クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • ロリーナ買い占め問題を考えた
    雀坊。 (04/02)
  • ロリーナ買い占め問題を考えた
    別ジャンルのコレクター (04/02)
  • 就職祝い。
    雀坊。 (03/25)
  • 就職祝い。
    レオン (03/25)
  • 就職祝い。
    彗星丈二 (03/25)
  • 艦これ日記(159) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「エンガノ岬沖」(E7)甲 第2ゲージ攻略
    雀坊。 (03/12)
  • 艦これ日記(159) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「エンガノ岬沖」(E7)甲 第2ゲージ攻略
    いけちょ (03/12)
  • 艦これ日記(154) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「サマール沖/レイテ湾」(E4)乙
    雀坊。 (02/22)
  • 艦これ日記(154) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「サマール沖/レイテ湾」(E4)乙
    イケチョ (02/21)
  • 艦これ日記(153) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「エンガノ岬沖 」(E3) 甲攻略
    雀坊。 (02/20)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 同窓会 | main | 自分の言葉で考え直す癖をつけるということ。 >>
ゲームにまつわる話。

twitterに投稿しようと思って書き始めたネタが、いつもの通り、思いのほか長くなってしまったので、日記にまとめることにしました。今日は、ゲームに関する話です。

***

2週間くらい前から話題になっている、スマホ版「どうぶつの森」だが、インストールすらしなかった。この手の話題には乗りやすいのであるが、ポケモンGOで失敗して以来、いわゆるスマホゲームには手を出さないことにしている。

基本的に、他人と交流したほうが面白さが増すようなゲームは苦手なのである。ポケモンGOは、いわゆるポケモンとは違って、始まった当初は完全な個人ゲームだったし、話題にもなったので始めてみたが、主としてスマホ側の事情(電池の減りが早い)で、1年前に辞めてしまった。

ポケモンGOそのものはシンプルで面白いと思ったが、GPS機能をフル稼働しなければならず、そのため電池の消耗が早すぎて充電器が必須という環境には、ちょっと耐えられなかった。電池が1日持たないようなスマホなど、持つ価値が無いと思っているので、その原因であるポケモンGOを辞めた次第。その時点では、ゲームそのものの問題では無かった。

ただ、今のポケモンGOのゲーム進行を横目で眺めていると、あのまま続けていてもいずれ辞めることになっていたかなとは思う。

自分はコレクター癖が強いので、ポケモンGOみたいに集めるタイプのゲームは面白いかな?と思って始めてみたが、日本では入手できないレアモンスターとか、協力して倒さないと入手できないようなモンスターが出てきたあたりで、一遍に熱が醒めてしまった。都会重視で、地方では全然モンスターが出てこないという点も、辞める一因になった。

誰でも時間を掛ければ必ずフルコンプ出来る、というのが、この手のコレクションゲームの基本であって欲しいのだが、そういうものは少ないのが実情だ。物理的に集めるのが困難みたいなギミックが入ってたり、季節限定で、そこを逃すと二度と手に入らないみたいなやり方や、課金しないと手に入らないようなスタイルには嫌悪感しか伴わない。

その昔、トレーディングカードとか食玩で、同じようなレアものに嫌というほど金を使わされたし、ブームが去ってそれらが文字通り紙屑になってしまった例も痛いほど体験した。しかも、ゲームで集めたレアものなど、そのサービスが終われば灰燼に帰すのである。何という無駄遣い。もう、そういう射幸心を煽って課金させるやり方には騙されない。これらの趣味では、主として交友関係で得たものは多かったけれども、失ったものも少なくなかった。

最初は普通にフルコンプが出来ていても、人気が陰ってくるとテコ入れのために、射幸心を煽るレアものを投入してくる。出現率が低かったり、課金しないと入手できないようなモノになる。一度フルコンプしてしまうと、継続したくなるのが人情だから、期間限定で出現率が低いとなると、課金してでもそれをゲットしたくなってしまうのだ。

そういうロジックは、商品企画としては安易だと思う。射幸心というものは際限がない。だからどんどんエスカレートしていき、最後には自分の市場を食いつぶして終わってしまうのだ。今のトレーディングカード業界を見てみれば分かる通り、雑草も生えないほどに枯れ尽くしてしまった。

だから、そういう方向にエスカレートしているゲームは、早々に潰れてしまえばいいと罵りたくなるのだが、まあ、それでもそういうゲームを楽しんでいる人たちも多いわけで、そこはいたずらに否定だけするのもどうかと思うようになった。

射幸心という意味では、現在の艦これも似たようなものだが、少なくとも期間限定のグラフィックは、その期間にログインすれば手に入るし、レア艦も時間が掛かるけど、イベント終了以降でも入手できる方法が提供される。そして課金しなければ手に入らないものは基本的に無い、というのが継続出来ている理由かなと思う。

ただ、昨今の肥大化したイベントには正直うんざりしていて、さっさと終わらせて他の趣味をやったほうが良いと思うようになってしまった。艦これを辞めることは無いとは思うが、今までのように何が何でも甲作戦でクリアという欲望は、完全に無くなっている。

艦娘はコンプリート出来ているが、装備については未入手のものが多く、こちらは絶対に入手できないものが幾つか出てきてしまったので、装備コンプリートは諦めた。甲種勲章も既に何回も獲得できない時があって、それならもうこだわる必要が無い。そこからなし崩し的に妥協が入るようになった。ゲームとしては面白くないと言えるかもしれないが、そもそもプレイすることがそんなに楽しいゲームではないので、これはもう、仕方ないことかなと思っている。

艦これの脅威となりつつある、アズールレーンであるが、これはスマホゲームだし、私の苦手なシューティング要素があるし、課金も必要らしいので、手を出していない。というか、同じ軍艦擬人化というテーマで、同じ名前の艦に二種類のまるで異なる擬人化デザインがあるということが受け入れにくい。艦これとアズレンを同時プレイ出来る人って、どういう精神構造なのかな?あくまでゲームとしての位置づけなんだろうか。ちょっと謎である。

ま、アズレンの擬人化は、ちょっと私の苦手な方向の絵が多いから、どちらにしても手を出す可能性は無いけれども。

あと、ゲームは一人でやるもの、という考えなので、他人と協力してプレイするゲームは嫌い。初心者で参加すると、当然のことながら他人に指示されたり罵倒されたりするわけだが、何を好き好んで他人に罵倒されなければならないのか。WOTとか絶対にやらないのはそれが理由。

初心者には優しく接して欲しいなんて言っても、何百万人も参加しているゲームで、しかもメインは10代20代の若者だろうから、そんな配慮なんて期待できないし、自分がベテランになって、そういう素人が入ってくると、手を差し伸べるかといえばそんな事はなく、「チッ、初心者が、ウゼエな」と、絶対に思ってしまうので、それも嫌なのだった。

ポケモンGOと艦これを並行してやっていたときに気づいたのであるが、私はふたつのゲームを同時にプレイするのは性格的に向いていない。やりだすとトコトンやってしまう性格なので、片方に入れ込み過ぎると片方が疎かになる。かつて、ドラクエ3にハマリすぎて、当時付き合っていた子とデートの約束をしていたのをすっぽかしてドラクエをやっていたほどである(当然振られたw)。

そういう性格なので、ギャンブルとかにハマるのも危険だと思っているから、なるべくそちら方面には手を出さない事にしている。博才が無いので、どんなにやっても儲からないのは分かっているし。

ゲーム業界にも知り合いがいるので、あまり悪口を書きたくはないが、ゲームをやっている暇があったら、模型を作ったり本を読んでいたほうが良いと、最近は特にそう思うようになっている。


 

| 【TEXTSTYLE】 | 13:57 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂