クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    雀坊。 (09/20)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    いけちょ (09/19)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    雀坊。 (08/30)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    いけちょ (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    雀坊。 (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    いけちょ (08/28)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    雀坊。 (08/25)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    いけちょ (08/24)
  • 艦これにっき(136) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E6攻略
    雀坊。 (08/21)
  • 艦これにっき(136) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E6攻略
    いけちょ (08/21)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 「のうりん」ポスター問題 | main | 徳島高松珍道中(2) こんぴら参り >>
徳島高松珍道中(1) 大塚国際美術館
貯まっていたANAのマイレージが期限切れになりそうだったので、四国まで旅行に行ってきました。これは、その備忘録を兼ねた日記です。

***

4日(金)、有給休暇を取って二泊三日の徳島高松旅行に出発した。早朝のリムジンバスに乗車したのだが、最後に乗ってきたジジババ団体が全く要領を得ず大混乱。5人乗車なのに、先に乗った一人がICカードで支払い、次のおっさんが3人分をまとめてキャッシュで支払う。計4人分しか払っていなくて揉める。この時点で混乱しまくっており、発車ダダ遅れ。周辺の人たちからイラつく雰囲気が漂ってくる。ただでさえ遅れ気味な朝なのにねえ。思えばこれがケチのつけ始めであった。

中央高速は国立府中から混んでおり、結局、永福町までノロノロ状態。どうやら故障車渋滞の模様。ところが、そこから新ルートの山手トンネルに入ると、いきなり快調で、結局1時間40分くらいで羽田空港に到着。

時間に余裕を持たせておいたので、1時間以上間がある。とりあえず、検査場を抜けて中に入り、ゲート近くのスタンドで一服。ここでまずビール(笑)

待っている間に、他の出発便に乗り遅れたお爺さんがいて、ギリギリ間に合わなかった。何とか次の便に切り替え出来たようだったけれども、朝はこういう事があるから余裕を持って出たいものだね。今回はリムジンバスを選択したが、電車で行っていたら中央線がアウトだったようなので、これはラッキーだったのかもしれない。まあ、南武線+京急という迂回路もあるけれど。

機内に乗り込むと、今度は標識灯に亀裂が入っていたとかいうトラブルで、離陸が30分遅れる。到着先の乗り継ぎは路線バスなので、30分遅れだと待っていてくれないだろうなあ。

30分遅れで徳島空港到着。バスは当然のごとく出発していたので、ここからタクシーで大塚国際美術館へ。「安いほうがいいでしょう?」ということで、バイパスルートではなく下道を選択したのだが、結局あまり変わらなかったのではないだろうか?

で、いよいよ本日の目的地、大塚国際美術館に到着。

ここは、大塚製薬グループの創業75周年記念事業で建てられたもので、世界中の名画を陶板に焼き付けたものを展示してある、いわば贋作美術館である。
陶板複製なので、劣化に強く、そのために写真撮影なども可能である。世界中の名画が一同に会しているので、なかなかの圧巻であった。



特に、入館してすぐに展示されている、バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂を再現した部屋が素晴らしかった。ここは年代順に美術品が展示してあるのだが、とてつもなく広いので、古代展示に時間を取られていると、現代美術までたどり着く前にへたばってしまうだろう。そこで、古代を見たのち、一旦食事してから近代〜現代を見て、途中休息を挟みつつ、中世に戻ろうという計画を立てた。



ミケランジェロの「最後の審判」レオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」などは、修復前と修復後の姿が展示されており、その違いが楽しめるほか、ゴヤの「裸のマハ」「着衣のマハ」が並んでいる所なども見どころだった。



入場料が日本一高い美術館であるが、それだけの価値はあると思う。

周囲には何もないところなので、館内で昼食。「悪(ワル)のランチ」というのを頼んでみた。「悪の美術」というテーマイベントを開催中だったので、それにちなんだものである。



当初、時間があれば鳴門の渦潮見学をするつもりであったが、渦潮側の入口が閉鎖になってしまっていたのと、飛行機の30分延着が響いていたので、この美術館の見学だけで本日終了とし、宿泊地の高松に向かうことにした。
当初はタクシーで高速バス乗り場まで行き、高速バスを使う予定であったが、多少時間に余裕が出来たので、電車でも行けそうな感じである。
そこで、タクシーを呼んで、鳴門駅まで向かって貰った。

最初にタクシーの運転手さんに「鳴門駅44分発に乗りたいのですが、大丈夫ですか?」と聞いてみたところ、「大丈夫ですよ」という返事だったので安心していたのだけれど、なんだか途中で雲行きが怪しくなってくる。70キロくらいで飛ばしていたのだけれど、前にノロい軽自動車がいて、詰まってしまった。あとは時計とにらめっこ。
とりあえず妻に、最低区間でいいから切符を買っておいてと指示して先にタクシーを降りて貰うが、何とか5分前に到着することが出来た。今回、一番ヒヤヒヤした瞬間であった。
どうも今日は交通機関との相性が悪い。



鳴門からJR鳴門線に乗車。1両編成のディーゼルカーだ。途中駅から高校生が乗って来て、通学列車と化す。田舎の女子高生は、色々とおおらかである(意味深)。
1時間くらい乗って、徳島に到着。ここから折り返して特急うずしおに乗って高松へ。
徳島駅で指定券を買おうとしたが、売り切れで自由席になった。混んでいるのかと思い、焦って改札に入って、既に入線していた列車を見ると、何と2両編成。指定はそのうち片方車両の4列だけという話。なるほど、それなら指定はあっという間に満席になってしまうなあ。
少し時間があったので、2人掛けの席に並んで座れたが、その後わらわらと客が乗って来て、すぐに満席になってしまった。徳島駅でのんびりしていたらアウトだった。



高松まで約1時間爆睡。今晩の宿は、駅前のJRホテルクレメント高松である。
チェックインの後、晩御飯を食べに外出したが、その話は「出張めし」にて。

<つづく>
| 【旅】 | 12:52 | comments(5)
コメント
さあ優雅な旅日記拝見…と思いながら読み始めたら…かなりの珍道中日記になってて笑いました(すみません笑)「悪のランチ」に興味津々、なぜこれがワルなんだろう、ワルい奴らがくだまきながら食べそうなイメージだから?(笑)珍道中日記の続きが楽しみです(^.^)
| おたき | 2015/12/07 11:08 PM |
おたきさん、

初日は本当に珍道中になってしまいました。
悪のランチは、「悪魔風」なのだからだと思います(笑)
| 雀坊。 | 2015/12/08 6:05 AM |
悪魔風&#128520;ですか(笑)この美術館、なかなか興味深いですね!おもしろい。四国旅行日記2に出てきた金比羅さんも実は行ったことがないので、大塚国際美術館・金刀比羅宮・讃岐富士の遠景・神椿資生堂パーラーのプリンアラモード・琴電仏生山車庫(笑)のフルセットでいつか私も旅してみたいなぁと日記を読んで本気で考え始めました(*^_^*)

芸術好きの奥様&#127912;と電車好きの(と大雑把な分類で書いたら怒られる?笑)ダンナ様&#128643;、の各々が一度に満足できる旅のチョイスが素敵です&#10024;
| おたき | 2015/12/09 1:30 AM |
上のコメントに入れた絵文字がすべて文字化けしてしまったようで失礼しました(;^_^A汗
| おたき | 2015/12/09 1:33 AM |
おたきさん、 感想ありがとうございます。是非一度、おすすめです!

ブログの設定の関係で、絵文字は表示できないようです。すみません。
| 雀坊。 | 2015/12/09 11:16 AM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂