クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(141)さあ今年もサンマ漁!
    雀坊。 (10/19)
  • 艦これにっき(141)さあ今年もサンマ漁!
    いけちょ (10/19)
  • 日曜日は戦国恵比須。
    雀坊。 (10/16)
  • 日曜日は戦国恵比須。
    レオン (10/16)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    雀坊。 (09/20)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    いけちょ (09/19)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    雀坊。 (08/30)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    いけちょ (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    雀坊。 (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    いけちょ (08/28)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
マツダ・カペラの話
我が家(実家)は、マツダ・カペラの初代から最終型まで、すべて乗り継いだという稀有な家であった。

父が自営業をしていた関係から、税金対策として自家用車を会社名義にしていたので、モデルチェンジ毎に乗り換えていたためである。記憶のままに、つらつらと書き綴る事にしよう。

・初代 S122A「風のカペラ」

それまで、プリンス・スカイラインに乗っていた我が家であったが、マツダがロータリーエンジンを引っ提げて、大々的に宣伝していたことと、我が家から一番近い場所にあったディーラーだったこともあって、1970年にカペラを購入したのだった。

12Aロータリーエンジンは、とにかく加速が素晴らしくて、それまでのプリンス・スカイラインS54をも凌駕する初速があった。逆に、この加速と、ロータリー特有の振動が仇となって酔いやすく、母親などは、あまりこの車を好まなかった。色はブルメタ。ヘッドライトはグレードに関係なく角と丸が選べたのだが、私の一存で丸目4灯を選択。

・二代目 CB12S

カペラロータリーAP。初代とはフロントデザインの違い程度で、根本的な差は無かった。色は初代同様ブルメタを選択したので、余計に乗り換えた感じがしなかった。
燃費の悪かった初代に比べて少し燃費が上がり、無給油で箱根往復が出来たと喜んでいたのを覚えている。(我が家では毎年、夏休みに箱根の保養所に泊るのが定番の旅行になっていた)

この車で伊勢参りを敢行。名古屋から延々下道を通って伊勢まで行ったのだった。元気だったねえ。

・三代目 CB

マツダのデザインが妙なアメリカンスタイルかぶれになってしまい、ロータリー仕様も無くなって、急激につまらなくなってしまった。レシプロ1600を選んだが、ケチってクーラーを搭載しなかったために、その年の夏の福井への法事で散々な目に遭って、早々に売り飛ばした不憫な車。色は茶系。

・四代目 CB(マイナーチェンジ後)

クーラー未装備の三代目から乗り換えた四代目。同じCBだがマイナーチェンジ後のスラントノーズスタイルになった車。1600が今ひとつのパワーだったので1800を選択。直4の1800はバランスが良く、よく走った。色はライトグリーン。この年に免許を取得し、私が最初に運転したのがこの車。良く走った良い車であった。

・五代目 GC

FRからFFに仕様変更。大人しめだが丸みのある嫌味のないデザインであった。逆に没個性とも言えたけれど。この時期、私は大学生で、自活していたために、この車とはあまり縁がない。色はブルメタ。

・六代目 GD

CGと基本的に同一の路線ながら、より丸みを帯びたスタイルになった。色はガンメタのような渋い色。世界初の四輪操舵4WSを装備していたが、逆に父親は運転しづらかったようだ。

この後、セダンはクロノスになり形式消滅する。ここで一旦、マツダとの縁切りとなった。どこまでカペラ好きなんだよという感じだが、意地だったのかもしれない。

・七代目 CG

マツダはユーノス、アンフィニとバブル期のブランド展開を始めるが失敗。数年後にクロノスを強引な形でカペラとし、形式復活。
カペラ名が復活したことにより購入したが、中途半端なフロントデザインなどが災いしたのと、次機種が出たので短期間で売却。色はシルバー。


・八代目 GF

カペラ最終モデル。購入したが、父の高齢化に伴い殆ど運転することはなく、丁度妹が結婚したこともあって、妹の家に譲ることとなった。色はグリーンマイカ。
売却と同時に父も免許を返上してしまったので、文字通り我が家の最後の車となったのであった。

個人的には、自分で良く乗ったのは四代目のCBと、六代目のGDだった。下宿生活から実家に戻った後、しばらくGDを転がしていたが、転職を機に自分の車を買う事になり、家の車は運転しなくなった。従って、CGとGFは、ほとんど運転していない。多分CGは走行距離1000キロ未満、GFも2000キロくらいで売却していると思う。

意外と写真が残ってないんだよね。自家用車の写真を好んで撮影するような家では無かったのだ。まさに「足」だったね。


| 【車】 | 13:37 | comments(2)
エンストは危険。
AT車の操作ミスでエンストしたために起きた事故が3年間で111件もあったという。
ま、この実情は、ちょっとレベルの低い話なんだが、最近のクルマには思わぬ落とし穴があるから要注意だ。

我が愛車のインプレッサスポーツでも、ヒヤッとする事があったので紹介しておく。

この車、エンジンをかけている状態で、ブレーキのみで停止し、ギヤがニュートラルになっていない状態でシートベルトを外すとアラームが鳴ってエンストする。凄い仕様だが、要するにうっかり発進を防ぐという意味合いなのであろう。

ところが、交差点などでちょっとシートベルトの位置が悪くて、はめなおそうと思った瞬間にアラームが鳴ってエンストしたことがあった(それでこの機能を知った)。
この時はパニクったねえ。信号は青になっちゃって、後からクラクション鳴らされちゃうし、慌ててスタートボタンを押しなおそうとしたけれど、ハンドルもロックしちゃってて慌てたこと。
この時は、たまたま一人で乗っていたので、そういう時は余計に冷静さを欠いてしまう。
こういう時に慌てると、逆に事故を起こしかねない。ちょっと過剰な機能のような気がした。

そういう仕様であることが分ってからは、無駄にシートベルトを外すような動作はしなくなったが、これ、助手席も同様みたいなので、ついうっかり助手席の人がシートベルトを外したりすると物凄く厄介なことになりかねない。

機能的には正しいとは思うけれど、そこまでする必要が果たしてあるのだろうか。アラーム音だけで良くて、エンストまでしなくてもいいのではないかと思う。

もう少し、車の機能はシンプルに作られるべきなんじゃないだろうか。あまりにも機械に頼り過ぎると、いざという時に判断が出来なくなる。とっさの回避行動は、人間でなければ出来ない。そこまで車(に搭載されているコンピュータ)に委ねるのは危険だと思うのだが。

※ この機能はアイドリングストップのために付加されたものだそうです。確かにアイドリングストップ状態で、うっかり車を降りてしまい、エンジン再始動したら大変ですからねえ。それにしても、という気がしますが。
 
| 【車】 | 06:00 | comments(0)
インプレッサ納車!!

  1ヶ月以上待たされたインプレッサが本日納車されました!!

 早速、買い物がてらに試運転。旧型の二代目に比べてかなり幅が広くなっているので、車両感覚を掴むのにまだ慣れていません。キーレスにも慣れないですねえ。

 アイドリングストップが、最初効かなかったのですが、エンジンが温まってくると効き出すようになりました。今日の試運転での燃費は凡そ10km/L。まあまあの結果じゃないでしょうか。

 遠出は来週の予定です。

 

| 【車】 | 21:15 | comments(0)
さよならインプレッサ。

 11年間乗ってきた二代目インプレッサとも今日でお別れ。
 最後に洗車して記念撮影。

 

 あんまり洗車しないズボラオーナーでごめんねー。
 一応、それなりに査定が付いたので、次のオーナーを探すことになるんだと思うのだが、今度の人はちゃんと洗車してくれる人だといいなあ。

 次の車は月末納入の予定。それまで車無し生活だけど、普段まるで乗らないからそんなに困らないかも。

| 【車】 | 13:56 | comments(0)
黄色点滅信号が元凶か?

  山陽電鉄での衝突事故。トレーラーの運転手の話によれば、踏切を渡った先にある信号が黄色点滅していて、乗用車が停まってしまったために踏切を越えられなかったという。
 それが正しいとするなら、事故を引き起こした原因は、黄色点滅信号で停止してしまった乗用車?

 この発言は微妙である。事故を起こしたのはトレーラーの運転手本人であることは間違いないが、通常なら黄色点滅信号(注意して進め)で停まることはありえないので、それを予測した上で踏切に侵入したという事ならば、責任をある程度回避できると考えたのだろうか。現実問題としては、踏切の向こう側にトレーラーが収まるだけの長さが無い状態のまま踏切に侵入したことが間違いなので、罪が軽くなることはありえない。
 だが、「停まらないはずの車が停まってしまった」という事実は、間違いなく事故を引き起こした原因でもある。そこを、どう解釈するかが難しいところだ。

 日本の法律に照らして言えば、この乗用車に責任はない。黄色点滅信号の意味を充分に理解できておらず、一時停止してしまったとしても、トレーラーが全て収まる長さを確保できていないのだから、その状態で踏切に侵入してしまったこと自体が過失なのである。だから、責任は全てトレーラーの運転手にある。

 しかし、海外だったらどうだろう?アメリカあたりでは、おそらく黄色点滅信号で停止したことが、事故を引き起こしたキッカケであるとして、トレーラーの運転手の過失を認めつつも、黄色点滅信号で停止してしまった乗用車の運転手にも何らかの制裁を加えるような気がする。刑事事件としての罪は問われなくても、民事的に、トレーラーの運転手が乗用車の運転手を相手取って訴訟を起こすことはありそうだ。アメリカは訴訟の国だからね。

 我々がこの事件から教訓を得るとするならば、もう一度交通法規を見直すことだろうか。黄色点滅、赤点滅の意味をもう一度確認しておくべきだろう。特に黄色点滅はその意味が曖昧だ。法規的には「注意して進め」である。徐行義務すらない。しかし、大抵の人は黄色点滅の信号を見たら徐行するか、場合によってはこの事故のように一旦停止してしまうかもしれない。

 その義務は無いとしても、信号のある交差点で、徐行したり一旦停止したりすることが悪い、という事はないから、余計ややこしくなる。青信号でも一旦停止してしまい、そこで後続車から追突されたらどちらが悪いのか?現時点では、青信号で停止している車に追突したとしたら、追突したほうが100%悪い。信号の色に関係なく、停止中の車に追突するというのは車間距離を充分に保っていなかったか、スピードの出しすぎであって、いつ、いかなる時でも、先行車両の予測できない動作に対応できるだけの車間距離を保ち、安全に運転することがドライバーの義務だからだ。

 だが、今の日本でその義務を遵守し、安全走行しているドライバーは、果たして何人居るだろうか?

 

| 【車】 | 12:34 | comments(0)
浦島太郎のクルマ買い。

  10年ぶりに新車を買うことにした。
 当初、プジョーを検討していたのだが、3.11以降、価値観が変わってしまい、車は実用一点張りで良いと思うようになっていた。しかも、プジョーは期待していた208が全くの期待はずれ(顔は不細工だし、オートマは相変わらず悪名高きAL4のまま)だったので、思いっきり購入意欲を無くしていたのであった。

 次に候補に挙がったのがスズキSX4。これは良いクルマなのだが、如何せんディーラーの体力が無い。マイナーチェンジしたばかりの新車の試乗すら出来ないようでは、アフターサービスに不安が残る。良い車だと思うが、総合判断で諦めた。

 そうして結局最後に残ったのは今乗っているインプレッサのスバルである。トヨタ資本が入ってしまい、デザインがトヨタっぽくなってしまって、思い切り残念だったのだが、選択肢が無いのでは仕方ない。

 インプレッサは、我が家的には今乗っているGGC型を頂点として、どんどんデザインが悪化(各オーナーの皆さんには申し訳ないが)していた感がある。世間一般のスバル乗りにはGGCのデザインは評判が悪かったそうで、まるで理解できないのであるが、まあ、これは感性の差なので仕方ない。

 特に2007年のフルモデルチェンジで登場した三代目は、決定的にダサいフロントグリルが萎えっぱなしで、何をどうデザインしたらこんな糞車になるのかと憤慨したものだ(重ねてオーナーの皆さんすみません)。

 で、2011年、フルモデルチェンジで登場した四代目。顔は少し二代目時代に回帰したイメージで、少なくとも三代目よりは好印象であった。2.0Lのほかに1.6Lが出てきて、まあそんなにカッ飛ばさない我が家には、それくらいで丁度いいのかなという思いで、消去法的選択肢を選んだという感じであった。

 実車を見るまでは・・・。

 今日、ディーラーに頼んで試乗させて貰ったのだが、まずはインテリアに驚き。かなり高級感がある上に、広いんである。確かに10センチほど横幅が広がり、そのために3ナンバーになっているんだが、それにしても広い。これだけで相当な驚きであった。

 しかもなによ、最近のクルマはキーレスだって?イグニッションキーの付いてないクルマというのはそれだけで何だか未来の車のような気がしてしまう。アイドリングストップするし、2.0Lの最上級グレードにはアイサイトなんていう機能まで付いている。燃費はタイムリーに表示されるし、まあ、運転をコンピュータ制御に任せる気はさらさら無いので、アイサイトには興味なかったが、それ以外の細かな点がいちいち引っかかってくる。

 これが10年の差ということか。今乗ってる車が妙に古ぼけたクルマに見えてきてしまった。

 即決はしないと思っていたのだが、女房ともども、クルマ自体のよさに驚いて、値段次第では即決もありかな?という気になっていた。決定的だったのは燃費で、相当向上していることが分かったので、もうほとんど買う気に傾いてしまったのだった。

 しかし、それはそれ、これはこれ。無い袖は振れない。

 交渉の末、おそらく限界+αと思える値引き額で妥結。最後に店長まで現れて、挨拶されたのには驚いたが、まあ悪い気はしない。

 早ければ今月中に納車の予定。届いたら簡単にレポートでもしますかね。あとはナンバーを何番にするかだなー。候補としては、762とか8620とか、43−86とかw

 今が一番楽しい時期だね。


 

| 【車】 | 18:49 | comments(2)
| 1/1PAGES |


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂