クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    雀坊。 (12/10)
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    いけちょ (12/10)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    いけちょ (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    いけちょ (11/30)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    雀坊。 (11/26)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    いけちょ (11/25)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    雀坊。 (11/24)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    いけちょ (11/23)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< マツダ・カペラの話 | main | 艦これにっき(131) 2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦 E1攻略 >>
最近のSNSで思う事。
Twitterを長い事やっていて感じるのは、昔はかなり温厚だった知人が、急激に攻撃的になったりしてる事が良くあるということだ。実は、自分もそういう傾向があったので、今は出来るだけ注意しているが、だからと言って、その人に敢えて指摘したりするような事は絶対にしないようにしている。ただ見守るだけだ。最近は、フォローを外されても、こちらもフォローを外したりせず、相変わらず見ているようにしている。それだけでいいと思っている。

自分とは意見の合わない事が多くて、フォローを外した人も、何人かは再フォローした。いつの間にか向こうのフォローも外れているので、何か気に入らなかったのだろう。まあ仕方ない。そのうち、またフォローしてくれるといいなと思うが、自分からアクションは起こさない。

政治的な発言の多い人は、自分と同じ思想の人でもフォローをはずし、リストのほうに入れてしまった。時々見ると、相変わらず政治の話が中心で、ちっとも面白くない。主義主張が一緒でも、政治の話が第一の人のツイートは全然面白くない。私が政治的ツイートを控えようと思ったのは、そのあたりがキッカケだったりする。

twitterは、まだ良いのだが、Facebookでは、フォローしている友人が、友人の友人にコメントしている内容が私にも見えてしまう場合が多い。実はこれが一番厄介だ。「友人の友人」という人は、私が直接知っている人ではないし、思想や考え方が全く合わない人が多い。
twitterでは、そういう人はフォローしないから、自分のTL上に出てくることは少ないが(今はそうでもない。後述する。)、Facebookでは、そういう人の書いた文章が嫌でも目に入ってくる。

誤って、そこに書き込んでしまい、友達申請が来たりすることもあるのだが、Facebookでは面識のない人と交流する気はないので、すべて無視している。とても面倒くさい。面識のない人とは友達になりませんとプロフィールに書いてあるのに、まあ、そんなのは読まないんだね。

そういう「友達の友達」の中でも、何人かの人は、本当に私とは相性が悪くて、人生で1、2を争うくらいに嫌いなタイプの人が居たりして、あまりにも私の精神衛生上良くない事ばかり書いているので、そういう人はブロックせざるを得なかった。見なきゃいいんだけれど、そういう人の書く文章は、最初の1行だけで、もうダメだったりするのでねえ。

Twitterでも、狂人や廃人はブロックしているが、知り合いがフォローしている人で、そこまで私と気が合わなそうなタイプの人は、幸いにして居ないからまだ安心だ。

AさんとBさんが友達で、BさんとCさんが友達でも、AさんとCさんが友達になるとは限らない。同じ種類のコミュニティの中にいるのなら、AさんとCさんは友達になれるが、全く別のコミュニティの人同士が親しくなれるケースは稀だろう。Aさんが、そこを新たに開拓したいという積極的な気持ちがあるのなら、それは良い方向に働くこともあるだろうが、これ以上コミュニティを広げたくないと考えているような場合には、要らぬお節介でしかない。

Twitterは、比較的そういう異種間交流を促進するような動きは少なかったのだが、最近のメンテで他人の「いいね」が見えるようになってしまい、これが繰り返し表示されたりするから、嫌でも違うコミュニティにいる人の発言を見る事が多くなってしまった。

「いいね」は自分とフォローしている人との間だけで交流できるボタンであり、そういう目的で使っていたのに、それをいちいちフォロワーにも通知してしまうのは如何なものか。「リツイート」と「いいね」の違いが全く分からなくなってしまった。自分と、フォローしている人だけでコミュニケーションを取れるのが「いいね」ボタンの良いところであり、それを他人に見せてしまうのは改悪以外の何ものでもない。エロ画像にイイネボタン押せなくなったじゃないの!!!(そこかよ)

この年になると、わざわざ新たな出会いを作ろうなんて思わないし、煩わしいことは出来るだけ避けていきたいのに、どうしてSNSは、「この人は貴方の友人ではありませんか?」とか「あなたに似合いそうな方がいらっしゃいます!」とか、余計な押し付けをやってしまうのか。あれこそ、災いの元である。

見たくもない政治ネタが今日のトレンドに上がってくる。トレンドを消すことは出来ないので、嫌でも目に入ってくる。そして、それは自分にとって、プラスの興味よりもマイナスの興味になるケースが非常に多い。

知らなきゃ見ないのに、お節介にも、そんなキーワードが出てくるから、思わずチェックしてしまう。そうして、自分とは反対の意見の人をたくさん見かけて腹を立てることになる。

負のエネルギーは簡単に増殖する。特に嫌っていなかった友人の、ちょっとした発言が気になって、それがどんどん増幅していき、遂には相手を憎悪するようになってしまう。
こういった、憎悪の増幅装置に一役買っているのが、twitterやfacebookなどのSNSだ。

そこが分かったので、出来るだけ、他人の悪口とか個人的批判のようなものは書かないようにしたいと思っている。ただ、これは、あくまでも個人対個人の話での事であって、メディア批判とか、事件に対する感想とか、そういうのは別。

でも、そういう事も出来るだけブログのほうに書くべきなんじゃないかな、というのが最近思っている事だったりする。


| 【TEXTSTYLE】 | 12:20 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂