クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
    雀坊。 (03/14)
  • 【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
    coolyscreek (03/14)
  • 8時に全員集合しなかった家
    雀坊。 (02/27)
  • 8時に全員集合しなかった家
    シブメグ (02/27)
  • 艦これにっき(114)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 伊13堀り
    雀坊。 (02/25)
  • 艦これにっき(114)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 伊13堀り
    いけちょ (02/25)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    雀坊。 (02/23)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    いけちょ (02/23)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    雀坊。 (02/18)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    いけちょ (02/18)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 近鉄内部・八王子線に乗る。 | main | 今更YMO >>
シルバー仮面

  長い間、ボックスのみの販売で気軽に入手できなかったオリジナル版の「シルバー仮面」が、1巻ずつのリーズナブルな値段で発売になったので購入してみた。

 実は、私はリアルタイムでシルバー仮面は見ていない。本放送の時は裏番組に円谷プロの「ミラーマン」が控えており、私を含めて我々の仲間うちではみんなミラーマンを見ていたからだ。実は、第一話のみはミラーマンより先行で放送されており、この第一話だけは見たのである。しかし、残念ながらシルバー仮面は、多くの点で子供を失望させる番組でしかなかったのだった。

 まず、画面が暗かったこと。これは後に語られることであるが、色々な事情で画面を暗くせざるを得ないシーンが少なくなかったようである。それについては多くを述べない。
 次に、シルバー仮面自体があまりにも地味であったこと。対するミラーマンも、巨大ヒーローの中ではかなり地味な存在だが、「必殺技を声に出して言う」というアクションが受けていた。だが、シルバー仮面には特筆すべき必殺技が無い。従って、アクションが無言になってしまう。これがダメなんだなあ。
 次に、主題歌がカッコ悪かったこと。ミラーマンの主題歌に比べて、軍隊調でズンチャカズンチャカ演奏する感じのシルバー仮面の主題歌はあまりにもダサかった。
 シルバー仮面誕生の経緯が全く描かれていないのも不満であった。何故シルバー仮面が誕生したのかの説明が驚くほどない。いきなりご都合主義的にヒーロー様の登場では、流石の子供でも何だかなあ、という気がしてしまったのを覚えている。対象年齢を中高生にしたのであれば、もう少ししっかりとしたシナリオを練るべきであっただろう。

 配役としてはなかなか良いメンバーを揃えていたんだが、如何せん春日五兄弟は全員普通の人なんである。対するミラーマンのSGMも武器を持たない民間集団ではあるが、一応それなりの組織体であった。ジープで流浪する五兄弟と、しっかりした本部の中で活動するSGMとでは、勝負は付いていたようなものであった。また、途中で末娘のはるかが登場しなくなってしまい、そのあたりの説明も不十分で、脚本が練られていないイメージを強く持ってしまった。演じる女優さんの病気が原因らしいが、それにしても、である。

 シルバー仮面は、監督に実相寺昭雄を招聘し、脚本は佐々木守と、それなりの人材を擁していたのだが、それが逆に仇になった感じである。今回、久々に見直してみて、これは子供には受けないな、というイメージを強くしてしまった。話が暗い、やたら人物の顔のアップが多い。カット割は凝っているんだが、子供的にはシーン展開が分かりづらくなってしまっている。やはりシリーズ第一話はお披露目的要素を強くし、もう少し明るい話で展開して欲しかったものだ。まあ、実相寺監督では無理な話なんだろうが。

 ミラーマンとの視聴率合戦に負けたシルバー仮面は、テコ入れとして第11話から巨大化し、シルバー仮面ジャイアントとして出直すことになる。巨大化してからは必殺技も増え、そこそこ人気を博したようであるが、一方でミラーマンとの差異が少なくなってしまい、光子ロケットの謎もあっさりと解決してしまって、それも大いに不満であった。

 そんなわけで、今の感覚で見てしまうと穴だらけの番組なのであるが、池谷仙克デザインによる宇宙人はどれも魅力的で、それだけでもこの番組を見る価値はあると思う。
 あと、ミリタリー好きにとっては、春日兄弟が乗っているジープが初代トヨタBJだという点も注目だ。
GMCっぽい感じのする、アメリカンなフロント周りのBJは、今見てもかなりカッコいい。

 宣弘社による特撮番組は、半年の猶予期間を経てアイアンキングを生み出すことになる。こちらはシルバー仮面での失敗をかなり反省して作られた傑作になっており、こちらのDVDも再発売になっているようなので、また機会を改めて紹介してみようと思う。

シルバー仮面 Vol.1 [DVD]
B004NG9WFG


| 【怪獣】 | 17:14 | comments(2)
コメント
 そう言えば、家のどこかに「シルバー仮面」のパイロット版が入ったヴィデオ(市販品)があったはず....。

 懐かしいですねぇ。
| 沖せんちょ | 2011/06/21 10:07 PM |
ミラーマンのパイロット版は持ってます。主人公役が柴俊夫。
| 雀坊。 | 2011/06/21 11:43 PM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂