クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 忘年会 | main | 2016年に見た映画&テレビドラマ >>
2016年に見たアニメ
さて、今年も残すところ1週間となりました。
今週は、色々振り返って厄落としをしたいと思います。

今年もたくさんアニメを見ました。映画よりたくさん見るようになりました。この俺がアニメにハマるなんてなーって感じです。評価はあくまでも個人的なものですので、ご了承下さい。

・ハルチカ〜ハルタとチカは青春する 5点

氷菓+ユーフォニアムという印象を最後まで拭えなかった。ミステリの出来は氷菓のほうが上だし、吹奏楽部ネタもユーフォには遠く及ばない。偶然なのだと思うけれど、舞台をわざわざ吹奏楽部にする必然性が無かったどころか、むしろ印象を悪くした。別の部活動だったらねえ。シナリオはまあまあと思ったが、主人公の少年がねえ(ネタバレなのでこれ以上は書かない)。絵も好みではない(それなら何故見た?)。その他色々気になる点もあったけれど、一応最後まで完走出来たので5点。

・すべてがFになる THE PERFECT INSIDER 4点

森博嗣の推理小説のアニメ化。全キャラデザに物凄い違和感。森さんも違和感持ってたらしい。それってどうなのよ。浅野いにおの必然性が無かったね。話のつなぎに四季シリーズ4作から細かいネタを色々ピックアップしているが、逆に散漫な印象となってしまった。スカイ・クロラのアニメ化が珠玉の出来だったので、余計な期待をして見たのが失敗だったかな?森さんの推理小説はアニメやドラマ向きではないね。気になる部分を何度も読み返しながら読み進められないから。

・昭和元禄落語心中 10点

文句なし!2016年ナンバーワン!!2期にも超期待!!林原さんの主題歌最高!!

・ヤングブラックジャック 6点

ブラックジャック前史という作品。妙な正義感が少し鼻に着くが、奇をてらわず作って正解。純粋に楽しめた。

・僕だけがいない街 8点

原作も良かったが、アニメ版も非常に良い出来であった。ただ、絵が雑な箇所が結構あって、そこが妙に目についてしまったのでマイナス2点。原作の絵が活かされていない。このあたりが、特徴的な線でキャラクターを描くマンガのアニメ化の課題かなあ?
また、広瀬すずを主人公の少年時代の声に当てたのが大正解。彼女は声優もいいね。そこをプラス評価。

・サイボーグ009VSデビルマン 3点

石ノ森章太郎と永井豪の傑作のコラボだが、デビルマンの世界観が全く活かせていない。こういう作品で名作って見た事ないよな。それでも1話は割とイケていたんだが、2話3話と続くにつれてグダグダ。デビルマン出す必要ないじゃん。


・暦物語 5点

もはや惰性。でも仕方ないから見る。原作まだ続いてんのな。だが流石に撫物語は半分読んで飽きたよ。さすがに新作出ても、もう買わないかな?だらだらと詰まらない新作が出てくるのは、他の作品がいまいち売れてないのだろうかね。みんな流石に西尾維新の言葉遊びには飽きたよね。

・たまゆら 〜卒業写真〜 5点

たまゆらシリーズの完結四部作。ちゃんと完結させました。井口由香のくどさが目立つアニメでした。


・この素晴らしい世界に祝福を! 7点

「ダンまち」と何が違うのか?と思ってしまったが、だんだん面白くなっていった。「ダンまち」が後半シリアスっぽくなって、つまんなくなっちゃったのに対して、最後までギャグのトーンが切れなかったのがいい。この手の馬鹿ヒロインの集合体は結構好きかも。ただ、不自然に揺れる乳にゲンナリしたのと、いかにも続編ありますよ的な中途半端な終わり方でマイナス。

・ワンパンマン 8点

ヒーローもののギャグ漫画って、面白くないものが殆どなんだが、これは面白いっていうか馬鹿すぎてもうね。ある意味アンチヒーロー的な展開ではあるんだが、とにかくキャラクター全員の馬鹿度が高すぎて、そこが良い味になっていた。つまんねえヒロインキャラとか出さなかったのが大正解。ヒーローの世界はむさくるしい男の世界だよな。

・亜人 5点

亜人という人間でないもの?を主体にしたハードSF。主人公も性格おかしいし、全然肩入れ出来ないところが現代風で良かった。最近硬派なアニメを見ていなかったので、その点は面白いと思ったが、これもオールCGなのかな?動きがちょっと慣れないのと、あからさまに第二期あるよ的な終わり方がね。2期は見ません。来年実写化もされるそうですが、それも見ないでしょう。

・甲鉄城のカバネリ 5点

ゾンビ+スチームパンク+蒸気機関車+江戸時代というミックスマッチが大成功。いやー、この手があったかー。やられた感半端ない。個人的にはゾンビ嫌いなんだけど、それを意識させない構成力など、なかなかの出来。絵も好き。が、シナリオがグダグダだったなあ。風呂敷広げ過ぎで何も解決しないまま終わっちゃった感。最初から2期を睨んでの構成か?期待が大きすぎた分、ガッカリ感も大きかったので少し辛めの点数とした。

・とんかつDJアゲ太郎 3点

アニメ化したら、原作の狂気が完全にスポイルされてしまった。こういう不条理ギャグのアニメ化って難しいね。劇中のDJ音楽もダサくて何だかなあという感じ。しかもレンタルDVDで借りたのだが、家のメインPCで再生不可能なプロテクトが掛かっていてさらに幻滅。PCで再生できないのってどうなのよ?(ちなみにテレビ用のデッキでは再生できました)

・響け!ユーフォニアム2 9点

前作も良かったが、今回も非常に良い出来。原作に出来るだけ沿った形で、しかしアニメとしての主張は反映させて、真面目にアニメ化している点に好感が持てた。ただ、アニメオリジナルキャラの川島琥珀の出番がワンシーンしか無かったのがね(そこか)。これも本年度最優秀作品候補と言って良かったのだが、OPとEDの曲の出来がイマイチだったので1点だけマイナス。特にEDはなあ。もう少しスタンダードな曲調で良かったと思う。前作のOP/EDが神過ぎたのかもね。

・終末のイゼッタ 7点

第二次大戦期ベースという、ミリオタホイホイ系魔女アニメ。また釣られるのか。釣られたよ。大好きなフランス戦車とかフランスの航空機が出てくるだけでもうね。ルノーFT-17とかドボワチンD.520がアニメになるなんて、高校時代の俺に話したら狂喜するだろうなあ。艦これアニメでアレだった吉野弘幸の脚本という事で先が危ぶまれたが、まあ、こんなもんかという所。ラストシーンには異論もあるが、まあ妥当な締め方だろうか。絵が結構荒れてて2点減点。色々理由はあるんだろうけれど、もう少し丁寧な作画にして欲しいものだ。あと、13話?目の特番要らねえ。

・不機嫌なモノノケ庵 4点

少女漫画における、水木色の無い妖怪ものというのに興味があったので見たのだが、残念ながら夏目友人帳の二番煎じ感が否めなかった。男同士の主従関係というヤオイ的なところがどうもね。ただ、これで片方を女子にした途端に超駄作になる予感もあるし、なかなか難しいところではあった。妖怪のキャラがなかなか可愛らしかったり良い出来で、そこは高評価。

・クロムクロ 5点

私は「死ぬまでガンダム見ない教」信者なので、ロボットアニメ系は苦手なのだが、これは比較的面白く見られた。その理由はいわゆる日常系ドラマ主体だったから、という部分が大きいと思うが、突き詰めてみると、結局、巨大ロボットの必然性がどれだけ自然かに尽きるような気がする。最新兵器なのに刀とか使っちゃうのって何?とか、二足歩行って意味あるの?みたいな疑問を、まさかの時代劇モノにして正当性を生むという部分に感心した。
ただ、このストーリー構成で全26話は長すぎた。中盤から冗長的で、脇役のキャラが良いにも関わらず活かしきれてない感じ。終盤の盛り上がりにも欠けた。

・くまみこ 6点

超ド田舎に住む都会に憧れる巫女の少女と人語を喋れる熊の話。癒し系のギャグアニメで、そこそこ面白かったのだが、途中から原作と乖離し始め、遂に原作者が最終回をdisった時点で騒動に発展。ネットの反応を見ても賛否両論のようだった。個人的には、原作とアニメの内容の違いはあっていいと思うし、言うほど酷い内容とは思わなかったけれども、原作読んでないので、その点は判断できない。

・ハイスクールフリート 7点

ガルパンの二匹目の泥鰌を狙った作品。まあツッコミどころは多々あるとはいえ、意外と面白がって見てしまった。だが、最後までキャラクターの見分けが付けられず、名前も覚えられずじまいであった。キャラが多すぎるんだよ。女子の多いアニメ特有の声優のテンションと、ゆるゆり系っぽいのは苦手。あと、お願いだから艦これとのコラボとか辞めてね。


*劇場用映画は、大変な傑作揃いでした。当たり年ですね。艦これ劇場版は見られなかったので、来年DVDでも借ります。


・バケモノの子 9点

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督の作品。「おおかみ〜」のイメージに近いが、明らかにジブリとは一線を画していて、むしろ何故か手塚アニメを感じさせる。この監督、異形と人間の関係を撮るのが上手いね。最後のほうで少しダレた感があり、そこがマイナスポイントだったが、前作以上の作品に仕上がった。名だたる名優を声優として使っているのだが、下らないタレントとかを一切入れていないのが良い。特に役所広司と大泉洋の声優っぷりが素晴らしい。エンドロールで出てくる俳優の名前を見るたびにおおっと唸ってしまった。

・ガルパン劇場版 9点

もっと人間ドラマみたいなのが入ってるかと思ったら、全編圧倒的な戦車戦描写に終始していたので驚いた。誰かが書いてたけど、ハリウッドアクション映画の横道を行くドラマ構成。これで面白くならないわけがない。そこに女子高生と戦車が絡めば鬼に金棒。アニメとはこう作るべきという見本のような作品であった。「この世界」が無ければ文句なく今年の劇場公開版アニメナンバーワンに推しても良かったが、向こうが良過ぎたので9点。ボコのスピンアウトOVAを希望。

・君の名は。 8点

おっさんが一人で見に行くアニメではない。ジュブナイルだね。深く考えてはいけないのだろう。あの状況で恋愛感情が湧いちゃうのに物凄い違和感があり、私のような人間は、そこはどうしようもないんだろうなと思う。背景とか光の使い方が独特で素晴らしいと思ったが、逆に正直言って、あの少々違和感のある光の表現を、ずっと見せられると飽きる。インスタグラムでセピアとかトイカメラ風に加工された写真ばかりを延々と見せられている感じ。そこにはメリハリが必要だと思った。

・この世界の片隅に 10点

劇場公開版アニメでは2016年のベスト作品。感想は以前書いたので割愛します。


* 以下は、旧作品の鑑賞分です。


・かみちゅ! 7点

2005年のアニメ。女子中学生が何の脈絡もなく、いきなり神様になる話。某氏に、雀坊。さん絶対気に入るからと言われて、見たら確かにドハマリ。くそっ、見切られている(苦笑)。大林映画+ジブリというイメージで、ラブコメっぽい要素もあったりして、本来なら一番苦手なシチュエーションなのだが、全部主人公の声優さんの声に持っていかれた(笑)。ボンボンブランコの人だったんだねえ。
EDの曲と、マラカス持って踊るゆりえの動きがホント気に入った(そこか?)
ただ、この時代にありがちな、作画監督の違いで絵が全然変わってしまうのが、いつもの通りダメだった。そこが2点マイナス。あと結構シナリオがグダグダな回があった。締め切りに追われて作った感が惜しいね。そこでも1点マイナス。

・無限の住人 8点

2008年のアニメ。キムタク+三池崇史という最凶コンビでの実写化が発表され、憂鬱になっていた時にアニメ化されていた話を知って、早速見た。主題歌が人間椅子じゃない!とか思ったりした(そこかよ)。絵はかなり原作を忠実にトレースしていて、そこは高評価。槇絵の声の人が能登麻美子さんで、それだけで1点プラス(またかよ)。

・モノノ怪 7点

2007年のアニメ。妖怪ネタの時代物なのであるが、キャラクターデザインがぶっ飛んでて好き。絵を見ているだけでも十分楽しめた。

・どろろと百鬼丸 8点

「お前らみんなホゲタラだ!」久々に見ました。再放送を見た記憶がほとんどないので、多分、本放送以来かな?水木色の無い妖怪マンガで、さすがは手塚治虫と言うべきか。原作では描かれなかった部分がしっかり補完されて完結していたのを改めて知る。リアルで見ていたのに覚えていなかったので、これは驚きであった。8歳の時だからね、よく分かっていなかったのかもしれない。これは良い再鑑賞であった。

・燃える仏像人間 評価不能

「妖怪伝・猫目小僧」以来の劇メーション!!懐かしい!!と、思いながら見ていたのだが、正直何が何だかさっぱり分からなかった(苦笑)最初と最後にヒロインの声を当てた井口由香が実写で出てくるんだけど、それも意味不明だった。カルトっぽい作画が気持ち悪いだけで、内容も殆どない。こういうのはなあ。最低点にしてもいいんだが、妙な存在感は認めるので、評価不能としておく。



| 【マンガ・アニメ】 | 09:08 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂