クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    雀坊。 (12/10)
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    いけちょ (12/10)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    いけちょ (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    いけちょ (11/30)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    雀坊。 (11/26)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    いけちょ (11/25)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    雀坊。 (11/24)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    いけちょ (11/23)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 手打ち。 | main | 食いすぎた・・・。 >>
思わぬ展開になるか。

 円谷プロダクションと言えばウルトラマンなどの特撮番組で有名であるが、今年の4月2日に、それまで株式を保有していたTYOが、その全株式をフィールズに売却した。フィールズは、いわゆるパチンコ企業であり、主な業務内容はパチンコ機・パチスロ機の全国パチンコ店への販売である。

この売却は(ギャンブル企業への、という意味で)驚愕であった。子供番組制作会社の事実上のオーナーがパチンコメーカーという点で、少なからぬ不安があったのだが、それが思わぬ展開に発展するかもしれない。

かつて、円谷プロは名作「ウルトラセブン」に於いて、ある雑誌の迂闊な記事が発端となり、名作の誉れ高い第12話「遊星より愛をこめて」を封印せざるを得ない状況になったのだった。<詳細についてはこちらを参照願いたい
この自主規制は、同プロの他作品「怪奇大作戦」の「狂気人間」などとは異なり、その本編には何ら落ち度は無い。敢えて言及するとすれば、ケロイド状の外見を持つスペル星人の外観くらいのものであるが、内容的にはむしろ原水爆批判とも受け取れる骨太の内容となっているのだ。

それを封印せざるを得なかったのは、原告側の政治的な側面を持つ局所的な批判行動であり(坊主憎けりゃ袈裟まで憎い的な発想。この手の団体の抗議行動にはよくある話)、事を荒立てることを好まなかった旧円谷プロ経営陣の腰抜け対応(臭いものには蓋的な、ありがちな対応)に他ならない。敢えて非常に厳しく批判的な書き方をしているが、まあ、軽く言うなら「大人の事情」というところか。

ところが、この問題に多少雪解けと言える展開が見えて来ていた。
既に5年ほど前の話になるが、ある雑誌記事での対談において、原作者の佐々木守氏(故人)と抗議側のジャーナリストとの間で和解的解決をみているのだ。特に抗議側から『番組を見ずに抗議したのは大きな問題だった』との言及を引き出している点が素晴らしかった。
その時点で、「多少の修正を加えてもいいから復活させて欲しい」という佐々木氏の発言もあり、この後、解禁に向けて大きく期待出来る環境が整ってきた。
しかし、まもなく円谷プロは経営破綻に陥り、経営権が一旦TYOに移ることによってこの動きは一旦鎮静化してしまった。

多分に希望的観測を込めての発言ではあるが、今回、再びオーナーが変わったことで、12話解禁に向けて新たな動きを期待せずには居られないのである。本件は、あくまでも「自主規制」なのであって、公的な「放送禁止」ではない。だからこそ、オーナー変更によってそれらに対する対応を期待出来る可能性が出てきたという事になるのだ。

「ウルトラセブン」ブルーレイ化に当たっては、是非とも「全話収録」の偉業を期待せずには居られない。

それはさておき、本日のお買い求め

三島衛里子 高校球児ザワさん4巻

手原和憲 ミル

けいおん!!OP GO!GO!MANIAC

けいおん!!ED Listen!

| 【怪獣】 | 13:11 | comments(6)
コメント
ウルトラセブン12話については当初は野次馬根性で見たいって感じだったのが、実際に見てしまうと「狙われた街」と比較してしまって、スペル星人のキャラクターにも魅力を感じ無いし内容的にも・・・。な点が多いのは否めません。
しかし、その後のダンとアンヌの関係を考えると無くてはならない作品なのかも知れませんね。
| ミスターK | 2010/04/28 10:04 PM |
確かに、幻になってしまったために変に「実は名作」的な扱いをされている感じは否めないですね。
しかし、ダンとアンヌの関係や、桜井浩子さん出演などを考えると、やっぱり欠かせない一話だと思います。
| 雀坊。 | 2010/04/28 10:21 PM |
 ウルトラセブンには他にも前後編の前編しか製作されず、一部の地方だけ間違って放送された本当の意味での幻の回があります。
 大昔にゼネラルプロダクツ(ガイナックスの前身)が発行した同人誌に載っていたのですが、どこへやったもんだか(^^;。
| 沖せんちょ | 2010/05/01 7:41 AM |
その話、ガセだと思いますよ。
| 雀坊。 | 2010/05/01 10:44 AM |
 当該の同人誌、フィルムストーリー形式をとっていたので、スチルは本物のようでした(後編は絵コンテだけ)。
 実際には放送されていない場面(クリスタルの十字架に貼り付けにされたセブンとか)も結構あったので、フィルム自体は存在していたようですよ。

 でもま、確かにガイナのやることですからねぇ。
| | 2010/05/01 4:49 PM |
既存の放送分の別テイクという事なら分かりますが、このあたりは製作者の発言などもかなり分析され尽くしています。

未発表の前半があり、しかも誤って放送されたという事実があるならしかるべき文章として残っているはずですが、全く見た事がないですからねえ、ちょっと信用できません。

未製作の脚本が14本ほど残っているのまで発見されているのに、作品が半分出来ていて、しかも監督、出演者、製作側全ての人間がそれに言及していないというのはありえないでしょう。ましてや放送されちゃたのなら尚更です。

怪獣まで製作されていながら没になった作品はありますから、スチルはそのあたりから取ってるんじゃないでしょうか。
| 雀坊。 | 2010/05/01 5:37 PM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂