クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 日曜日は戦国恵比須。
    雀坊。 (10/16)
  • 日曜日は戦国恵比須。
    レオン (10/16)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    雀坊。 (09/20)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    いけちょ (09/19)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    雀坊。 (08/30)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    いけちょ (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    雀坊。 (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    いけちょ (08/28)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    雀坊。 (08/25)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    いけちょ (08/24)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 伊豆温泉旅行 | main | ついっぷる終了。 >>
美術館めぐり
昨日は、妻に誘われて、美術館めぐりに行ってきました。

まずは上野の国立西洋美術館で開催されている、シャセリオー展。

シャセリオーさんは、フランスロマン主義の人で、写実的な絵柄。いつも思うのですが、この時代の油彩によるシルクの表現は素晴らしいものがあります。大好きなギュスターヴ・モローの作品も何点か展示されていて大満足。

常設展のほうは、無料公開だったので、結構混んでました。
今回、デンマークの芸術家村、スケーエンを制作の拠点とした画家たちの作品が特別展示されています。

19世紀後半から20世紀初頭にかけての、100年以上前の絵画ですが、現代的な構図、緻密なデッサン、明るい色合いが非常にみずみずしく、古臭さを全く感じさせませんでした。スケーエンの画家の作品をこれだけまとめてみられることは、今後は無いと思います。大変良いものを見ました。

これらの展示は今日が最終日です。何とか間に合って良かった。

その後、レストランで遅い昼食を取り、乃木坂へ向かいます。

死ぬほど混んでいるという噂の、ミュシャ展です。

夫婦そろって並ぶのが大嫌いなので敬遠してきましたが、折角のスラブ叙事詩が一同に会しているので、我慢して見に行く事にしたというわけです。

3時ごろ、サイトの情報を見ると50分待ちでした。1時ごろは70分待ちだったので、少し空いたかな?その後、友人の娘さんが「見に行きました」というツイートをアップしていたのですが、その時点で30分待ちという話。やはり夕方になるほうが空いてきますね。

閉館ギリギリに行けば、ほとんど待たずに入れるだろうという目論見で、5時半に現地到着。読みどおり、待ち時間なしで入ることが出来ました。

スラブ叙事詩、やはり生で見るべきです!写真とは全然違う凄さ。
比較的空いていたので、近づいても離れてもじっくり見ることが出来ました。



撮影可能な部屋は、まだまだ混んでいて、みんなスマホで撮影しているので、あまりじっくりと鑑賞出来ませんでした。スマホで撮ったって仕方ないのにねえ。生の迫力を感じなさいよ、と思いましたが、私も便乗して撮影してるので、人の事は言えませんね。



その他のコーナーは、物凄い人だかり。既に見たことのあるものばかりだったので、混雑を避けて退館しました。ショップも大行列。図録は通販で買ってありますので、華麗にスルー。

こちらは来週6月5日までやっています。スラブ叙事詩だけでも絶対見に行くべき!と思います。行くなら夕方をお勧めしておきます。

会場を出ると、チェコの人形劇の人形が飾ってありました。これ、誰かに似てるなあ〜。




| 【TEXTSTYLE】 | 12:57 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂