クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
    雀坊。 (03/14)
  • 【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
    coolyscreek (03/14)
  • 8時に全員集合しなかった家
    雀坊。 (02/27)
  • 8時に全員集合しなかった家
    シブメグ (02/27)
  • 艦これにっき(114)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 伊13堀り
    雀坊。 (02/25)
  • 艦これにっき(114)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 伊13堀り
    いけちょ (02/25)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    雀坊。 (02/23)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    いけちょ (02/23)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    雀坊。 (02/18)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    いけちょ (02/18)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 伯父死す。 | main | 酒を売る。 >>
ライブ撮影の課題
一昨日は、いつもの金属恵比須ライブを吉祥寺シルバーエレファントで。

このライブハウスはステージと観客席の間にあまり隙間が無く段差も低いので、客席前で撮影するとかなり邪魔になる。両袖にはデカいスピーカーが鎮座しているので袖から撮影していると耳が死ぬ。100名ほどで満員になるが、満員状態だと身動きが取れず後方からの撮影は定点で行うしかないという、カメラマン泣かせのハコである。

今回、腰の状態が悪いので中腰の姿勢が取りづらく、2バンではあるが2時間半ぶっ通しで撮るのはかなり辛い、という事で、思い切って最後方から撮影することにした。

階段中ほどに三脚を据え、固定カメラを1台。もう1台に望遠レンズを付けて手持ちという体制。

趣味が多すぎてカメラに回す金が無く、ボディの1台は10年落ちの初代EOS5Dであるが、こいつが意外と良く撮れるので、今回は固定カメラとして使用した。しかし、ISO1600上限は流石に厳しいかな。固定側を6Dにして手持ちを5Dでぶん回したほうが面白い写真が撮れたかもしれない。

手持ちは6Dにタムロンの70-300mm。タムロンは暗いと赤が飽和して変な色になっちゃうのがアレなんだが、RAWで撮るわけにもいかず、永遠の課題でもある。純正70-200mmでも良いんだが、最後方となるとやはり300mmは欲しい。
サブカメラに7Dを用意して70-200mmという手もあるかなあ。でも暗いとAPS−Cは結構ダメなんだよね。このあたりは今後の検討課題。

金属恵比須というバンドはプログレジャンルでありながら、メンバーの動きが個性的で激しいので、左手のギターと右手のキーボードが同時にカッコいいアクションを取っている時に、真ん中でボーカルが決めポーズを取るという感じで、あちらを撮ればこちらが撮れずという状態が頻発する。逡巡していると全部撮り逃がすという悲劇すら起こりうる。リハと本番でも全然動きが違うので、リハに準じて追いかけるとアドリブの良いシーンが撮れないという、まあ、ライブ撮影してれば誰でも陥るジレンマの多いバンドである。

全引きで撮れば、その辺りは逃さなくなるけれどもダイナミック感は減る。定点だと絵面も面白くない。そこらへんの駆け引きが難しいところだ。

芸術的写真を目指すか、ライブレポート的な記録写真を残すかでも、撮影スタイルは大きく変わる。金属恵比須の写真は、どちらかと言えばライブレポート寄りの写真を目指すようにしているので、なるべく総花的に撮ることを心掛けているが、反面、写真に自分が出しにくい。ところが、他のかたの撮影された写真と自分の写真を見比べてみると、毎回、ああ、これは自分の写真だなあと思い返す事が多いので、もはや「業(ごう)」のようなものかもしれない。そこからの脱却が次の課題でもある。

少し上から俯瞰で撮るのは意外と楽で、その意味では今回、随分助かった。6DのISO12800にも随分助けられたが、その分「止まり絵」が多くなってダイナミックさには欠ける。実はブレブレの中で1点だけ止めるみたいな写真のほうが自分らしいのだが、自己満足と紙一重の世界なので、そこは毎回葛藤がある。

今回の写真の中で、お気に入りの1枚。宮嶋君のジャンプが上手く撮れた。



階段中ほどに固定台のようなものがあって、ここにカメラを置くと取りまわしが良かったが、ステージ全体を写そうとすると、屋根がカブる。そこで客席側を入れると今度は下が余る。なかなか難しいね。フロア最後方に脚立を置いて、その上で撮影するのが一番良いかなあ?とも思った。色々と撮り甲斐のあるライブハウスだ。

もっとも、ソールドアウトになるのは結構珍しい感じで、ガラガラの客席の事も多いみたいなので、それはバンド次第ということか。金属恵比須も最初の頃は後方に余裕あったしね。伝説の2月8日(大雪)の時は縦横無尽に動けたので、たまには観客40人くらいに絞ってオール着席のライブにしても良いかなとか、勝手な事を思う。(それだとチケット代上げるか、物販頑張らないとねえ)

今回、予約で100名だったそうだが、階段あたりにも10人くらいのお客さんがいた。当然ドリンクは頼めないので、ちょっと可哀想な感じ。100人は多いかなあ?と思ったが、これを90人にしても何人かは階段で見たのではないかと思う。

シルエレはトイレが残念な感じなので、それを気にしてドリンクが頼めないという人も居たし、そもそも混んでいてドリンクどころではないという感じだったので、このあたりは箱ともども、改善の余地を感じた。

ライブ終了後、メンバーとスタッフ総勢で打ち上げを行ったが、打ち上げの写真が撮れなくてすいません。ライブの時は全精力使い果たしちゃうんだよね。今回も後半の集中力切れが目立った。幾つか撮り逃したシーンもあって残念。次の課題は集中力と体力増強だな。腰も早めに回復させなくては。

金属恵比須ライブの模様は、こちらをご覧頂きたく。

http://jumbow.blog51.fc2.com/



| 【写真】 | 13:10 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂