クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 今時のアイドルには、プロ根性が無さすぎる。
    雀坊。 (06/18)
  • 今時のアイドルには、プロ根性が無さすぎる。
    レオン (06/18)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    雀坊。 (06/14)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    彗星丈二 (06/14)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    雀坊。 (06/14)
  • 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール
    レオン (06/14)
  • 艦これにっき(127)久々にランク入りに挑戦(4) 長門改二と最後の追い込み
    雀坊。 (06/11)
  • 艦これにっき(127)久々にランク入りに挑戦(4) 長門改二と最後の追い込み
    いけちょ (06/10)
  • 艦これにっき(126)久々にランク入りに挑戦(3)ひたすら5−4周回。
    雀坊。 (06/08)
  • 艦これにっき(126)久々にランク入りに挑戦(3)ひたすら5−4周回。
    いけちょ (06/08)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 艦これにっき(74) 任務には意味がある、、、と思う。 | main | オリンピックロゴのパクリ疑惑に思う事。 >>
サンダーバード ARE GO
NHKで始まった新作サンダーバードシリーズ、「サンダーバード ARE GO」を見た。
旧作と違い、CGを取り込んだ作品なのだが、キャラクター造形が旧作の操り人形を踏襲したデザインになっていて、さほど違和感がない、、、と思いきや。

中途半端に似ているという事が、これほどの違和感を煽る結果になるとは皮肉なものである。

突っ込んでいくとキリがないのだが、わたし的に気になった点をいくつか指摘しておこう。

根本的な問題は、構成とシナリオの悪さである。

まず、救助に対する姿勢が悪い。
人命救助第一でしょ?途中で発見したビーコン追っかけてるんじゃないよゴードン!!
全体的に軽いしなあ、軽いノリは似合わないんだよな。くっそ真面目な奴らが時々おどけるから妙な味が出るんであって、全編おちゃらけでは辟易とするだけだ。

軽さという意味では、危惧していたメカの重量感も、思った通りの軽さで残念であった。これはCGの最大欠点なんだけれども、旧作にあった、重さの表現というのが皆無。重さを表現できていない特撮は、悪いけど二流だ。

シナリオも良くない。
事故に至る過程が全く描かれていない。起承転結が無いんだよね。まず、ゲストのスーパーメカが出てきて、一通りその凄さを説明して、それが些細な(ここ重要)トラブルから大事故を引き起こして絶体絶命。通常の救助では役に立ちそうもない。そこで、国際救助隊に支援を求めて、満を持してサンダーバード登場ってのが基本シナリオなのであって、それをガン無視していきなり出てっちゃうのは如何なものか。

初回の海底探査メカは、スペース1999のイーグル1っぽい感じのデザインで、「おっ、デザイナー分ってるな、やるじゃん」てな感があったんだけど、あのメカが全くの脇役になってしまっていて残念。まずはあれで海底探査する所をじっくり見せないとダメでしょう?
ハラハラドキドキさせられて、サンダーバードが登場するも、一回失敗して(ここ重要)、時間が無くなって、最後のトライで何とかギリギリセーフで救助!というスリルがサンダーバード最大の魅力なんだから、そこを蔑ろにしてはいけない。

第2話の、台北の反射鏡のトラブルについても良く説明されていない。我々は旧作を見ているから、ああ、太陽反射鏡の話のリメイクだなと分かるんだけど、初見の子供たちは、なぜあれが問題なのかちゃんと理解できただろうか?そもそも、あの施設は何?それと、いきなりブレインズが説明しちゃダメでしょ?地震があって、反射鏡がずれて、職員がその問題を発見して、まずい!このままでは台北の町が燃え尽きてしまう。何とかしなければ!そうだ、サンダーバードを呼ぼう!ってのが基本なんだから、呼ばずに出てっちゃダメでしょ?

その点、3話めのペネロープ&パーカーによる宇宙機雷の停止キーワード探しの物語は良くできていた。オチも旧作っぽくて良かったね。この回の脚本はIan Carneyという人だが、残念ながら今のところ、この1話のみの参加。1、2話の脚本を書いたロブ・ホージーって人が全体構成を見てるみたいだけど、構成がダメで1、2話の脚本がダメって、全部お前の才能が無いせいじゃんかよ。イギリスの花田十輝だな(おっと失言)。

1、2話でゲンナリしたのだが、3話で少し持ち直した。これは、シナリオさえ良ければ名作になる。毎回違う脚本家のシナリオになるようなので、出来不出来がはっきり分かれる可能性があるけれども、少し期待が持てそうだ。

次に、個々のキャラクター設定が微妙にダメ。
特にペネロープがなあ。大富豪のお嬢様ですよ。あんな成金娘っぽい外見と言葉遣いじゃないのよ。黒柳徹子さん(旧作でペネロープの声を充てた)は偉大だったなあ。特に外見は、もう少しお姫様っぽくしてもらいたい。オードリー・ヘップバーンみたいな感じでなければ!
むっちゃくちゃカッコいいパーカーにも驚いたが、あれはあれで良い。が、もう少し執事っぽくすべきかな?

それと!料理の物凄く下手なおばあちゃん!!逆でしょ?!全然違う!!まあ、これは意図的なんだろうけどねえ。3話見た限りでは、パパが居ないのだけれど、これは何か新しい設定なのだろうか。

そして最大の違和感はBGM。高揚感まるでなし。オープニングこそ、旧作のメインテーマを今風にアレンジしなおしていたが、本編では旧BGMは全く使用されず、いかにもやっつけ的なBGMが流れていたが、やっぱりバリー・グレイの壮大な音楽をそのまま(演奏はもちろんやり直しでいいけど)使って欲しかったものだ。メカに合わせた音楽の使い方が全く出来ていない。
ヤマト2199がオリジナルBGMを使って成功したのを見習って欲しかったが、イギリスの作品に言っても仕方ないか。

メカについては、前述した「軽さ」がとても残念であるけれども、ミニチュアを併用したという特撮シーンは、良い部分も多々あった。1号と3号の発進シーンは良かったね。特に飛び立ってからの後追いで見上げる構図にはシビれた。いいシーンであった。
逆に2号はダメ。分かってねえよ、動きが早すぎるんだよ。カタパルトから発進するときは、一回少し浮き上がってから軽く沈んで、ゆっくりと滑るように飛び立たないとダメだよ。こちとら穴の開くまで旧作見てるんだぞ、そういうとこ、異常なくらいこだわれよ。(粘着質)

とまあ、不満タラタラなのであるが、本国では好評で全26話が放送予定。さらに第2シーズンも予定されているという。次回は9月の連休と、少し間が空くのだけれど、今から楽しみである。



| 【映画・テレビ】 | 10:33 | comments(2)
コメント
音楽に、あのワクワク感がないんですよねぇ。
それに、ミッションインポッシブルやダイハードを経たわけですから、吊り人形(や実写)に出来なくてCGに出来る可能性(アバターみたいな)を見せて欲しいと思うのはゼータクでしょうか。
あのサンダーバードを名乗るんだったら・・・
| あららぎ | 2015/08/25 12:00 AM |
あららぎさん、 確かにCGに出来る可能性をもう少し追及して欲しいという部分はありますねえ。メカ造形にしても、過去の制約を超えたデザインを見てみたい気がします。
| 雀坊。 | 2015/08/25 8:42 AM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂