クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

ねずきゅうBLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記


雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記(更新停止)

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< ノートパソコンを買う。 | main | 深沢七郎の風流夢譚 >>
DVDリッピング違法化を考える

  2012年10月から、いわゆる「DVDリッピング違法化」法案が成立した。
この表現はちょっと正しくないんだが、それについて語るつもりはない。

 実は昨日、ちょっと用があってDVDリッピングについて調べていたのだが、「DVDリッピング違法化」については非常に謝った認識が一般化しているようなので、自分の考えをまとめる意味や、備忘録的な意味も含めて、ここに書いておくことにする。

 まず第一に、何が違法なのかという事について。

 ビデオテープにプロテクトが掛かっていなかった時代から、「セルビデオを勝手にコピーして売る」のは違法であった。これは誰もが納得するところ。
 しかし、「レンタルビデオを勝手にコピーして家に置いておく」ことも、当時から違法であった。これは気付いていない人が意外と多いのだ。

 「自分で買ったビデオのコピーを作って保存しておくこと」は、現在でも違法行為ではない。それを他人に見せたり、売ったりしたらもちろん違法であるが、自分の所有物のコピーを作ることは全くもって違法ではない。
 だが、レンタルビデオは違う。これは「自分のもの」ではないので、これのコピーを作って家に置いておくことは違法である。他人の所有物を勝手に複製して自分のものにすることは、昔から許されていない。ただ、著作権上は違法であるが、それに対しての罰則はない、というだけの話だ。

 じゃあ、自分で買ったDVDのリッピングだって問題ないんじゃない?

 実はそのとおりだ。DVDであろうが、ビデオであろうが、バックアップとして、自分の所有物のコピーを作成することは、全くもって違法行為とはいえないのだ。

 では、一体何が違法なのか?

 DVDを複製するためには「複製防止のためのコピーガードを解除」しなくてはならない。コピーガードを解除しなくても複製は可能だが、それだと再生出来ないので複製の意味がない。だから、コピーガードを解除するわけだが、実は、その解除行為が違法なのだ。

 何度も言うが、自分で作ったBDやDVDの「バックアップを取っておく」ことは違法ではない。例えば自分で作った動画をコピーする行為は全く違法ではない。コピーガードが入ってないからね。だが、市販の、他者に著作権のある媒体のバックアップを取っておくことは許されなくなってしまった。

 いや、元々コピーガードを解除しての複製は違法だった。ただ、DVDに関しては、いわゆるCGMSやマクロビジョンなどの、「複製をさせないためのコピーガード機能」を解除することは違法とされていたが、「アクセスコントロールや視聴回数制限を設定するための」CSSという仕組みの解除については違法化されていなかったのだ。

 リッピングという行為は、コピーガードを解除せず、CSSのみを解除してパソコンに取り込む機能であった。CSSの解除は著作権法上違法とされていなかったため、大手を振って、自分で購入したDVDの複製が出来たというわけである。(もちろん、レンタルDVDを複製したら違反だ)

 メディアがデジタル化されることによって、例えばアニメのDVDを買い、それをリッピングして保存し、買ったほうのDVDは売ってしまう。しかし、手元には複製されたDVDが残っているので、いつでもセル版と同じクオリティのままの映像で、それを見ることが出来る。

 これは表面上、全く違法な行為ではないように見えるが(実際は、原盤を売却した時点でコピーも廃棄しなければならないので違法)、心情的には、そのような複写行為そのものも、著作権上は違法という形にしたい。だから、アクセスコントロールのための機能の解除も、違法化しましょうというのが今回のDVDリッピング違法化の骨子である。

 一方、DVDの複製と、違法ダウンロードとは全く意味が異なる。これは充分に認識しておくべきだ。

 レンタルDVDの映画を借りてきて、私的にコピーしたら、それは著作権侵害となり、違法である。これは、ビデオの時代から変わっていないことだ。但し罰則はない。

 しかし、ネット上にアップロードされている映画を「違法で」ダウンロードしたら、これは
違法であり、かつ犯罪である。二年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金刑に科せられる。

 レンタルで借りたCDを、iPodに入れて聴くのは違法行為だが罰則はない。だが、違法ダウンロードサイトからダウンロードした音楽を、iPodに入れて聴いたら違法行為の上に罰則があるという事だ。この違いは大きい。

 最近の若者はDVDやCDなど借りず、ネット上に流れている映画や音楽をダウンロードして楽しむケースが多いようだが、その元ネタが違法にアップロードされたものだったら、犯罪行為であり、罰則もあるのだ。そのことは忘れないようにしたい。

 ところで、最近のTBS系のDVDのコピーガード、かなり最新の技術を使ってるようで実に癖が悪いんだな。これだからTBSは(以下略 

| 【TEXTSTYLE】 | 11:26 | comments(4)
コメント
ちょうどリッピング違法について調べていましたらこちらにたどり着きました。とてもわかりやすかったです。
CSS解除が違法という事は、例えば自分の買ったDVDをパソコンに取り込み、変換し、タブレットで再生するのも違法という事ですよね。
自分で買った物を外出先で見たいというのは普通の考えかと思うのですが。
何かディスクグラバーはCSS解除をせずコピー可能なのでOKとか言われていますが、どうなんでしょうね…
| k | 2013/05/22 11:38 PM |
こんにちは、お役に立てて何よりです。

おっしゃる通り、自分の買ったものを変換するのも違法となってしまいましたが、「罰則」はないのでお目こぼしという感じでしょうか。

ディスクグラバーは、単純に複写する技法なので、これは違法ではありません。私も複製保存のために、これを使っています。

著作権保護というお題目ですが、現実的には、業者側のゴリ押しとしか思えません。こういうことを簡単に法制化してはいけないと思いますけどね。

| 雀坊。 | 2013/05/23 8:57 AM |
著作権とは著作者の経済的権利の保護というのが本来の目的だったはずですが、法律の規制が強くなればなるほど、実際には個人の著作者の権利は、むしろないがしろにされる傾向にあり、その分販売業者の権利ばかりが増大しているように思えます。
でも、ディスクグラバーを紹介した個人ブログの多くが、「合法的にレンタルDVDをコピー!」と唄っているのには驚きました。こうした無理解は、よりいっそうの規制強化につながって、結局利用者側の不便に返ってくるように思えます。

デジタルコンテンツは、これからもずっとこうした問題に悩まされていくのでしょうが、究極のアナログ媒体である書籍は、ずっと購入したものを自由に転売できる権利まで保証されていました。これが昨今デジタルデータ化されるようになって、にわかに窮屈になってきました。電子書籍化の波は、いずれは書籍そのものの流通(特に古書)も縛ってきそうで、非常に危惧しています。
| フロスト | 2013/10/16 9:42 AM |
コメントありがとうございました。
現在の著作権法は悪化する一方です。クリエイターをないがしろにし続けると、やがて何も生まれなくなってしまいますね。
私はそれを危惧します。
| 雀坊。 | 2013/10/16 12:54 PM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂