クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 日曜日は戦国恵比須。
    雀坊。 (10/16)
  • 日曜日は戦国恵比須。
    レオン (10/16)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    雀坊。 (09/20)
  • 艦これにっき(140)サラトガMK.IIと地獄の新任務
    いけちょ (09/19)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    雀坊。 (08/30)
  • 艦これにっき(139) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 狭霧&天霧掘りと総括
    いけちょ (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    雀坊。 (08/29)
  • 艦これにっき(138) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7本戦
    いけちょ (08/28)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    雀坊。 (08/25)
  • 艦これにっき(137) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E7ギミック解除
    いけちょ (08/24)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 名古屋で本格派?インドカレー タンドゥール | main | 今時のアイドルには、プロ根性が無さすぎる。 >>
テロ等準備罪成立の責任は能力のない野党にあり。
ブログやSNSで政治の話をするのは、なるべく避けようと思っている。

が、今回、幾つか思う所があったので、それを書いてみる。議論をするつもりは全くないので、念のため。

始めに私の立場を明確にしておくと、私はテロ等準備罪に賛成だ。理由は書かない。
イデオロギーの違いを述べても仕方ない。それは理解されない事だし、理解して貰おうとも思わない。ネットでイデオロギーの異なる人と会話するのはこりごりだ。だから、そこについては一言も書かない。

その一方で、私は最近、人には色々な考え方があってよいと思うようにもなった。だから、今回テロ等準備罪成立に反対する人の意見や不安も良く分かる。過剰反応している人にも寛容になった。ただ、その人たちと議論するつもりはない。考え方の違いについてあれこれ言っても仕方ない。そんな話を延々とするつもりはない。

今回の問題は、そこではないのだ。

この騒ぎの中で、ひとつ気が付いたことがある。

今回の法案成立を冷静に見ている人は、サラリーマンに多いように思った。一方、反発しているのは、ほとんど自由業の人。この差は面白い。

テロ等準備罪絡みで、自由業の方々は口を揃えて右傾化、独裁、身勝手を唱えている。サラリーマン諸氏がそれに無反応なのは、会社の横暴、独裁に慣れ切っているからではないかと邪推した。ただし、それは諦観という事ではない。

後ろ盾のない自由業の人たちは辛いよね。だから恐れるんだと思う。勿論、サラリーマンだって会社から簡単に切られる時代だ。しかし我々サラリーマンは、こういう横暴に対する御し方が分っている。だから無駄な文句は言わない。

もし、これで与党の横暴が始まるのであれば、次の選挙できちんとした抗議を行えばよいだけの話だ。それが議会制民主主義の基本だ。デモ行為は何の役にも立たない。デモで変わる政治は無い。デモで政治が変わるのなら、それは暴力に屈したことになる。だから絶対にデモはダメだ。勿論、異論はあると思うが、そこは本題ではない。

政治を変えたいのならば、自分の理念に近い人をより多く国会に送り出し、自分の理想に近い政治をして貰うしかない。それが、我々国民が行うべき正しい態度だ。

会社の中でもそれは同じである。自分の意見を通したいのなら、しっかりとした根回しを行い、上司を説得するか、自分の意見に近い上司に付いていく。そうして自分の発言力を増すか、自分と同じ考えの人間を増やしていく。それしかない。その努力を怠り、会社に文句しか言わない人間には、誰も付いてこないし、何も変わらない。権力を得るまで、じっと我慢して力の強い人間に付いていき、その中で自分の発言力を増していく。そして、ある程度の力が付いたら、自分で会社を動かせるようになる。その努力をしなければならない。

今回の法案成立も、それと全く同じことだと思う。サラリーマン諸氏は、感覚的にそれが分っていたのではないか。だから無関心なのだ。というよりも、積極的にテロ等準備罪成立を喜んでいる人も多い印象を受けるが、その事は今回の本題ではない。

では、今回の本題とは何だろう。それは野党の態度だ。今回は、いや、今回も、それに尽きる。もう、辟易してるんだよね。いわゆる「戦争法案」の時から何も変わっていない。今更ギャーギャー騒ぐのなら、何故最初からちゃんと法案審議をしなかったのか、という事だ。

こうなる事は、現在の与野党の配分比率を見れば明らかである。与党絶対多数なのだから、強行採決も何もない。こうなるのが当たり前なのだ。だったら、野党は何をすべきだったのか。

テロ等準備罪成立やむなし、という中で、如何に法案の内容を自分たちの考えに近づけるような形に修正させるべきである。1ミリでも修正させられればそれが実績である。少しの実績は、後から大きな流れになる。それが野党のやるべきことであった。

しかし、今の野党は闇雲に反対するだけ。いざとなったらデモだの、笑止千万の女の壁だの、何の役にも立たないパフォーマンスをするだけ。「私はこれだけ妨害しました」という「実績」づくり。誰に向かってやっているの?という感じでしかない。

企業の中にも、この手のネガティブな反論しかしない人、新しい試みに反対しかしない人、その癖、企業改革に対する意見を全く言わない人が結構いる。そういう会社の癌と、今回の野党の動きは完全に一致している。

だからこそ、法案の是非以前の問題として、癌は国会から排除すべきという考え方が、多くのサラリーマンの中に芽生えているのではないか。私は強くそう思う。

同じ過ちを何度も繰り返すような野党は国会の癌でしかない。必要ない。時間の無駄。税金の無駄遣い。だから今の野党は要らない。仮に軍国主義まっしぐらになったとしても、与党だけで粛々と進める政治のほうがまだマシだと思ってしまうほど、今の野党には存在価値がない。

今回の問題に関して、私が強く感じているのは、そういう事だ。

テロ等準備罪に反対する人の中には、これに賛成する我々に対して、SNSなどで逆切れしている人も多かった。
逆切れする相手が違うでしょ?と思う。能無し野党に切れたほうがいいんじゃないの?と強く思う。

さて、今回のテロ等準備罪成立で、野党はどう自己批判するのかな?全くしないよね。反省もない。またガーガー言うだけ。そんな連中は全部切り捨てろと言いたい。でも、そうすると野党の議員は一人もいなくなってしまうかな?

選んだ我々も悪いが、選ばれた人々があまりにも酷過ぎる。政治家のレベルダウンの原因は、小選挙区制にあると思っているので、もう一度中選挙区制に戻すべき、と思う。都道府県議員並みの得票数で国会議員になってはいけない、と、強く思う。

***

この流れを受けて、都議会選挙が実施される。どういう流れになるか分らないが、少なくとも今の野党に有利な状況ではないだろう。もう、能無しの野党は必要ない。外見だけで中身の伴っていない都民ファーストにも全く期待できない。

でも、いわゆる主婦層を中心にして、都民ファーストはある程度実績を積めるのではないかとも思う。一方、自民党は内田という癌を切り捨てた。そこは評価されてよいのだが、それを上手く利用できる自民党候補がいるだろうか。

野党には全く期待できない、という事を改めて認識した法案成立までの流れであった。もっとも、与党もクズだらけだけどね。我々は如何にして政治家を育てるか、という事を、もっと真剣に考える時期が来ているのではないだろうか。このままでは与野党の区別なく、国会はゴミ溜めになってしまうだろう。いや、もうなっているのだ。ゴミ掃除が必要なのだ。

※本件について、コメントを頂いても一切お返事致しませんので、ご了承下さい。本件で議論をするつもりは全くありません。


| 【TEXTSTYLE】 | 08:33 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂