クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 三年祭とシンゴジラ | main | 艦これにっき(144)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E2攻略 >>
艦これにっき(143)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E1攻略
ながらプレイのうっかりミスで、育成中のレア艦を連続で2隻轟沈させてしまった馬鹿提督がこちらになります。

いずれも2隻持ちの艦だったので、ダメージは最小限で済みましたが、精神的な打撃は半端ではありません。皆さんも、ながらプレイにはご注意ください。

進軍か撤退かの画面で、現在の艦の状況が分かるサブウィンドウみたいなのが欲しいですよねえ。艦これウィジェットに似たような機能があるんですが、確実に作動するわけではないので困ったもんです。

怪しかったら即撤退!を肝に銘じます。

***

さて、気を取り直して2017年秋イベントを攻略しましょう。

前回で、少し萎えてしまったので、無理やりオール甲は狙いません。出来る範囲で。

遂にやってきました。レイテ沖海戦。今回は、秋冬の連続イベントとなるそうです。おそらくお札が共通になるんだと思いますので、艦の使い方には気を付けたいところ。

まずはE1。【前段作戦】奄美群島沖/台湾沖です。

いきなりめんどくさいギミックが山ほどあります。過去最凶のE1じゃないでしょうか?初心者提督さんには、ちょっとハードル高そうです。

戦艦、航空母艦が出撃できません。対戦相手に潜水艦が多いので、それなりの対潜装備が必要と思います。

最初のギミックは、FマスとKマスを踏むと、新ルートが現れるというもの。まずFマスですが、以下の編成を組みました。

航巡1+あきつ丸+軽巡1+駆逐3です。

航巡には二軍の鈴谷改68を抜擢。もう1隻、鈴谷改二が居ますので、こちらを温存。水戦ガン積みです。水戦が無い人は水爆でも構いません。あきつ丸は久々の烈風拳仕様。この2隻で、Eマスの航空優勢以上を勝ち取る狙いです。
残りの4隻は対潜仕様ですが、航空支援を出すなら対潜艦は2隻で充分。残りの2隻は索敵を多めにしないとFマスに行けません。

なお、志摩艦隊のお札が付きます。志摩艦隊の史実艦を入れると、索敵有利になる模様ですが、ちょっと分っていません。

志摩艦隊史実艦は、那智、足柄、阿武隈、曙、潮、不知火、霞です。2隻以上必要みたいです。このあたりは要検証。

私は、駆逐艦3隻を、曙、潮、不知火としました。
そのうち、先制雷撃できる練度の潮を対潜艦とし、曙、不知火は索敵重視。33電探を曙に2、不知火に1積みました。軽巡は、とりあえずの名取。対潜装備で先制雷撃できるようにしてあります。

今回から、航空支援が強化され、軽空母で潜水艦駆除が出来るようになりました。そこで、道中支援は軽空母4+駆逐2とします。軽空母は、そんなに練度が高くなくても大丈夫。いずれも2番艦を当てました。装備は艦攻・艦爆ガン積みです。海防艦も有効ですが、軽空母のほうが攻撃力が上がる模様。ただしボーキを消費しますので、そのあたりはお好みで。軽空2+海防2+駆逐2にすると、多少付与ダメージが減るようです。

この程度で、支援だけで潜水艦1隻撃沈、1隻中大破に持ち込めますので、非常に楽です。是非お試しを。

基地航空隊が出動できますので、行動半径5以上の機体を使って下さい。局戦または艦戦のみで編成します。

前置きが長くなりました。いよいよ出撃。

.ミック解除Fマス到達



初手Bマスで潜水艦。航空支援ががっつり仕事をしてくれて爽快です。Gの分岐でDに行き、再び潜水艦。軽くあしらってEマス。基地航空隊はEマス集中にして航空優勢を取ります。なお、ここで索敵不足だとIマスに行ってしまいます。
索敵十分ならHマス。ここを凌いでFマス到達。錨のマーク出現でOK。

▲ミック解除Kマス到達

続いてKマスですが、相手が潜水艦だけなので、潜水艦単艦出撃でOKです。そこで、滅多にイベントで使う機会のない、まるゆを大抜擢。まるゆ単艦で、支援も出さずに行くと、潜水艦マス2つを2連敗しますが、無傷でKマスに到達し、新ルートが現れます(笑)

これは痛快!しかも、Kマスは相手艦隊が現れないまま、まるゆの完全勝利という、素晴らしい戦果が得られます(笑)

動画をキャプチャしたので、参考にしてください。



なお、そのまま直進してLマスに行くと、徹底的にボコられますので、ここで撤退が正解です。Lマスでは久々に葛城が掘れるそうですが、そんなの後回し。

ギミック解除Pマス到達



編成はそのままで、新ルートのPマスに向かいます。基地航空隊は局戦艦戦のままNマス集中で。
Pマスに到達すると、錨マークに変わります。Jマスの潜水艦が多少きついので、道中の航空支援をお忘れなく。

ぅミック解除Eマスで航空優勢以上

これが分らず、最初Oマスに行ってしまいましたが何も出ませんでした。要注意です。
編成そのまま、GマスでDマスを選択してそのままEマスへ。局戦艦戦の基地航空隊をしっかり出しておけば、航空優勢以上は無難に確保できると思います。
私は最初にOマスを踏んでしまったので、ここを過ぎた時点でボスマスが出現しましたが、通常はここで撤退でOKと思います。ただ、念のためIマスに進んでおくと良いかもしれません。そのため、敢えて索敵値を下げてHマスに行かないようにするのも重要です。
まあ、Hマスもそんなに強くないので、Fマスまで進んで弾薬ゲットしておくのも一つの手だとは思います。



ィ魯泪硬達でボスマスSが出現。攻略モードに。

正しい手順を踏むと、Oマス到達でボスマスが出ますので、この出撃から攻略編成にしたほうが良いでしょう。

以下の編成を組みました。

航巡+重巡+軽巡+駆逐3

鈴谷改68+那智改二115+阿武隈改二127+潮改二130+不知火改84+曙改82

です。

道中支援は変わらず。決戦支援ですが、今回の支援艦隊の仕様変更から、空母を入れると航空支援になってしまうみたいです。そこで決戦支援は、駆逐2+重巡2+戦艦2にしました。

基地航空隊が悩みどころで、上記編成ですと圧倒的に航空制圧できないので、ボス前のOマスが辛いです。しかし、ボスマスもそこそこ手強い。しかも、ボスマスは航続距離8が必要なので、艦戦局戦では届きません。

削りでは、Oマス対策で、陸攻2+艦戦2とするのが一番安定しました。

ボスはヌ級flag。なぜか「しげ」と呼ばれていますw
当たれば大したことはありませんが、ダイソンが居るのが面倒くさいです。しかも甲作戦では最終段階でダブルダイソン。何考えてんだ。



ラスダンは、甲作戦の場合、基地航空隊をボスマスに行かせて少しでも削らないと苦しいです。陸攻4になるので消耗が激しい。やりづらいですね。

今回、比較的慎重になってキラ付けもシッカリ行いましたが、削りの段階でも、道中で重巡、軽巡が被害を喰らうと、ボス戦でD敗北1回、C敗北1回となりました。ボスを削れてはいますが、夜戦火力が足らないと倒すまで至らないうちに終わってしまいます。
そのため、ラスダンでは航巡、重巡、軽巡に2重キラを付けました。

ところがOマスで潮が連続大破。これは参りましたね。

潮のキラを3重にして充分休養を取って再出撃。

道中、Jマスが潜水艦5隻になったりして慌てましたが、無事にクリア。ラスダンはダブルダイソンになりますが、軽空母1隻になりますので、航空拮抗程度までにはなります。基地航空隊が仕事をして、阿武隈の先制雷撃でボスを半分削れたので、イケる感触を得ました。2巡目の攻撃で那智先生が見事にボスを落としてクリア。夜戦でダイソン2隻が中破で残りましたが、これも難なく仕留めて完全S勝利。



撃破ボーナスは、

零式水上偵察機11型乙(熟練)



給糧艦「伊良湖」4個
給糧艦「間宮」1個
特注家具職人1個
戦闘糧食3個
九五式爆雷

と、なります。

クリアに半日以上かかってしまいました。

資源は燃料5900、弾薬4600、鋼材+600、ボーキ3800、バケツ26個でした。
鋼材がプラスに転じているのは、デイリー任務などの影響と思います。

このままE2に進みます。
| 【艦隊これくしょん】 | 08:35 | comments(2)
コメント
轟沈艦と共に消えるレア装備…
想像しただけでトラウマですわ

中破ボイスに気を付けながら、
ながらプレイしてますが、無音プレイは怖いでち

イベ完走がんばりましょ〜♪

| いけちょ | 2017/11/19 11:21 AM |
ああ!そうか無音プレイはそこがマズいですね。
でも、あんまり音出せないんですよねえ。

以後気をつけます。

お互い頑張りましょう!

と、いいつつ既にE2で萎えてますw

| 雀坊。 | 2017/11/19 11:54 AM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂