クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
ボナール、フェルメール、吉田博
土日は奥さんのお供で美術館三昧。

土曜日は、まず国立新美術館でピエール・ボナール展。

遠近感と解像度の乏しい不思議な絵。白い猫は、Googleストリートビューの二本足の猫を彷彿とさせて、なんか変(笑)。



個人的には、日本画から影響を受けたと思しきジャポニズムの屏風絵が良かった。

そこから上野の森美術館に移動してフェルメール展。

めっちゃ混んでいたけれども、フェルメールの8点の絵に圧倒される。名作「牛乳を注ぐ女」を筆頭に、ボナールとは真逆の精緻で解像度の高い絵の数々。どちらかと言えばこっちのほうが好みである。

しかし混み過ぎじゃないの?フェルメールの絵は何とか頑張って全部見たけれども、途中混雑していた所のオランダ画家の絵はかなりパスした。混まない夕方に行ったのに、物凄く混んでいた。昼間はどんなに混雑していただろうね。

東京駅に戻り、レールビューのお寿司屋さんで夕食。焼き穴子が絶品。



翌日は、車で狭山市博物館へ。吉田博の版画展。



同じ版木で色を変えて朝と夕方を擦り分けるなどの技法は初めて知った。戦前に、こんな繊細な版画を作る作家が居たんだね。ここはお勧めです。

二日間に渡って、バラエティに富んだ絵画と版画を堪能できました。



 
| 【絵画・芸術・演劇】 | 21:40 | comments(0)
藤田嗣治展

東京都美術館で開催中の藤田嗣治没後50周年展を見に行く。

フジタの絵は随分見てきたが、今回、初見の絵が多くて驚いた。

本邦初公開となる「エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像」を始め、ほぼ全時代のフジタの絵が網羅されている。中でもやはり「乳白色の下地」に描かれた様々な裸婦像、猫たちは勿論だが、圧倒的画力で迫る戦争画「アッツ島玉砕」「サイパン島同胞臣節を全うす」が凄かった。

藤田が戦争協力者として弾劾されたのは、日本美術会の書記長で共産党員だった内田巌によるものだが、それが原因で日本を捨てることになった。「アッツ島玉砕」を見て、誰が戦争協力者だ、などと思うだろうか。完全に嵌められたのであろう。酷い話だ。

日本を出てパリに行き、すぐに描かれたと思しき「カフェ」「美しいスペイン女」が印象的。「カフェ」のほうは、今回の展覧会のポスターになっているので目にした人も多いだろう。



これは展覧会の最後に飾られていた大きなポスター。ちょっと国生さゆりが入っている気がしないでもない。

「美しいスペイン女」のほうも既視感がある。こっちは整形前の深田恭子が入ってる感じ。そんな下世話な感想しか出てこないが、傑作なので是非見るべし。ちなみに深田恭子は整形前のほうが断然良いと思う。

晩年、フランスに帰化し、カトリックの洗礼を受けレオナール・フジタとなった。LEONARD、すなわちレオナルドである。著名なルネサンスの天才と同じ名前になって、どんな気持ちだっただろうか。そして絵画も宗教画が多くなっていく。

藤田嗣治が日本で再評価され、展覧会が多く開催されるようになったのは、頑なに所蔵品の公開を拒否していた君代夫人が2009年に亡くなってからの事のようだ。

圧倒的なフジタ展を見終えて東京駅へ。帰省客や観光客でごった返していた。相変らず危険なキャリーバッグをゴロゴロと転がして人にぶつかっても謝りもしない傍若無人な連中が多くて辟易する。

喧噪を避けて大丸の上階のレストラン街に行き、つな八で美味い天ぷらを食べて帰宅。稚鮎の天ぷらが絶妙であった。



胸鰭と腹鰭を立てて揚げてあるのは、精霊馬を意識してるんだろうか。



 

| 【絵画・芸術・演劇】 | 18:14 | comments(0)
ルドン展
毎日暑いですね。半端な暑さではない、まさに猛暑という感じです。
そんなタイミングでリビングのクーラーが壊れてしまいました。
在庫のあるヤマダ電機に頼んでも、設置の下見に1週間以上待たされるという混雑っぷりです。

参ったなあ。

そんなわけで、先週の日曜日、暑い部屋を抜け出して箱根まで行ってきました。

お目当てはポーラ美術館のルドン展。不気味な版画で有名な作家ですが、普通の絵も描いてるんですなあ。



いつもは会期終了間際に行ったりするんですが、今回は初日です。結構それなりに混んでいましたね。

あまりグッズとか買わないんですが、今回はショップで一目惚れしたTシャツを購入。
手前の版画は、3カ所に設置してあるスタンプを重ねて押すと、三色刷りの絵になるという趣向。ルドンの花瓶の絵です。



早めに出たので、見終わってもまだ1時過ぎ。いつもは行きに食べる峠のそば屋でお昼ご飯を食べて帰宅。



そして、今日やっとクーラー設置の下見が終わりました。あと3日の我慢ですw


| 【絵画・芸術・演劇】 | 21:28 | comments(2)
大阪でフジタ。
月・火と大阪出張だったが、基本的には挨拶回りで仕事らしい仕事をする事もなく、難波で開放。そのまま帰っても良かったのだが、ちょっと調べて山王美術館に行ってみることにした。

ホテルのエントランスの先にあるちいさな美術館で、今は藤田嗣治の展示をやっている。
入館料を払って見学。お客は私だけで独占状態であった(笑)

山王美術館は収録作品を貸出ししないらしいので、見た事のない絵ばかり。数はそれほど多くは無かったが、フジタ好きには充分に堪能できる展示であった。


 
| 【絵画・芸術・演劇】 | 09:19 | comments(0)
綺麗ではない「ヌード展」
横浜美術館で開催中の「ヌード NUDE ―英国テート・コレクション」を見に行く。

全編ヌードだらけで、絵画も彫刻もみんな素っ裸なのであった。
さぞ、エロい展示かと思ったらさにあらず、色々バラエティに富んだハダカが多くて、そういう意味では楽しめた。

展示は、まず最初にフレデリック・レイトンの「プシュケの水浴」が飾られており、これが素晴らしい。序盤は、いわゆる綺麗なヌードが並んでいる。が、「ヌード」と言っても女性だけではない。見たくもない男のハダカも結構並んでいるのであった。

以前紹介した、安田理央さんの「巨乳の誕生」を思い出しつつ、なるほど、絵画において「おっぱい」の重要度は低いのだなあと、再認識しながらの鑑賞。いずれの絵画も小ぶりな林檎くらいの大きさのおっぱいが並んでいるような絵が多く、現代人の好む?巨乳絵画のようなものは全く無い。

白眉は、やはりロダンの彫刻「接吻」で、これだけ単独展示、撮影可であった。



全方向から写真を撮ってみたので、興味のあるかたはこちらも御覧頂きたい。写真ブログのほうは、質感が欲しかったので、敢えてトーンを落としているが、実物は大理石なので、御覧の通り真っ白だ。写真の撮り方によって、随分印象が変わるものだと思う。

http://jumbow.blog51.fc2.com/blog-entry-223.html

これをメインにして、後半はガラッと印象が変わってくる。

今までは、美しい女性のヌードが主体で、一部男性ヌードもあったけれども、総じて「美的」なヌードであったが、キュビズムとシュルレアリスムの時代になり、ヌードだか何だか分からないような幾何学模様が並び、幻想的なヌード絵画が登場してくる。

大好きなポール・デルヴォーの作品は、彼には珍しく女体表現に気合が入っていて、いつもの古いマネキン人形のような「怖いヌード」ではなく、官能的な作品に仕上がっていた。まあ、骸骨もいるんだけどね。

「身体の政治性」と題されたコーナーは酷かった。男性ヌードがたくさん出てくるのであるが、これが全く美しくない。毛むくじゃらのオッサンのヌードの写真や絵など、何が面白いというのか。
陰毛や陰茎まで丁寧に描かれたオッサンの絵を見て、世の中変わったなあと思う。70年代なら展示も出来ないような作品だ。そういう絵や写真をじっくり鑑賞しているのは大抵女性で、男の人は殆ど素通りである。まあね、そんなの見ても男は全然面白くないよね。

現代作家の写真や絵画は、ことごとく弛んだ肉体とか、出産したばかりの妊婦とか、およそ「美的」ではないものを題材としていて、それは「ヌード」の持つ固定観念を覆そうという発想なのだろうが、逆に平凡なステレオタイプ的印象を受けてしまって、そういう絵や写真ばかりが並んでいると、かえって逆効果の印象を受けた。こういうのは「掃きだめに鶴の逆」で、綺麗なヌードの中に一点だけ醜怪なものが紛れているほうが効果的なのではないかと思う。

いつの時代になっても、見たいのは綺麗な女性の裸体の曲線なのであって、崩れた体とか、毛むくじゃらの男とか、金を払って見るようなものではないと思ってしまった。(毛むくじゃらの男子ヌードを見て、性的興奮を得る女性とか一部男性もいるかもしれないけれど)

思った以上にエロチックではない展示なので、ヌードという名前に拘らず鑑賞したほうが良いと思う。

鑑賞後、近くのトンカツ屋で夕食を食べて帰る。まあまあの味だったが油がちょっとクドい感じがした。



こういうモノで胸やけするようになるとは、年を感じてしまうねえ。


| 【絵画・芸術・演劇】 | 11:51 | comments(0)
美術館はしご
昨日は、我が家恒例の美術館はしご。

まずは用賀まで行き、砧公園の中にある世田谷美術館へ。
ボストン美術館のパリジェンヌ展。

砧公園ではお花見の真っ最中で、そういう人たちでごった返していた。美術館も混んでいたら嫌だなと思ったが、最終日前日の土曜の割には、それほどでもない。やっぱりアクセスが悪いからね。お花見の連中が絵など見に来るはずもなく。

お目当ての、サージェント作「インチズ夫人」がやはり突出して良かった。
16世紀のドレスの実物とかも見どころであったが、個人的には当時撮影されていた写真が良かった。

レギーナ・ラギングの商業写真と、ユーサフ・カーシュのブリジッド・バルドーのポートレイトが絶品。バルドーは、さすが女優というオーラが出まくりの写真だった。

モノクロプリントは後年、焼き直したものだと思うが、デジタルでは、なかなかこういう展示は出来ない。フジの印画紙生産終了の報を聞き、残念な気持ちで一杯だが、まあ仕方ないかなあ?とも思う。

絵では、ルイ=レオポルド・ボワイーの「アイロンをかける若い女性」が非常に良い出来。



そこから乃木坂に出て、国立新美術館のビュールレ展へ。

お目当てはルノワールの「可愛いイレーヌ」で、これが圧巻であった。モデルのイレーヌ嬢は当時8歳という解説を読んでびっくり。もうちょっと上の印象があった。

最後のモネの睡蓮は撮影可という事で、記念写真を撮っている人が多かった。鑑賞には少し邪魔くさい。ま、私も撮りましたが。


鑑賞後、地下鉄で東京駅に出て、美味いもつ鍋を食べて帰宅。1万4千歩の行軍でした。



| 【絵画・芸術・演劇】 | 18:14 | comments(0)
MOA美術館に行ってきた。
昨日は熱海のMOA美術館まで行ってきました。
圏央道を茅ケ崎まで突っ切り、R134から西湘バイパスを通って真鶴道路へ抜けます。R134なんて20年ぶりじゃないかなあ?その昔、藤沢市に住んでいた頃にはよく使った道です。

海育ちですが、今住んでいる所からは海が見えないので、海が見えてくると気分がハイテンションになります(笑)

真鶴道路までは気分よく行きましたが、湯河原を過ぎてからビーチラインに入らず旧道に入り、伊豆山のあたりで山道に逸れます。が、この山道が急坂の上りで、かつ狭い。まー、昔はみんなこんな感じでしたけどね、車が大きくなっているので、すれ違うのにも苦労しました。

やっと登り切った所にMOA美術館がありました。熱海の海を一望できる景観が素晴らしい。



ここは、「手かざし」でお馴染み世界救世教の教祖、岡田茂吉が作った美術館です。東洋美術に造詣が深く、日本画や中国の書画、仏像などの展示がありました。室内能楽堂なんかもあって、さすが新興宗教は金廻りが違うな、などと俗っぽい感想を持ってしまいました(笑)



やっぱり宗教法人税を取るべきだよ。

この時期、国宝の尾形光琳「紅白梅図」が展示されています。圧倒的な作品でしたが、写真撮影可だったので、シャッター音がうるさく集中できませんでした。私は意地が悪いので、撮影者の事など考えず、わざと屏風の前に陣取って5分くらい見ていました(笑)

ここに限らず、最近は撮影可の美術館が多くなっています。マナーとしては、スマホで撮らない(シャッター音がウルサイ)、ストロボは勿論厳禁、ミラーレスカメラの場合でも、機能があればサイレントモードで撮るべきでしょう。一眼レフなど言語道断ですな。

美術品撮影は、ライティングの難しさと、ガラスの反射が邪魔になるので、素人が上手い写真など、まず撮れません。ですから、写真が欲しければ図録を買うとか絵ハガキを買えばいいんです。自分で撮る必要はありません。

全体像ではなく、細かいポイントの写真が欲しいとか、画家のテクニックを記録しておきたいなどの事情で、そういう写真を撮るのは良いでしょう。惹かれた部分のアップなどでも良いと思います。そういうものや記念写真的なものなら良いとは思いますが、それでも鑑賞している他の人の迷惑にならないようにする事は心掛けたいです。

お昼は美術館併設のおそば屋さんで食べようと思っていたのですが、物凄く早く着きすぎたので、まだ開いていません。そこで、箱根に戻って、ポーラ美術館に向かうことにしました。

来た道を引き返すのは能が無いので、姫の沢公園を抜けて十国峠に出るルートへ行ったのですが、ここも狭い急カーブが続く上り坂。なかなかスパルタンな運転が楽しめました(笑)

芦ノ湖スカイラインを通って湖尻に出るのは、昨年の伊豆旅行でも通った道です。まだ雪が残っていましたが、幸いチェーン規制は無し。順調に、昼前にはポーラ美術館に到着しました。

ポーラ美術館では、開設15周年記念の常設展。常設なのですが、見た事のない絵が半分くらいありました。ルノアールやモネなど、見慣れた絵も多かったのですが、ここの美術館は本当に所蔵品のレベルが高いです。女性が、自らの美を追求するために掛けたお金で、ここまで貴重な美術品を大量に収集できるっていう事を考えると、複雑な気持ちにもなりますが。

ここでも撮影可の写真が幾つかありました。今度はカメラ持ってこようかなア?美術館撮影用に、マイクロフォーサーズでも買い直すかね。

13時過ぎには鑑賞を終え、遅めの昼食を乙女峠の富士見茶屋で。舞茸そばと天丼のセットを頂きました。



ここに来るときは、いつも曇天で富士山が見えないのですが、今日はバッチリ。晴れ男の面目躍如です。



3連休最終日なので、道路が混まないうちに帰ろうという事で早めの帰路につきました。途中で買い物をして、夕方には帰着。我が家的には充分に満足した週末になりました。



| 【絵画・芸術・演劇】 | 10:49 | comments(2)
ベルギー奇想の系譜

渋谷BUNKAMURAで開催中の、ベルギー奇想の系譜展を見に行ってきました。

ヒエロニムス・ボスを始祖とした「奇想」絵画を中心とした作品展です。こういうの大好物なのね。

夕方のほうが空いているだろうという読みで、4時過ぎに渋谷へ。物凄い人混み。みんな、何しに来てるんだろう。外人さんも多かったけれど、一時期ほど中国人は目立たなくなった印象。

アップルストアで野暮用を済ませ、東急本店を抜けてBUNKAMURAへ。

混んでました(笑) 渋谷を甘く見たかな?

3章構成になっているのですが、第1章の15−17世紀のフランドル美術が目玉なのと、ブリューゲルの作品は版画で絵が小さい上に細かく、みんな覗き込むようにして見ているので、入口から大行列になっています。ちゃんと列を作って待っているのが日本人らしくて苦笑。こういう時は、混んでるところはスルーして空いてる所から見るようにします。

混んでいるのにリュックを背負ったままの人とか多くて、とても邪魔でした。ここはコインロッカー無料だから、見る前に荷物はコインロッカーに入れなさい!と言っておきます。

ブリューゲルの作品は、いつかジオラマにしたいな、などと思いつつ、次のコーナーへ。

第2章はロップス、アンソールなどのベルギー象徴派の世界。

象徴派ですが、さすがにベルギーの作品は一味違います。ロップスの作品も良かったのですが、クノップフが気に入った。鉛筆画は独特の味があり、写真彩色という作品も非常に興味深いものでした。

第3章はシュルレアリスムの世界と現代美術。

有名なマグリットとデルボー。ポール・デルボーは汽車の絵が小さなペン・スケッチ1枚だけだったのが残念でしたが、非常に力のあるスケッチで印象的。

マグリットは著名な作品群の、少し小さいサイズのものが集まっていました。

現代美術のほうは、もうワケ分らん状態(笑) 逆さに吊るした骸骨がティンパニを叩いてるのとか(動画がエンドレスで放映されてるんですが、これは実演すべきと思う)、超デカい頭が支えきれずに倒れちゃってる巨大な彫刻とか、趣味が高じて飛ばない飛行船を作っちゃったオヤジとか、猫と会話している音だけを流しているのとか、頭から角が生えてる金ぴかの頭の彫刻とか、変なのばかりです。ベルギー人って、基本的に変なんでしょうかね?

こういうの大好きなので、いつもより楽しめた展覧会だったと思います。いつもより細かい感想を書いているのも、そのせいです。

鑑賞後、ロビーラウンジでタイアップのベルギーワッフルを食べました。

http://jumbow.blog51.fc2.com/blog-entry-200.html

お腹いっぱい。

帰宅後、帰りに買ったお寿司を食べつつ野球を見ましたが、野球の話はしないでおこう。

| 【絵画・芸術・演劇】 | 09:05 | comments(0)
金属恵比須ライブ!

昨日は横浜ベイジャングルで金属恵比須ライブ。
まごころ?居酒屋ROUNDABOUTさんの3周年記念ライブ。
他の3バンドも含め、たっぷりと堪能させて頂きました。

 

写真は来週以降、随時紹介していきますが、多忙につきちょっと遅くなるかも。ご了承ください。

とりあえず、2枚!

 

 

 

| 【絵画・芸術・演劇】 | 11:52 | comments(0)
金属恵比須 猟奇爛漫FEST vol.2
昨日は、高円寺HIGHにて、今年最後の金属恵比須ワンマンライブ、猟奇爛漫FEST vol.2が行われました。

気になった雨もさほど強くなく、史上最高の大入りという賑わいの中で、2時間に渡る熱演が繰り広げられました。



ライブ終了後には、お客さんを交えての二次会。ライブも盛り上がりましたが、二次会も超盛り上がりました。



****

今回は、もう一人カメラマンの木村君が入ってくれたので、かなり気持ちが楽でしたが、やはり年寄りに2時間はキツい!!歩留りの悪さは相変わらずですが、もうちょっと鍛錬しないといけませんな。

自分の写真に少しマンネリを感じてきたので、積極的に今までとは違う撮り方にしたいと思ったのですが、さてどこまで実践できたやら。

結果は明日以降、写真ブログのほうで公開していきます。
| 【絵画・芸術・演劇】 | 21:37 | comments(0)
| 1/4PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂