲んだら幾ら追加料金を払うか知っている。その分、多く出す。飲めない人の追加は、大体の場合、締めのごはんとデザートだ。私のように飲むだけで締めない人は、そういう料金は払わない分、締めの焼きおにぎりとか、デザートのアイスクリームなんかは頼まない。両方頼むデブ豪傑は、それなりの金を払えば良い。そこでズルをして、金を払わないのにデザート頼んじゃうようなセコい奴は居ない。

幹事特権で、余ったお金は幹事の懐に入れて良い。赤字になったら皆で補填するが、如何に赤字を出さないかが幹事の裁量である。必要以上に余らせてもいけない。事前に、お店に言っておけば、予算オーバーのチェックは簡単に出来る場合が多いのだ。そういう交渉が出来るのも幹事の重要な仕事である。

私の意向で、仕事の話をしたら罰金なので、愚痴ることもなく楽しい忘年会になる。だから出席率も高かったし、女子社員たちにも概ね満足できるものとなっていた。

と、過去形になってしまうのは、その幹事が異動で別の部署に行ってしまったからだ。

で、今年の忘年会。一応、仕事の話は禁止というルールは徹底出来ているのだが、新しい幹事が新人君で、ウチのルールを熟知しておらず、色々と面倒なことになっているようだ。そういうのは自分で考えてやらないと身に着かないので、他のメンバーも放置しているようだ。さて、どうなるかな?


 
| 【出張めし】 | 10:06 | comments(0)
好き嫌いについて(9) 食べ物の好き嫌い
食べ物の好き嫌いっていうのは、論理的に説明できないものの代表のように思います。

私は、羊羹とか大福は好きですが、お汁粉は嫌い。似たようなもんじゃんと言われますが、あんこを薄めて食うような貧乏な真似はしたくない。

シナモン(ニッキ)と黄な粉は完全にダメで、その意味で八ッ橋は不倶戴天の敵であります。

が、アップルパイのシナモンは平気。
黄な粉も、うぐいす餅程度なら平気。

でも、葛餅に黄な粉と黒蜜をかけたのは食べられない。信玄餅などもってのほか。安倍川餅もダメです。

このあたりの境界線ってのは微妙な感じです。食べられない程ではないからでしょう。食べようと思えば食べられるけれど、積極的には食べない程度のことです。

だから、以前、某所でお昼ごはんを食べたとき、デザートに葛餅が出たのですが、何の躊躇もなく食べてしまいました。かなり美味い黄な粉だったので、同席していた妻は、私の分も食べられると思っていたようですが、私がペロリと食べてしまったので驚いたそうです。

量が少なめだったからかなあ?良く分かりませんが。

そこでひとつ考えたことがあります。

○○好きっていうのは、必ずしも本当にそれが好きというわけではないのではないか。という話です。

例えば私は、カツ丼が好きです。
相当にレベルの低いカツ丼でも、まあ食べられます。
流石にカツが揚がっていないようなものはダメですが、衣だらけでも脂身ばかりでも、玉ねぎが半煮えでも、玉子が固まり過ぎでも、ツユが甘すぎでも辛すぎでも、まあ食べられます。好きだから。

でも、それって本当にカツ丼が好きなのかな?

親戚の子供で、刺身が大好きだったのに、田舎に帰った時に極上の刺身の味を覚えてしまって、地元のスーパーで買ったような刺身は食べなくなったという話を聞いて、思ったことがあります。

本当に好きなら「最高級のもの以外は食べない」という考え方は無いですかね?
好きだから、うまいものしか食べない。という考え方は、ありだと思うんですよね。

そう考えると、私は、黄な粉については最上級のものしか食べないくらい好き、と言えないこともないわけです。

ややこしくてすいません。

 
| 【出張めし】 | 11:54 | comments(0)
言うほど美味くないよ、ポテそば
出張めしのネタにしようと思っていたんだが、今回は普通の日記で。

阪急そばの十三店が始めて、一躍有名になった「ポテそば」。
東京の立ち食いそばチェーンの富士そばが期間限定で始めたとの事だったので、興味本位で食べてみた。

販売店舗は、神田店、渋谷下田ビル店、巣鴨店の3か所。
神田は最近仕事で良く行くので、それもあって食べてみようという気になった。

お店に入って、券売機で食券を買う。440円。ちょっと高くない?

カウンターに食券を出すと、ポテトを揚げるので3分待って下さいと言われる。
揚げたて食わせるのか、嫌な予感がする。

3分待って、番号を呼ばれたので取に行く。はい、これがポテそば。



普通のかけそばの上にフライドポテトが乗っかり、その上に青のりが掛かっている。
ネギなどは無い。

まずは1本、ポテトを食べてみた。

揚げたてではある。
青のりが香ばしい。
でも、美味しくない。

そうなのだ、この素揚げポテト。塩が振ってない。

だから、普通のポテトフライとは違って、芋の味しかしない。
塩振ってナンボのポテトフライでしょう?

じゃあ、そばつゆに漬けると美味いのか?

ツユに浸して食べてみた。
美味くない。

これはダメ。

揚げたてなのが災いして、芋くささが際立ってしまい、全然美味しくない。
それどころか、単調な味なので、すぐに飽きてしまう。

結構な量が入っているので、すぐにお腹一杯になってしまった。

これは無いね。

すぐにブームも終わるでしょう。

しかし、ポテトフライってのは塩で食わせる料理なんだなあ、という事を再認識した次第。ただ、ポテそばに塩を振ったら塩分取り過ぎなので、それはそれでダメだ。

本家の阪急そばは、カレーうどんのトッピングにしたようです。そっちのほうが正解だな。
| 【出張めし】 | 18:03 | comments(0)
扁炉鍋
今日の夕食は扁炉(ピエンロー)鍋。
舞台芸術家の妹尾河童が紹介して一躍有名になった料理です。

材料は、干しシイタケと白菜と春雨。豚バラ肉と鶏肉。丸一日、干しシイタケを水に漬けて取った出汁で煮込みます。しばらく煮てからゴマ油を投入。その他の調味料は一切入れません。



食べる時は、お椀に塩と一味唐辛子を入れ、鍋のスープで割ってお好みの味付けに。。

これがイケるんですわ。

余った出汁は雑炊にするんですが、おなか一杯になってしまうので、大概翌日の朝ごはんにします。

これはお勧めです。
| 【出張めし】 | 20:29 | comments(0)
| 1/7PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂