クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< ナイスピッチだったけど、一試合くらいじゃ信用できんぞぉ | main | 艦これにっき(46) 龍驤育成 >>
栃木女児殺害事件に思う
2005年、栃木県今市市で起こった女児殺害事件が、急転直下解決した。
まさかの犯人逮捕である。

この事件は物証が少なく、事件発生からすでに9年が経過しており、迷宮入りしたものと思っていたのだが、犯人を追い詰めた警察の途切れぬ努力に頭が下がるばかりだ。

だが、警察の記者会見は、まるで謝罪会見のようだった。9年も解決できなかったことに忸怩たる思いがあり、謝罪を行ってしまったのだろう。それはある程度理解できるが、もう少し胸を張っても良かったのではないだろうか。9年かかったにせよ、解決できたことは喜ばしい事実なのだから。

情報によると、この犯人は早期の段階でマークされていたが、とにかく物証がない。だが、別件の商標法違反容疑で逮捕された。2月に起訴され、現在公判中とのことだが、起訴勾留中に有希ちゃんの連れ去りへの関与を認める供述をしたようだ。その意味では、犯人は墓穴を掘ったんだなあ。

拘留中にどのような取調べがあったのかは定かではないが、マークしていた人物だとすると、別件逮捕的な流れの中で、自白したのは確かなようである。まず、犯人であることは間違いないと思われるが、取調べの内容次第では嫌な方向に進みそうな気がしないでもない。自ら話し出したというような情報もあるが、少なくとも自白の強要のようなことにならないことを望むばかりだ。

今後、動機の解明など難しい問題が残っているが、きちんと決着をつけて貰いたい。

 
| 【事件】 | 19:46 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂