クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(136) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E6攻略
    雀坊。 (08/21)
  • 艦これにっき(136) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E6攻略
    いけちょ (08/21)
  • 艦これにっき(135) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E5攻略
    雀坊。 (08/21)
  • 艦これにっき(135) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E5攻略
    いけちょ (08/20)
  • 艦これにっき(134) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E4攻略
    雀坊。 (08/20)
  • 艦これにっき(134) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E4攻略
    いけちょ (08/19)
  • 艦これにっき(133) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E3攻略
    雀坊。 (08/15)
  • 艦これにっき(133) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E3攻略
    いけちょ (08/15)
  • 艦これにっき(133) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E3攻略
    雀坊。 (08/14)
  • 艦これにっき(132) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E2攻略
    雀坊。 (08/14)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 金属恵比須のメロトロン万歳! | main | 食べなれたものしか食べない人。 >>
モデラー雑談。

雀鉄ブログに書こうと思いましたが、思う所あってこちらに。

最近、とあるブログで迷惑発言を繰り返している人が問題になりました。twitterでは、自称プロとかいう人に因縁を付けられた少年の話が流れてきました。それらの事に絡んで、最近思っている事を散文的に書いてみたいと思います。

私は以前、ある鉄道模型絡みのイベントで少し批判的な事を書いたら、キチガイに粘着されて嫌な思いをしたことがあります。

粘着質な人間は模型の世界にも多いのですが、自分から進んでそっち方面に足を突っ込まなければ何ということもありません。逆に、その意味でガチのスケールモデルは危険です。
フリーランスも所謂「架鉄」方面は超危険です。ほとんどキチガイの巣窟みたいな感じです。
ですから私は、気軽でトイ的なフリーランスを好むようになりました。余程の事が無い限りほとんど無害ですし、第三者が、そこに文句のつけようがありませんから。

プラモの世界なんかでも、ガチのスケールをやるとキチガイが沢山沸いて来ます。そういうのを相手にしているとキリがありません。
下手に「実物どおりに」修正したとか言うと、必ず違うと指摘する人が出てきたりしますのでね。

他人の作品にケチをつける人に限って、自分では全く模型を作らない人だったり、自称モデラーだったりすることが多いのですが、割と有名なモデラーでも、性格の悪い人も結構います。
自分に対してストイックすぎると、他人にもそれを求めたりします。

そういうのは普段からtweetを見ていると分かります。いつも誰かとケンカしてる人とか、他人の悪口ばかり言う人、横柄な態度を取ったり、口が悪かったりしています。そういう人とは、なるべく関わらないようにしたいので、数か月前にフォローの断捨離を行いました。

他人の作風を批判するのは勿論ですが、趣向にまで悪口を言うのは如何なものでしょう?金属マニアの人は、すぐにプラ製品を馬鹿にしたがります。工作派の人は完成品加工を馬鹿にします。作らず積んどくだけの人への批判も多いですね。何やろうが自由でしょ?あんたに言われる筋合いのもんじゃないよと思うのですが。

模型なんてどう作ろうと勝手。塗装なんかしなくてもいいじゃないですか。それで楽しいなら十分だと思います。ただし、上手くなりたいなら、それなりの勉強と努力が必要ですよね。そこをどう考えるかは、それこそ個人次第だと思います。

鉄道模型には少ないですが、プラモデルの世界ではコレクターに対する批判も多いです。買っても作らないで積んどく人への批判は良く目にします。まあ、積んでる人が偉いとは思いませんが、積まない人も偉いとも思いません。それこそ勝手でしょ?

わたしもコレクターの端くれなので、そこそこ積んでいます。しかし、それは作ろうと思って買っているのです。今買っておかないと買い逃すので買う、という事も多いです。しかし、それは作るからであって、利殖目当てとか、そういうわけではないです。集める楽しさは卒業しているので、そんな目的で買い揃えているわけではありません。
だから、製品がいつでも潤沢に店に並んでいる状態であれば、わざわざ買わないですよ。でも、今を逃すといつ再版されるか分からない、でもこれは絶対作りたい、だから買うという事は、そんなに忌避されることなのでしょうか。

若い人で、今は技術不足なので作れないけれど、いつか作ってみたいので、その目標に向かうために、敢えて難しいキットを買っておく、という考え方もあっていいと思います。目の前に飾って、自分がそのキットを上手く作れるようになるまで頑張る、その目標のための購入というのは、凄く良いことだと思いますが、如何でしょうか?

勿論、趣味趣向が変わって、買ったものでも、もう作らないだろうと思ったら、その時点で処分します。それも批判されちゃうのでしょうか?そこは納得いきませんねえ。

一方、技術向上を考えようともしない、安易な初心者が多いのも事実です。作ってみたけど、いきなり凄腕モデラーのようには作れませんよね。そこでキレちゃったり、模型なんて面白くないと思われてしまうのは悲しいですね。

でも、いかに稚拙な模型であったとしても、それが楽しかったのならば、その作品はとても良いものだと思います。出来栄えだけで判断してはいけないと思います。

ただ、他人に晒して評価を受けることで、次のステップに進める、という考え方もありますから、稚拙な作品だと思っても、どんどん世の中に発表していくべきだと思います。

批判は正当なものであれば、甘んじて受けるべきでしょう。しかし、世の中にはキチガイもいますので、全て真に受けていたら潰れます。その辺りが難しいですね。

初心者の人が色々質問されるとき、まず行って欲しいのは、聴く前に考えて欲しいという事です。意外とベテランでもこれを怠る人がいて、トラブルの元になったりします。まずは自分で考える。そこで答えが出ないか、複数の回答が出たとき、質問をしてみる。そういう考え方を基本にして模型工作を行うと良いのではないかと思います。

ですから、安易に答えが出てしまうような、初心者向けの工作紹介みたいなものは、諸刃の剣になり兼ねないとも思っています。ここいらへんのさじ加減は難しいですね。

最終的には「あくまでも自己責任」なのですが、ネット上の加工記事のマネしても同じにならなくて怒るというタイプの困ったちゃんがいるので、そういう人たちへの対策は、あらかじめ考えておいたほうがいいでしょう。

ここで微妙なのはメーカーへの批判ですが、それは建設的な意味でのものであればOKと思います。言いがかりみたいなものは控えるべきですね。

逆に、イベントへの批判は、もっと行って良いのではないかとも思います。未成熟なイベントは批判を受けることで成長する可能性もありますし。まあ、程度の問題ではあると思いますが。主催者側も批判全てに目を通せないでしょうし、色々な制約もありますから。

しかし、批判をするからには、それに対する反論も受け入れる必要があります。私はあるイベント批判をしたときは、それに対する覚悟が甘かったと思います。ネットで批判するならキチガイも受け入れねばなりません。そこは根性要るんですよね。面倒ならば批判しないほうが良いですが、言う以上はそれなりの覚悟は必要かと思います。この件ではいい勉強をしました。

他人のブログで言いたい放題書いてるような人も、出来れば敬遠したいです。そういうのは自分でブログを作ってやるべきです。そんな人に粘着され、ブログに色々書かれたほうの人に同情することしきりなのですが、そういう人を放置してしまうと、そのブログを敬遠する人も出て来ますので、目に余るようなら英断を以って切ることも重要かと思っています。

とりとめもない話になりましたが、最近、模型の世界で2つほど、気になる事件があったので、何となく自分の意見をまとめてみました。


 

| 【模型・プラモデル】 | 15:26 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂