クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(141)さあ今年もサンマ漁!
    雀坊。 (10/19)
  • 艦これにっき(141)さあ今年もサンマ漁!
    いけちょ (10/19)
  • 日曜日は戦国恵比須。
    雀坊。 (10/16)
  • 日曜日は戦国恵比須。
    レオン (10/16)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    雀坊。 (09/20)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    いけちょ (09/19)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    雀坊。 (08/30)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    いけちょ (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    雀坊。 (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    いけちょ (08/28)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
Windows10を導入。

家で使っているメインのPCは5年前に買ったHPのENVY dv7という機種である。
購入時にはWindows8がプリインストールされていたが、半年後にWindows8.1がリリースされたのでバージョンアップしてみた。
その時は指紋認証システムが動かなくなり、結構難儀したのであった。これに懲りてWindows10へのアップデートは控えていたのだが、来週にはRS3が出て来るので、そろそろ安定してきただろうという考えで、漸くWindows10へのアップデートを行った。

一応、会社で使っている評価用のPCで、今私の使っているソフトウェアの動作検証は大体済んでいるので、そちらについての不安はない。問題は指紋認証システムのみであった。

その前に、まずはバックアップ。今は、圧縮しないでイメージバックアップを作るようで、Cドライブの容量は何と150GBもある。これではDVDに焼くわけにはいかないので、外付けのHDDをUSB接続してバックアップを取った。

ところが、最後の最後でディスクにエラークラスタが発見されバックアップが出来ない。
そこで仕方なくCHKDSK /Rをかける。これが1時間半くらい。15%のところで止まったまま1時間くらいたっても無反応なので、どうしたものかと思っていたら、15%のままで終了して立ち上がってしまった。これ、何とかならんのかね?

漸くバージョンアップの準備が整い、Windows10のインストールDVDをセットしてインストール開始。40分くらい掛かったと思うが、特に問題なくインストール完了。

再起動して、指紋認証システムを起動してみると、問題なく動いた!これで一安心である。

アプリケーションの動作チェックを行うと、ひとつ動かないものがあった。何かの設定ミスであろう。あまり使わないソフトだし、Windows7のPCがもう一台あるので、これは動かなくても良い。

デフォルトブラウザがEDGEになっているので、Chromeに強制変更する。強制変更って何だ?これらの環境はWindows8.1時代のものを引き継がないようで、そこが非常に面倒くさい。コルタナもウザったいだけなので切った。

あと、FEPの切り替え時に画面上に出て来る「あ」とか「A」とかいう文字も非常に煩わしいので、これも停止する。本当に最近のOSは余計なお世話機能が多いな。OSに限ったことではないが、こんなものがユーザーフレンドリーな機能だと考えているなら大間違いである。

少し使ってみた感触は、Windows8.1時代に比べて起動が遅い感じ。ログインも遅い。だが、一旦ログインしてしまうと、むしろ動きは速いような気がする。ただし、時々メモリ開放するタイミングがあるのか、動作が緩慢になったりアイコンがリフレッシュする動作が自動的に行われたりして、剣呑な雰囲気も感じる。

マイクロソフトは、Windows10以降のクライアントOSをリリースする気が無いようなので、しばらくはこのまま使っていけるだろう。あと5年は買い替えないで使い倒したいところだ。


 

| 【TEXTSTYLE】 | 20:55 | comments(0)
twitter辞めますという人たち
ここ数日、恐らく永久凍結事件がトリガーなんだろうけれども、わざわざtwitter辞める宣言をしてる人を何人か見かけたのだが、アカウント削除したわけでもないし、ほとぼりが醒めてきたら、また復活してくるんだろうなあと思った。辞めんなら綺麗に辞めなと思うけどね。

私の知り合いで、以前twitter辞めた人は何も言わずにすっぱり辞めた。IDも削除。痕跡一切なし。かくあるべしと思う。わざわざ辞める宣言する人って、だいたい戻ってくるための言い訳づくりだったりするよね。それは絶対的に信用を無くすんだよなあ。そういう所も見られてるんだよ、という事は覚えておいたほうがいいと思う。

私も先日instagramを辞めたけれど、一応日記に経緯を書いたがIDはきちんと削除した。復活することはない。辞めると言っておきながらIDを残すことの意味が全く分からんよ。というか、ID消さないと、辞めたことにはならんと思うのだけれども。

まあ、例の事件に言及するならば、twitter社が理由も明かさずID永久凍結したのが気に入らんという事なんだろうが、twitterって公共ツールではないからね。具体的な理由を明かす必要はないのだし、そういう事が嫌なら本当に辞めればいいだけの話で、何をグダグダ文句言ってるんだという気がする。

では何故IDを削除せずに、捨て台詞みたいな文句を残して一旦消えるのかといえば、それは自己満足のためではないだろうか。俺って、twitterに抗議してるんだぜ凄いだろみたいな感じ?
というか、何故わざわざ辞めます宣言などするのか?そこが理解不能だったりする。結局は目立とう精神の発露みたいなものなのだろうか。

そして、ID凍結された件の人が、しれっと別アカウント作って復活しているのを知って、永久凍結っていったい何なのよ?とか思ったり。

いとも簡単に別IDで復活できちゃうんなら、永久凍結って何の意味があるんだろうか。最近のtwitterは執拗に電話番号登録とかさせようとするから、一度永久凍結されたアカウントの電話番号やメールアドレスは使えなくするとか、その程度の事はしても良いんじゃないかなあ?と思ったりしないでもない。

私がtwitterというツールに対して評価している点は、あの東日本大震災の時、唯一情報交換手段としてサーバーダウンすることもなく生きていたという点に尽きる。あれで妻との連絡も取れたし、帰宅中の状況をツイートすることも出来た。仙台の友人の消息も分かった。

SNSとは、そういうモノであるべきと得心した事件であった。だが、前述したとおり、twitterというのは公共ツールではない。私企業が利益を生むために公開しているツールであって、我々は、それを無償で使わせて貰っている。その代わりにビッグデータとして情報を提供しており、或いはtwitter上に表示される広告を見て商品を買うなどして、間接的に利益を提供しているわけだ。

そういう意味でも、twitterに文句を言うのはお門違いと思うし、それが嫌なら自分で統制の出来る新しいSNSでも作ったら如何?と思うのであった。今はマストドンみたいなのもあるから、厳格に統制された発言のみを許可できるSNSは簡単に作れるのだ。それが流行るかどうかは別としてね。
| 【TEXTSTYLE】 | 09:33 | comments(0)
あと4年。
本日で56歳になりました。定年まで、あと4年。うわあ。
今の仕事は、かなり憂鬱な事をやっているのですが、まあそれも仕方ないか。
4年というのは長いようで短いものです。あっという間かもしれません。

と、思って、4年前に何をやっていたかと思ったら、、、

艦これ始めていましたw

そうか、艦これも、もう4年かー。隔世の感がありますねえ。来年にはHTML5化するそうで、まだまだ継続ですね。

Windows8.1にバージョンアップしたのが4年前。Windows10に上げるかどうかは未だ検討中。

ガラケーからi-Phone5Sに変えたのが4年前。先日買い直してSEになりました。

あまちゃんが放送されていたのが4年前。それ以後、特にハマる朝ドラは無し。

信州の戸倉上山田温泉に行ったのが4年前。今年は伊豆と九州に行きました。旅行は毎年の楽しみです。

今の車を買ったのが4年前。来年には2回目の車検。もうちょっと乗る。

坂口良子さんが亡くなったのが4年前。あれから加速度的に訃報が増えてきた気がします。

ガルパンにハマったのが4年前。今やいっぱしのアニメオタクw

ニコンDfとソニーα7が出たのが4年前。どちらも縁がない。α7の前に小さいミラーレスかな?

金属恵比須に稲益さんとMJさんが加わったのが4年前。今年はマスヒロさんのソロCDが出ます!ジャケット写真を撮らせて頂きました。

模型はDMCの「ひまわりのモジュール」を作ってたな。現在制作中の、OO9のレイアウトも佳境に入って来ました。来年はお披露目したいです。

・・・やっぱり、あっという間かな?



| 【TEXTSTYLE】 | 09:29 | comments(0)
インスタグラムを退会。

今やっているSNSは、Twitter、mixi、Facebook、Instagramの四つだが、そのうち一番使っていなくて、もういいやと思ったインスタグラムを退会した。

昨今の、「インスタ映え」とかいう馬鹿写真を見るのも嫌だし、とにかく、ナントカさんもインスタグラムやってるよ!とか、誰々さんが投稿したよ!とか、余計なお節介を焼いてくるのが死ぬほど煩わしかった。

本当ならもう少し絞って、Facebookも辞めてしまいたいところであるが、Facebookでしかつながっていない人もいるし、幾つか必要不可欠な連絡網もあるので、辞めるに辞められない。困ったもんだ。

SNSというのは無料サービスでも、経営している会社があるので、そこが潰れたら終わりだ。TwitterもFacebookも、いつ終わるか分からない。一応、そのために複数のSNSでの活動を維持しているのだが、どのサービスも似たようなコンテンツになって来ていて、そこが甚だ面白くない。

一応、今後も主戦場はtwitterという事になるだろうが、twitterの良いところは、しっかりと時系列にデータが並んでいる事だったのだが、ここ最近の改悪で、他人のいいねが見えるようになり、これがランダムに繰り返し表示されるものだから、時系列で話を追うのが難しくなってきた。

その他、余計なお世話機能が増えてきて、そこが面白くない。文句はどんどん公式に言うべきなのだが、日本のtwitterに文句を言っても聞き入れられないので、ここは本社へ英語でクレームを入れるべきと思う。幸い、Google翻訳の精度が飛躍的に上がっているので、日本語で書いてGoogle翻訳で英語にして送ればそれでOKだ。

みんなも文句はtwitter.incに送ったほうがいいよ。

Facebookは、はなから時系列を無視しており、非常にストレスのたまる仕様だったので、今でもそこには馴染めていない。だから、自分のブログのリンクを流す以外には、さほど活発な発言は行っていない。

mixiは、本当に超プライベートな数人と活発にやり取りしているだけで、その意味では、ほぼプライベートサイトの様相となっているが、これはこれで非常に使い勝手が良い。無意味な改悪も無くなったし、良い感じに枯れているので居心地も良い。変なコミュニティに、こちらから出ていかない、というのも余計なトラブルを生まない理由のひとつになっている。

そういえばマストドンっていうのがあったけど、今はどうなってるのかね?全くやる気はない。

それと、LINEは裏側の相当ヤバい話をたくさん知っているので、今後もやることは無いでしょう。まず何を辞めるべきか悩んでいるなら、真っ先にLINEを辞めなさいと、言っておきます。ま、やりたきゃご自由にどうぞ。でも何を抜かれても知らないよ。全ては自己責任で。

 

| 【TEXTSTYLE】 | 10:21 | comments(0)
最近のSNSで思う事。
Twitterを長い事やっていて感じるのは、昔はかなり温厚だった知人が、急激に攻撃的になったりしてる事が良くあるということだ。実は、自分もそういう傾向があったので、今は出来るだけ注意しているが、だからと言って、その人に敢えて指摘したりするような事は絶対にしないようにしている。ただ見守るだけだ。最近は、フォローを外されても、こちらもフォローを外したりせず、相変わらず見ているようにしている。それだけでいいと思っている。

自分とは意見の合わない事が多くて、フォローを外した人も、何人かは再フォローした。いつの間にか向こうのフォローも外れているので、何か気に入らなかったのだろう。まあ仕方ない。そのうち、またフォローしてくれるといいなと思うが、自分からアクションは起こさない。

政治的な発言の多い人は、自分と同じ思想の人でもフォローをはずし、リストのほうに入れてしまった。時々見ると、相変わらず政治の話が中心で、ちっとも面白くない。主義主張が一緒でも、政治の話が第一の人のツイートは全然面白くない。私が政治的ツイートを控えようと思ったのは、そのあたりがキッカケだったりする。

twitterは、まだ良いのだが、Facebookでは、フォローしている友人が、友人の友人にコメントしている内容が私にも見えてしまう場合が多い。実はこれが一番厄介だ。「友人の友人」という人は、私が直接知っている人ではないし、思想や考え方が全く合わない人が多い。
twitterでは、そういう人はフォローしないから、自分のTL上に出てくることは少ないが(今はそうでもない。後述する。)、Facebookでは、そういう人の書いた文章が嫌でも目に入ってくる。

誤って、そこに書き込んでしまい、友達申請が来たりすることもあるのだが、Facebookでは面識のない人と交流する気はないので、すべて無視している。とても面倒くさい。面識のない人とは友達になりませんとプロフィールに書いてあるのに、まあ、そんなのは読まないんだね。

そういう「友達の友達」の中でも、何人かの人は、本当に私とは相性が悪くて、人生で1、2を争うくらいに嫌いなタイプの人が居たりして、あまりにも私の精神衛生上良くない事ばかり書いているので、そういう人はブロックせざるを得なかった。見なきゃいいんだけれど、そういう人の書く文章は、最初の1行だけで、もうダメだったりするのでねえ。

Twitterでも、狂人や廃人はブロックしているが、知り合いがフォローしている人で、そこまで私と気が合わなそうなタイプの人は、幸いにして居ないからまだ安心だ。

AさんとBさんが友達で、BさんとCさんが友達でも、AさんとCさんが友達になるとは限らない。同じ種類のコミュニティの中にいるのなら、AさんとCさんは友達になれるが、全く別のコミュニティの人同士が親しくなれるケースは稀だろう。Aさんが、そこを新たに開拓したいという積極的な気持ちがあるのなら、それは良い方向に働くこともあるだろうが、これ以上コミュニティを広げたくないと考えているような場合には、要らぬお節介でしかない。

Twitterは、比較的そういう異種間交流を促進するような動きは少なかったのだが、最近のメンテで他人の「いいね」が見えるようになってしまい、これが繰り返し表示されたりするから、嫌でも違うコミュニティにいる人の発言を見る事が多くなってしまった。

「いいね」は自分とフォローしている人との間だけで交流できるボタンであり、そういう目的で使っていたのに、それをいちいちフォロワーにも通知してしまうのは如何なものか。「リツイート」と「いいね」の違いが全く分からなくなってしまった。自分と、フォローしている人だけでコミュニケーションを取れるのが「いいね」ボタンの良いところであり、それを他人に見せてしまうのは改悪以外の何ものでもない。エロ画像にイイネボタン押せなくなったじゃないの!!!(そこかよ)

この年になると、わざわざ新たな出会いを作ろうなんて思わないし、煩わしいことは出来るだけ避けていきたいのに、どうしてSNSは、「この人は貴方の友人ではありませんか?」とか「あなたに似合いそうな方がいらっしゃいます!」とか、余計な押し付けをやってしまうのか。あれこそ、災いの元である。

見たくもない政治ネタが今日のトレンドに上がってくる。トレンドを消すことは出来ないので、嫌でも目に入ってくる。そして、それは自分にとって、プラスの興味よりもマイナスの興味になるケースが非常に多い。

知らなきゃ見ないのに、お節介にも、そんなキーワードが出てくるから、思わずチェックしてしまう。そうして、自分とは反対の意見の人をたくさん見かけて腹を立てることになる。

負のエネルギーは簡単に増殖する。特に嫌っていなかった友人の、ちょっとした発言が気になって、それがどんどん増幅していき、遂には相手を憎悪するようになってしまう。
こういった、憎悪の増幅装置に一役買っているのが、twitterやfacebookなどのSNSだ。

そこが分かったので、出来るだけ、他人の悪口とか個人的批判のようなものは書かないようにしたいと思っている。ただ、これは、あくまでも個人対個人の話での事であって、メディア批判とか、事件に対する感想とか、そういうのは別。

でも、そういう事も出来るだけブログのほうに書くべきなんじゃないかな、というのが最近思っている事だったりする。


| 【TEXTSTYLE】 | 12:20 | comments(0)
うなる美味しさ?うな次郎を食べてみた。
先週は、ウナギの年間消費量の四割近くを、たった一日で消費してしまうという「土用の丑の日」がありました。

昨今は、稚魚の乱獲によって、絶滅を危惧されているニホンウナギですが、数が減っているので値段が高騰し、例年のようにスーパーで中国産(といっても、稚魚を獲って中国で育てているだけなので、根本的には国産と同じ)が乱売され、山のように売れ残るというような事もなくなりました。

ウチの近所のスーパーでは、普通の蒲焼きすら置いてなく、寿司にちょっとだけ「う巻き」が入っているというような状態。原価が高すぎて、食材として成立しないんでしょう。イトーヨーカドーあたりも基本的には予約販売のようで、多少は気を遣いだしている感じがします。安物ウナギを食うのは辞めたいですね。どうせ食べるなら本格的なものをちゃんとしたところで食べたいです。

ところが、鰻屋で食おうにも、並で3千円とか、とても庶民の口に入るような値段ではなくなりました。生産量が少ないので単価が上がってしまうのは仕方ないですが、これでは堂々巡りです。やはり、安物鰻を食べないで、乱獲を防ぐ方向に行きたいものです。

そんな状況のなか、ある蒲鉾メーカーが、鰻の蒲焼きのニセモノを開発しました。それが、「うな次郎」です。

魚のすり身を加工してウナギっぽくして、甘辛いタレで焼いたもの。これが、ホンモノにかなり近いらしいのです。

近所のスーパーには無く、ヨーカドーで見つけました。298円。通販だと400円から500円くらいしますね。馬鹿らしいのでスーパーで買いましょう。



パックから出し、軽くチンしてご飯に乗せ、添付のタレと山椒をふりかけて食べます。

何これ!!いやー、再現度高いですね。見た目は勿論のこと、身のほぐれ方もそうですが、裏側の皮まで再現してあります。この皮の再現度が凄いんですよ。いやー、参ったねこりゃ。

ただ、やはり蒲鉾です。再現度は凄いですが、そんなに美味しくは感じませんでした。



柔らかすぎるんだなー。私は固めの鰻が好きなので、うな次郎の柔らかさはピンと来ません。あと、脂分が無いので、それが物足りない。チンではなくて、フライパンに油を敷いて軽く焼いたほうが美味しくなるかもしれませんねえ。それと、やはり蒲鉾の匂いが気になります。生臭いほどではないですが、ウナギではない、独特の臭み。これがダメな人は多分全然ダメでしょう。

朝ごはんに半身だけ食べて、残りはお弁当と妻の試食用。

お弁当には、チンをしないで載せてタレをかけ、山椒を振りましたが、これ、冷えてるほうが美味しいですね。身が少し固めになって私好み。うん、これは温めないほうが美味いわ。

今のところ、本家の鰻には遠く及ばないというのが正直なところですが、さらなる進化を期待したい加工食品です。歯ごたえと脂がポイントだと思います。



| 【TEXTSTYLE】 | 12:45 | comments(0)
OneDriveの糞仕様。
マイクロソフトが提供しているオンラインストレージサービスのOneDrive。
無料だし、複数のPCでデータ共有するのが便利なので利用しているが、これがクソのような仕様なのである。

Windows7、8と、10でデータの持ち方が違うため、例えば8.1で保存したEXCELを10で開こうとすると、10の中に保存されている古いデータが表示されてしまう。これではオンラインストレージである意味がない。

OneDriveは、スマートファイルという仕組みが売りだったのだが、10からこの機能が使えなくなっているための齟齬である。

昨日も、7で保存したデータをうっかり10で開いて保存してしまい、古いもので上書きしてしまった。OSを全て10に揃えないと、この不具合は解消できないようだ。酷い話である。

8.1や7と10が混在する環境では、10で開く場合、まず同期の設定をして、オンラインEXCELを使ってブラウザ上で該当ファイルを開く必要がある。そうすると、オンラインストレージに保存されている最新環境がダウンロードされて表示されるようになるんだが、煩わしくて仕方ない。

これじゃオンラインストレージの意味がないよ。

 
| 【TEXTSTYLE】 | 09:19 | comments(0)
吸い殻

最近は、午前中と午後30分ずつ、会社の近所をウォーキングしています。
お濠沿いに外濠公園という遊歩道があって、木陰を歩けるので、今日のような暑い日には助かるのですが、、、、

煙草を吸う人が多いのですね。

ビル全部が禁煙みたいな所が多いのでしょう。しかし、遊歩道のベンチには灰皿はありません。喫煙所は市ヶ谷駅前にあります。いつも30人くらいの人がたむろして煙草をふかしています。
ここは公共の喫煙所なので、ここで吸われる分には一向に構いません。

しかし、遊歩道の中のベンチや、木陰で吸っている人が目立ちます。ここ、煙草吸う所じゃないよ。
しかも、吸い殻のポイ捨てもたくさん落ちています。明らかにマナーの悪い喫煙者が多いのです。

これだけ喫煙バッシングされていて、まだ平気で煙草の吸殻をポイ捨てする人がたくさんいる、という事に驚きます。

私は喫煙することを否定しませんが、マナー違反はダメ。これではマナーを守って喫煙している人も、どんどん立場が悪くなりますね。

こないだは、遊歩道を咥え煙草で歩いている人が居ました。後を歩いていたのですが、煙草の臭いが残って非常に気分が悪かった。そのまま法政大学に入っていったので、法政の学生でしょう。酷いもんです。

殊更に禁煙を推進するつもりはありませんが、このようなマナー違反は見逃せませんね。法政大学は徹底的にマナー違反の追求をすべきです。大学のレベルを問われますね。所詮は法政、どうしようもないねと思われていますよ。くず大学、と言って差し上げます。

今や、喫煙者はごく一部の礼儀正しい人と、大量の無礼者しかいないように思います。無礼者は全員、肺癌で死んでしまえと思いました。


 

| 【TEXTSTYLE】 | 13:38 | comments(2)
2017都議選終了。
政治の事は書かない主義ですが、個人的な備忘録として。興味のないかたはスルー推奨ですが、あんまり思想的な事は書いていませんので、気軽にお読みください。

***

今回の都議選は、予想以上の都民ファーストの会の圧勝で終わりました。
自分でも都民ファーストの候補者に投票しといて言うのも何ですが、ここまで伸びるとは正直意外でした。ポピュリズムの勝利という感じがします。

まあ、ウチの選挙区は自民党候補が箸にも棒にも掛らぬタイプだったから。
落下傘候補で全くの新人では、流石に票は入れられなかったなあ。
都民ファーストの候補者も、何だかなあという人だったのですが、一応市議会議員を二期勤めているので、それだけで票を入れました。もう、素人政治はこりごりなんです。

でも、結局都民ファーストの会の半分くらいがド素人ばかり。なんでド素人に投票するかなあ?
都議会県議会議員には、最低でも区議、市議を経験した人に上がって来てほしいのです。市議として市政を学び、それを土台として都議なり県議なりになる、というのがセオリーだと思うわけです。

昨今の、政治の混乱は、そういうド素人政治家ばかりがのし上がってきた結果ではないかと思っています。その意味で言えば、小池さんもマスコミ上がりであって、真の政治家ではないですからね。

***

結局、求心力のあるリーダーが一人いて、マスコミがそこへ流れれば、いとも簡単に革命は成功するのです。これは恐ろしいことです。
幸い、国政に於いては、野党にロクな人材がいないので、まだ安心できますが、ここでヒトラーが出てきたら、日本はあっという間にナチス・ジャパンになっちゃうでしょうね。戦後70年経っても、流されやすい民族である、という事には変わりがないのです。そこに、大きな不安を感じました。

都民ファーストの会の当選者の顔ぶれを見てみますと、元自民党、元民主党、元維新の会、元みんなの党と、政治経験者はバラバラ。あとは政治のド素人ばかりです。これで会派のまとめなんて出来るんですかね?

小池知事がトップならば、彼女の意向どおりに進むでしょうが、地方自治体は知事対議会の二元性を持たねばなりません。そのためという理由で、小池知事は早々と都民ファーストの会の代表を降りたようです。いやー、完全に騙されましたね。完全に選挙対策の代表。

都民の人々は、トップが小池さんだから票を投じた人が多いんじゃないですかね?勿論、安倍憎し、自民憎しで入れた人も居るとは思いますが、都民ファーストは小池さんあっての会だと思います。

その、小池さんが離れてしまっては、纏まるものも纏まらない。求心力のある政治家がいません。これで、議会政治が成り立つのかなあ?ここからオリンピックまで、難問山積みですが、それを解決出来るだけの実力があるのでしょうか?

小池さんだからと票を投じた人は、梯子を外されたような思いじゃないでしょうか。小池さんが代表ではない都民ファーストの会の存在価値って何なんでしょう?まあ、小池さんもここまで勝つとは思っていなかったのかもしれません。自民拮抗か、若干有利で、公明党を加えて過半数というのが目論見だったと思います。

それならば、代表を降りなくても良いし、自民党がかろうじて第一党のままであれば、二元性は保てます。ところが、意に反しての圧勝でした。ここまで勝っちゃうと逆にやりにくい。小池さんが外れると、都民ファーストの会には牽引車がいません。ここからが大変でしょう。

ちなみに、新代表っていうか、小池さんが代表就任するまでも代表だった野田氏は、保守党から自民党、維新の会などを渡り歩いたバリバリの右翼です。アントニオ猪木の政策秘書を務め、公金横領疑惑で告訴されてます。幹事長の音喜多氏はブロガー議員で有名ですね。みんなの党から少数会派を経て参画した人ですが、野田氏と意見が合うとは言い難いです。

お手並み拝見と行きたいところですが、もし、大失敗したときに被害を被るのは我々都民ですからね。でも、都民の中で、そういう事を考えた人は少なかったのでしょうねえ。普通、選挙に行くのに、そこまで考える人は少ないわな。

自民党には良いお灸が据わりました。ただ、下村を切って終わりみたいな事にはならないようにして欲しいところ。安倍退陣はお門違いと思いますが、稲田を切って内閣改造は必要でしょうね。敵対している石破さんあたりを懐柔して、全自民一体で組閣しないと流石にダメでしょうか。

ただねえ、都民ファーストの会の面々を見ていると、隠れ自民党という気がしないでもないのです。庶民を騙して裏で暗躍できる自民党。表面上は自民大敗だけれど、都民ファーストの会の傀儡にはなりうる。従って、現実的には痛くもかゆくもない。単なる内田潰しと、自民党都議連の権力潰しを行い、自浄化を図る。なんていう裏があるのだとすれば、大したものと逆に評価しますが、はてさて。

安倍さんを見ていると、プロパガンダが下手と思います。森友学園も加計学園も、上手く立ち回れば1日程度で終わる話。さっさと決着を着けて終わりにしてしまえばよいのに、ダラダラと放置しているからどんどん傷口が広がってしまいます。まあ、森友は籠池氏がトンデモ者だったので救われましたが、加計学園はそうは行かないでしょう。

こういう下らない事を即座にきっちりと片付けられないのは、政治家としての欠点と言わねばなりません。お坊っちゃんだから泥臭いのはダメなんですかね。元々安倍さんにはそんなに期待していませんが、ここを上手くやらないと、本当に自らの進退問題に関わって来ますね。水虫も放置しておくと死につながる病に化けるという事です。

民進党は話題にも上らず議席数を減らしただけ。もう、党の存在価値すら無い感じですね。これで、国政に都民ファーストの会ならぬ国民ファーストの会が出てきたら息の根止まりますね。あ、国民ファーストの会って、後藤輝樹さんがもう作ってましたね。彼は胡散臭い泡沫候補だけれども、意外とそういうセンスがあるんだよな。

社民党は、もう潰したほうがいいですね。

結局、都民ファースト圧勝でしたが、何だかモヤモヤとした感じが抜けきらない2017年の都議選でした。


 
| 【TEXTSTYLE】 | 13:17 | comments(0)
テロ等準備罪成立の責任は能力のない野党にあり。
ブログやSNSで政治の話をするのは、なるべく避けようと思っている。

が、今回、幾つか思う所があったので、それを書いてみる。議論をするつもりは全くないので、念のため。

始めに私の立場を明確にしておくと、私はテロ等準備罪に賛成だ。理由は書かない。
イデオロギーの違いを述べても仕方ない。それは理解されない事だし、理解して貰おうとも思わない。ネットでイデオロギーの異なる人と会話するのはこりごりだ。だから、そこについては一言も書かない。

その一方で、私は最近、人には色々な考え方があってよいと思うようにもなった。だから、今回テロ等準備罪成立に反対する人の意見や不安も良く分かる。過剰反応している人にも寛容になった。ただ、その人たちと議論するつもりはない。考え方の違いについてあれこれ言っても仕方ない。そんな話を延々とするつもりはない。

今回の問題は、そこではないのだ。

この騒ぎの中で、ひとつ気が付いたことがある。

今回の法案成立を冷静に見ている人は、サラリーマンに多いように思った。一方、反発しているのは、ほとんど自由業の人。この差は面白い。

テロ等準備罪絡みで、自由業の方々は口を揃えて右傾化、独裁、身勝手を唱えている。サラリーマン諸氏がそれに無反応なのは、会社の横暴、独裁に慣れ切っているからではないかと邪推した。ただし、それは諦観という事ではない。

後ろ盾のない自由業の人たちは辛いよね。だから恐れるんだと思う。勿論、サラリーマンだって会社から簡単に切られる時代だ。しかし我々サラリーマンは、こういう横暴に対する御し方が分っている。だから無駄な文句は言わない。

もし、これで与党の横暴が始まるのであれば、次の選挙できちんとした抗議を行えばよいだけの話だ。それが議会制民主主義の基本だ。デモ行為は何の役にも立たない。デモで変わる政治は無い。デモで政治が変わるのなら、それは暴力に屈したことになる。だから絶対にデモはダメだ。勿論、異論はあると思うが、そこは本題ではない。

政治を変えたいのならば、自分の理念に近い人をより多く国会に送り出し、自分の理想に近い政治をして貰うしかない。それが、我々国民が行うべき正しい態度だ。

会社の中でもそれは同じである。自分の意見を通したいのなら、しっかりとした根回しを行い、上司を説得するか、自分の意見に近い上司に付いていく。そうして自分の発言力を増すか、自分と同じ考えの人間を増やしていく。それしかない。その努力を怠り、会社に文句しか言わない人間には、誰も付いてこないし、何も変わらない。権力を得るまで、じっと我慢して力の強い人間に付いていき、その中で自分の発言力を増していく。そして、ある程度の力が付いたら、自分で会社を動かせるようになる。その努力をしなければならない。

今回の法案成立も、それと全く同じことだと思う。サラリーマン諸氏は、感覚的にそれが分っていたのではないか。だから無関心なのだ。というよりも、積極的にテロ等準備罪成立を喜んでいる人も多い印象を受けるが、その事は今回の本題ではない。

では、今回の本題とは何だろう。それは野党の態度だ。今回は、いや、今回も、それに尽きる。もう、辟易してるんだよね。いわゆる「戦争法案」の時から何も変わっていない。今更ギャーギャー騒ぐのなら、何故最初からちゃんと法案審議をしなかったのか、という事だ。

こうなる事は、現在の与野党の配分比率を見れば明らかである。与党絶対多数なのだから、強行採決も何もない。こうなるのが当たり前なのだ。だったら、野党は何をすべきだったのか。

テロ等準備罪成立やむなし、という中で、如何に法案の内容を自分たちの考えに近づけるような形に修正させるべきである。1ミリでも修正させられればそれが実績である。少しの実績は、後から大きな流れになる。それが野党のやるべきことであった。

しかし、今の野党は闇雲に反対するだけ。いざとなったらデモだの、笑止千万の女の壁だの、何の役にも立たないパフォーマンスをするだけ。「私はこれだけ妨害しました」という「実績」づくり。誰に向かってやっているの?という感じでしかない。

企業の中にも、この手のネガティブな反論しかしない人、新しい試みに反対しかしない人、その癖、企業改革に対する意見を全く言わない人が結構いる。そういう会社の癌と、今回の野党の動きは完全に一致している。

だからこそ、法案の是非以前の問題として、癌は国会から排除すべきという考え方が、多くのサラリーマンの中に芽生えているのではないか。私は強くそう思う。

同じ過ちを何度も繰り返すような野党は国会の癌でしかない。必要ない。時間の無駄。税金の無駄遣い。だから今の野党は要らない。仮に軍国主義まっしぐらになったとしても、与党だけで粛々と進める政治のほうがまだマシだと思ってしまうほど、今の野党には存在価値がない。

今回の問題に関して、私が強く感じているのは、そういう事だ。

テロ等準備罪に反対する人の中には、これに賛成する我々に対して、SNSなどで逆切れしている人も多かった。
逆切れする相手が違うでしょ?と思う。能無し野党に切れたほうがいいんじゃないの?と強く思う。

さて、今回のテロ等準備罪成立で、野党はどう自己批判するのかな?全くしないよね。反省もない。またガーガー言うだけ。そんな連中は全部切り捨てろと言いたい。でも、そうすると野党の議員は一人もいなくなってしまうかな?

選んだ我々も悪いが、選ばれた人々があまりにも酷過ぎる。政治家のレベルダウンの原因は、小選挙区制にあると思っているので、もう一度中選挙区制に戻すべき、と思う。都道府県議員並みの得票数で国会議員になってはいけない、と、強く思う。

***

この流れを受けて、都議会選挙が実施される。どういう流れになるか分らないが、少なくとも今の野党に有利な状況ではないだろう。もう、能無しの野党は必要ない。外見だけで中身の伴っていない都民ファーストにも全く期待できない。

でも、いわゆる主婦層を中心にして、都民ファーストはある程度実績を積めるのではないかとも思う。一方、自民党は内田という癌を切り捨てた。そこは評価されてよいのだが、それを上手く利用できる自民党候補がいるだろうか。

野党には全く期待できない、という事を改めて認識した法案成立までの流れであった。もっとも、与党もクズだらけだけどね。我々は如何にして政治家を育てるか、という事を、もっと真剣に考える時期が来ているのではないだろうか。このままでは与野党の区別なく、国会はゴミ溜めになってしまうだろう。いや、もうなっているのだ。ゴミ掃除が必要なのだ。

※本件について、コメントを頂いても一切お返事致しませんので、ご了承下さい。本件で議論をするつもりは全くありません。


| 【TEXTSTYLE】 | 08:33 | comments(0)
| 1/120PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂