クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 親がゲーム機を破壊するのはDVか? | main | 不調 >>
CP+に行ってみた。
こう見えても、カメラ業界の端っこのほうに居たりするのである。
まー、カメラの仕事から離れて長いのであるが、一応つながりが無いわけでもないので、カメラ関係のイベントには、それなりの関心がある。

で、今年のCP+。幾つか気になるカメラが出品されるという事なので、仕事の都合をつけて初日に行ってみた。以下、ごく簡単なレポートを。時間の関係で、全てのメーカーブースをじっくり回れなかったのが残念であるが、見たいものは大体見たので満足である。

諸般の事情で、ちゃんと撮った写真は、ネットにはアップできない点をご了承下さい。

まずはオリンパス。



本日発売となるペンFデジタル。思った以上に見た目がオールドカメラっぽいのは好印象であったが、昨今のオリンパスのカメラ同様、各ボタンの配置ならびに操作性が、相変わらず「いかにもオリンパス」なのであった(深くは追及しない。オリユーザーなら分かると思うが、その通りなんだよ小林君)。もう少しボタン減らせなかったかなあ?
でも、これでAPS−Cなら即買いなのだが。3年後の中古狙いという感じ。

続いてソニー。
α6300と新レンズGマスター。どちらもそんなに興味ないのだったが、ペンFを見たあとでα6300を見ると、そのボタンのスッキリ度で好感度抜群。いや、これが普通なんだけどさ。
Gマスターは、ソニーのカメラ持ってないし、値段的に興味ないのでスルー。

キヤノン。
EOS−1DX MarkIIに、EOS80Dを展示。80Dの視野率100%は、やっとかよという感じだが、それ以外にも45点測距とか細かいブラッシュアップがある模様。ただし、派手な印象が無く損をしている感じ。高感度域での再現性が、フルサイズと比べてどれくらいなのかね。

ニコン。
D5とD500の体験コーナーが人気。時間が無いのでスルーせざるを得なかった。まあね。

ペンタックスっていうかリコー。



今回一番気になっていたK−1。体験コーナーは何と40分待ちという長蛇の列。今回は一般入場で入ったので裏技使うわけにもいかず、リコーになってから知り合いもほとんどいなくなってしまったので、外側からチラ見するにとどめた。
写真より実物のほうが遥かにカッコイイ。斜め後から見るとまさにバケペンで、なるほどなあという感じ。10年前にこれが出てればなあ。
GRは全く興味ないので華麗にスルー。

シグマ。
実は今回一番興味を引いたのがシグマのブース。
ELECTRONIC FLASH EF-630はOEMかと思ったんだけど、自社製なのかなー?
マウントコンバーターMC-11は、キヤノンEFマウントをソニーEマウントボディでAFAE連動するというすぐれもの。中華に先鞭があるんだけど、中華マウント怖いからねえ。とりあえず国産というだけでも興味深いんだが、その前にソニーのボディが無い。



そして大物?シグマsd Quattro。APS−HサイズとAPS−Cサイズの2モデルがある。フォビオンセンサー好きには堪らないカメラだろうが、シグマSAマウントのみっていうラインナップがね。写真がボケボケで申し訳ないけど、わざとだかんね。
裏面が結構ごちゃごちゃしていて、気になる人は会場で見てね。実物は思った以上に糞デカイ。しかもSAマウントだからフランジバックが長すぎて(以下略)。

富士フイルム。
X-PRO2のみだったかな?特に新しいものも無いようだったのでスルー。

パナソニック。
話題のコミュニケーションカメラCM-10。思った以上に薄くて大きい。1インチである必要を感じなかった。もう少し素子サイズ小さくしていいから本体も小さく出来ればね。レタッチやLTEは、必要ない人もいるので、そのあたりの機能を殺した廉価版があればね。

タムロン。
SP90のモデルチェンジ、F017を見たかったのだけれど、残念ながら時間が無かった。

カシオ。
スマートウォッチWSD-F10が人気。
EX-ZR3100でラテアートを撮影する趣向。
唯一コンパニオンさんを撮ったw



日本カメラ博物館。
某氏を表敬訪問。4日間ご苦労様です。

そんなわけで、例年になく気合の入ったメーカーが多かった印象です。
体験コーナーはどこも激混みなので、触りたい人は覚悟して行きましょう。

 
| 【カメラ】 | 11:24 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂