クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(122)出撃!北東方面 第五艦隊 E5攻略 最終戦!
    雀坊。 (05/13)
  • 艦これにっき(122)出撃!北東方面 第五艦隊 E5攻略 最終戦!
    いけちょ (05/13)
  • 艦これにっき(123)出撃!北東方面 第五艦隊 E3で神威&占守掘り。
    雀坊。 (05/10)
  • 艦これにっき(123)出撃!北東方面 第五艦隊 E3で神威&占守掘り。
    いけちょ (05/10)
  • 艦これにっき(120)出撃!北東方面 第五艦隊 E4攻略
    雀坊。 (05/09)
  • 艦これにっき(120)出撃!北東方面 第五艦隊 E4攻略
    いけちょ (05/09)
  • 艦これにっき(119)出撃!北東方面 第五艦隊 E3攻略
    雀坊。 (05/09)
  • 艦これにっき(119)出撃!北東方面 第五艦隊 E3攻略
    いけちょ (05/08)
  • 艦これにっき(118)出撃!北東方面 第五艦隊 E2後半戦攻略
    雀坊。 (05/06)
  • 艦これにっき(118)出撃!北東方面 第五艦隊 E2後半戦攻略
    いけちょ (05/06)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 艦これにっき(101) E-1ブンタン沖哨戒戦で伊26を掘る | main | クレジットカードの不正請求と、その対策 >>
渡辺英明さんのこと。
写真家で、飲み友達でもあった朋友の渡辺英明氏が亡くなった。
くも膜下出血で、突然のことであった。

ホームグラウンドの中野の居酒屋「ときのん」で、写真展を開催中の、衝撃的な話であった。今でも、悲しいというよりも狐につままれたような感覚しかない。

英明さんといえば、まだ新聞社の専属カメラマンだった時代に、初めてときのんに来たという日にお会いしているのだが、その時は自信なさげで、何故かとてもいじりやすい感じの人であった。
後年、私にいじり倒されたのを冗談交じりに恨みがましく話してくれたのだが、私は滅多に他人をいじるような事はしない。ましてや初対面の人である。それほどいじりやすかったというのは、彼の人柄のなせる技なのだろう。

その、どちらかというと頼りない感じの彼が豹変したのが、初めての写真展であった。「ときのん」の壁面をいっぱいに使っての展示。「苛つく街」シリーズの嚆矢である。
それまで、どちらかというと素人臭い展示しか無かったときのんギャラリーを一気に格上げし、ギャラリーとしての地位を確立させたのは、まさに英明さんの仕事である。

あれには私も触発されて、これまで4回の写真展を開催するに至った。そのパワーの多くは英明さんに貰ったような気がする。

私は人間を撮るのが好きで、ストリートスナップを中心に撮影していたのだが、肖像権問題等で、そういった写真が撮れなくなり、写真に情熱を失いつつあった。そんな時に彼の写真を見たのだが、彼の写真は、都会のごみごみした風景を撮っていながら、まったく人間が入っていなかった。
人は撮らないという、私とは真逆の考え方であった。しかも綺麗な風景写真というわけではない。どちらかといえば汚く、ゴミゴミしていて、まさに苛つく風景を切り取っていた。それがとても新鮮で、なるほどと思ったものである。

英明さんの写真理論については、みんなで奥多摩合宿に行ったときに拝聴したのだが、彼は酔っぱらっていて、その日の演説を全く覚えていなかったりした。翌日、「そんな事言ってましたあ?」とか言われたときにはズッコケたものだ。そんなところも彼らしいと言えば彼らしいのだが、泥酔したときに吐露する写真への情熱は本物だったような気がする。

その後、私はスナップ写真への情熱をどんどん失い、唯一の対象として「バンド撮影」を選び、今はそれを中心にした活動だけに縮小しているのに対して、英明さんは会社を辞め、写真家として独立し、何回か定期的に個展を開くなどして、どんどん上昇気流に乗っていった。

その矢先の出来事である。

俺より若いのに死ぬんじゃねえよクソボケ!

***

訃報を書くにあたり、遺影を載せようかと思ったが、馬鹿写真しかなく、折角持ち上げて書いてやったのに、一気に彼の品格を貶めることになってしまうので、掲載を見送ることにする。そのあたりも何か最後まで英明さんらしい気がした。

天国でも酒飲み過ぎて失敗するんじゃないよ!
| 【写真】 | 08:53 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂