クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    雀坊。 (12/10)
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    いけちょ (12/10)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    いけちょ (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    いけちょ (11/30)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    雀坊。 (11/26)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    いけちょ (11/25)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    雀坊。 (11/24)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    いけちょ (11/23)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 夫婦別姓なんでどうでもいい。 | main | ライブに関するあれこれ。 >>
STARWARSに関する独り言。
公開前、期待の大きかったSTARWARSの新作。Googleまでグルになってのお祭り騒ぎに、ちょっと引いてしまった。こうなると天邪鬼な私はダメなので、余計な事を言って墓穴を掘らないように、しばらく静観を決め込むことにした。

期待が大きければ反動も大きい。

江川達也あたりが、そもそもSTARWARSって脚本がダメだろ?とか言い出したあたりから、妙な批判めいたものが増えてきて、そういう事も気に入らない私は、さらに静観を決め込むことにした。

公開から一週間。賛辞も批判も、そろそろ沈静化してきたようなので、STARWARSに関する話を書くことにする。

***

まず、私個人は新作のEP7はおろか、EP1〜3も見ていないので、これらについて優劣を語る資格を持たない。見ていないものに対して感想は述べられないので、今から語るのはEP4〜6についての話になる。

1978年、いわゆるEP4が公開されたとき、私は劇場に足を運んで3回見た。凄い映画であった。
当時の特撮技術を駆使して作った素晴らしい宇宙空間の映像に心を奪われた。

冒頭、20世紀FOXのテーマに続いて流れるタイトル。そしてメインタイトル。そのバックを流れる壮大なオーケストラのBGMが始まり、宇宙空間を絨毯のように流れていくイントロのロールに繋がっていく。その、ロールが終わると、小さな宇宙艇が逃げていき、後ろから巨大な宇宙戦艦が追ってくるシーンが始まる。

この宇宙戦艦が凄かったね。いつまで経っても姿が切れない。どんだけデカいんだよ。もう、このワンシーンで掴みは完璧であった。

良く見ると気持ち悪いだけのC−3POの顔も、お姫様というには微妙なレイア姫も、ドイツ軍かよ!と言いたくなる帝国軍の衣装とか、ダースベイダーのヘルメットなんかも、実に些細な事のようにしか思えなかった。

脚本がダサいとか何とか、そういうのはどうでも良かったね。とにかくあらゆる意味で画期的な映画だったんだから。

最後のデス・スターへ突っ込むシーンも素晴らしい出来だった。一回失敗してラストチャンスに賭けるというのが、サンダーバード同様に娯楽作品の定石を守っていて、アクション映画としても見ごたえのある作品に仕上がっていたと思う。

EP4の熱狂が終わって3年後、EP5「帝国の逆襲」が公開される。これも封切りと同時に見た。が、EP4ほどの熱狂は無かったなあ。TO BE CONTNUE と言わんばかりの中途半端なエンディングにガックリ来たし、新キャラクターのヨーダも気持ち悪いだけだった。(個人的見解だが、総じてSTARWARSの宇宙人やロボットデザインとは相性が悪い)

続編は名作たりえない、という映画のジンクスは、ここでも覆らなかったと思った。

そしてまた3年。EP6のときには、STARWARS熱は殆ど醒めていた。これだけは封切りと同時ではなく、ちょっと遅れて見た。
ダースベイダーがルークの父親っていうだけでも残念なシナリオだったのに、まさかレイア姫が妹とはね。そりゃないよね。子供だましと言われても仕方ないように思った。でも、子供には楽しめる作品になっていたと思うし、そこはそれでいい。

個人的にはさほど評価していないEP6だけれども、一応3部作の完結という事で、それなりの結末をきっちり纏めたという意味では十分に評価できる作品であった。

・・・1997年までは。

1997年、これら3部作に新たなCG加工を加えた特別篇がリリースされた。
言語道断の改変であった。

EP4を見ただけで幻滅し、5、6の特別篇は見ていなかったのだけれど、今回、おさらいの意味で見ることにしたのだが・・・

EP4は、あの当時の技術でここまでやった、というのが素晴らしかったのだ。それに手を加える必要はない。しかも、不用意に中途半端なCGだらけ。CGというのは飽きが来る。1997年頃のCGは、さらに発展途上だったから、現在の尺度で見ると明らかに不自然で見劣りがする。
夢をいじるなよ。チャチな特撮でも、我々は脳内補正が出来るのだ。公開当時のままでいいんだよ。
そこを、ルーカスは勘違いしたんだね。

特にEP4での、デススター攻撃のシーンが全面的にCGになっていて興ざめ。あそこはさあ、模型のままでいいんだよ。俺が劇場で感動したSTARWARSを返してよ。

しかし、今回5と6の特別篇を見て、さらに驚愕した。特に6!!最後!!
ヨーダとオビワンと、もう一人ベイダーの仮面を脱いだ姿があったところに、変な若いのがいるじゃんよ。誰だよあれ?知らんぞ。

どうやら、EP2とか3でアナキン役を演じた人が出てきているらしいのだ。
それは無いだろう。いきなりEP6から見る人は少ないと思うけど、そういう人たちにも配慮すべきだよね。STARWARSは、STARWARSのファンのためだけのものではないはずだ。

いかんなあ。

しかも、DVDって、このバージョンしか出てないらしい。最悪ではないか。俺のSTARWARSを返せ。


| 【映画・テレビ】 | 15:55 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂