クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    雀坊。 (09/20)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    いけちょ (09/19)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    雀坊。 (08/30)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    いけちょ (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    雀坊。 (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    いけちょ (08/28)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    雀坊。 (08/25)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    いけちょ (08/24)
  • 艦これにっき(136) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E6攻略
    雀坊。 (08/21)
  • 艦これにっき(136) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E6攻略
    いけちょ (08/21)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 金属恵比須ライブ プログレフェス「新世代への啓示」 | main | 恐ろしき四月馬鹿 >>
とみさわ昭仁さんの「無限の本棚」
マニタ書房店主で、ライターのとみさわ昭仁さんの新刊、無限の本棚を読んだ。

この本は、とみさわさんの自分史にもなっているのだが、彼がどうやって特殊古書店というちょっと変わった古本屋さんを営むようになるか、そして、コレクターとは何かを独特の視点から書いている。
コレクションに興味のある人は勿論、興味のない人にも面白く読んで貰えるに違いない。ほんの少しだけ、私も情報提供したので、お役に立てて光栄である。
是非、たくさんの人の読んで貰いたいと思う。

下手な感想を書くより読んで貰ったほうがすぐに本書の面白さが分かると思うので、それについてはあまり書かない。

それよりも、とみさわさんがマニタ書房を開いたとき、驚いたことが2つあったので、それについて書いてみようと思う。

ひとつは、この古本屋さんに並んでいる大半の本の原価があらかじめ分かっているという事だ。
何しろ、店主自らブックオフという仕入れ先をネタにしているのである。従って、マニタ書房に置いてある本の仕入値は108円であることが多いというわけだ(もちろん、そうじゃないのもあるでしょう)。

だから、マニタ書房の本の多くは、原価108円で、そこから値付けされていると思って、ほぼ間違いない。

勿論、全国各地のブックオフを回るわけだから、そういった経費も馬鹿にならないと思うので、そういうものを原価参入すれば、立ちどころに仕入値は300円以上になるだろう。

しかし、最近の人はそんな複雑な計算をしない。108円で買ったものを1000円で売ったらボッタくり!と思うんだろうな。だからそういう事を考えちゃう素人は、マニタ書房で本は買わないんじゃないだろうか。これって、物凄い客の選別方法だと思う。

マニタ書房に置いてある本は、稀覯本は少ないかもしれないけど、そう簡単に見つかる本ではないものも多い。だから、客は108円という仕入価格をベースに、とみさわさんが設定した値段を見て、その価値を判断することになる。

ものによっては市場価格より安いかもしれないし、逆に高いものもあるかもしれない。まあ、大半はブックオフで108円で売ってる本だからね。自分で探せば108円だよね。

しかし、それを探し出す労力を換算すれば、間違いなく売値以上の価値があることだろう。そんな計算をするかどうかは別として、そこを、客は試されているのだ。

これはある意味、とても怖い事である。逆に言えば、とみさわさんと価値観が共有出来れば、その本は買うと思うし、ずれていれば買わない。つまりそれは、自然ととみさわさんに近い価値観の持ち主が常連客となっていくわけで、店主好みの客が育ちやすい環境が作れるという事だ。

これは、ある意味古本屋さんにおける常連客育成のパターンのひとつではあるんだが、自分の欲しい本の品揃えという「趣味性」の共通点と、値付けという「価値観」の共有が同時に図れるわけである。

その意味で、ブックオフで仕入れて売るという形を作り、それを公言したのは、偶然かもしれないけれど、かなり「当たり」の行為であったと言えるだろう。それが意図していたものだとするなら、もう脱帽するしかない。

もう一つは、買い取りをしないという事だ。
自分の目利きで選んできた本を売るだけの店。それがマニタ書房である。

なんだ、それって結局とみさわさんの本棚じゃない。
僕らはとみさわさんの本棚から本を抜き取って買っているだけなのだ。

それに気づいたとき、とても羨ましいなと思った。
マニタ書房は、とみさわさんの蒐集欲を見たしつつ、自らの商売になっているという意味で、コレクターが到達すべき究極の店のひとつになっているのだ。

趣味で集めている本の2冊目を買う事はない。だが、マニタ書房店主は、その本が売れたら堂々と同じ本の2冊目を買う事が出来る。同じ物を何度も買う喜び!これ、本当に羨ましいんだよなあ!まさに無限の本棚というタイトルがドンピシャリで、なるほどと感心してしまった。

素人の我々は、いくらブックオフが好きで、毎日のように通っていたとしても、同じ本を2冊買うことはまずない。まあ、稀覯本が108円でブックオフに並んでいたら、買ってその足で古本屋に持って行ったりすることもたまにはあるけれど、「せどり」を職業や趣味にするつもりはないし、古本屋に持っていくのも面倒くさい。ましてやヤフオクなんかで売るのは効率が悪すぎる。

でも、とみさわさんはそれが職業だ。仕入れた本に値段をつけて店の棚に置くだけ。すぐに売れるかもしれないし、ずっと本棚に残っているかもしれない。しかし、売れればまた同じ本を買う事が出来る。まだ本棚に残っていても、予備として仕入れておくこともできる。

普通、商売を行う人にとって、仕入れは単なる商行為に過ぎない。でも、とみさわさんはその仕入れ作業までも趣味にしているのだ。こんな羨ましいことはないよ。


無限の本棚: 手放す時代の蒐集論
とみさわ 昭仁
4757224591
 
| 【本】 | 17:12 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂