クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< ゲームにまつわる話。 | main | プリンタは何故12月に壊れるのか? >>
自分の言葉で考え直す癖をつけるということ。

twitterとかを見ていて、最近物凄く感じることは、日本人というのはあまりにエモーショナルすぎる人種なのだなあ、ということだ。

いい年こいたオッサン、オバサンが感情論だけでガヤガヤ言いまくっている。もう少し論理的に考えて欲しいなと思うんだけれども、一旦その溝にハマってしまうと絶対に抜け出せなくなるらしい。

溝は深くて、周囲が全く見えないから、そこを突き進んだら大きな滝壺に墜ちてしまうんだけれども、そんな事には全く気が付かない。というよりも、滝壺の方向に明るい光が見えちゃったりしているから、そこに猛突進したうえで、派手なダイビングをやらかしてそのまま死んでしまうという図式だ。

ちょっと立ち止まって背伸びをすれば、溝の上の地平が見えるのに、絶対それをしない。
溝の上から、そっちに行ったら危ないぞと声を掛けても聴く耳を持たない。
滝壺の入り口で待ち構えている悪魔の姿しか見えておらず、その甘言に騙されたままになっている。

思想の左右に関係なく、フェミニズム、セクハラ、パワハラ、在日差別、部落差別、ジェンダー、LGBT、PTSD、発達障害、反ワクチン、反原発、ヘイト、レイシズム等々、ありとあらゆる局面で、見事にそういった単純な思考に陥って周囲が見えなくなっている人たちばかりだ。

日本人の特性と言ってしまえばそれまでなのだろうが、あまりにも酷くて陰鬱になってしまう。

日本人全体がそういう雰囲気に包まれてしまっている印象だ。だから、ニュースは肝心な事を言わずに、どうでもいいスキャンダル暴きに熱中している。それが一番視聴率が取れてしまうという事なのだろう。視聴率至上主義というテレビの在り方も、溝にハマり込んで出口が一カ所しか見えなくなっているだけと思うのだけれども。

私もまだまだ人間がデキていないので、そういう猪突猛進型で方向のズレちゃってる人に対して、何かとチョッカイを出してしまうのだが、こういう輩に構うと、その何倍もの同類がやってくるので、余計に面倒くさいことになる。

そこで気づいたことは、実は、その手の猪突猛進型の人は、実はそんなに多くないのではないかという事だ。ある一定の層に多いだけで、一般大衆は単に迎合しているだけ。猪突猛進型は声がでかいのと、一見、理路整然として見えるので妙な説得力があったりする。庶民はそこに乗っているだけなのではないか、という事だ。

これは怖いなあ、と思った。だって、それって典型的なファシズムだよ。ファシズムっていうのは右翼的な思想という意味ではないからね。左翼でもファシストにはなり得るのだ。

ある、どちらかといえばニュートラルだと思っていた知り合いが、著名な左翼的有名人と知り合いになったら、見事に感化されてしまって、次々と左翼的な発言をリツイートし出すようになった。別の知り合いは、嫌韓主義者を通じて右派的な発言に心酔するようになっている。

彼らに共通なのは、自分の言葉で発言をしていない。誰かの発言をリツイートしたり、いいねしたりするだけなのだ。そこが流されていて、とても危険だなあと思ってしまった。

私は嘗て右寄りの思想を公言していたし、未だに左翼は嫌いであるが、現在は思想の左右など超越して自分の考えを構築するようになった。何故なら、世間の右翼も左翼も似非だらけで、本当の思想家など一人も居なくなってしまったからだ。いや、いるのであろうが、そういう思想家はネットなどで扇動することを良しとしていない、という事が分かってしまったからである。

日本に於いては左翼的な思想の人に多いが、彼らは左翼なのではなく、自分の嫌いな人間や考え方がたまたま右寄りに見えたので、その反証として左寄りになっているだけ、という事だ。反安倍、反原発っていうのがそれを象徴している。

権力に反発することが左翼的と思ったりしている馬鹿が多いから始末に終えない。そんなの左翼でも何でもないよ、単なるワガママなガキだ。

ネトウヨと称される似非右翼の人たちにも辟易としている。ちょっと過激な犯罪があると、すぐに在日扱いだ。凶悪犯罪者なのに名前が出てこないとすぐに在日認定したり、名前や顔写真を暴露する。そして、それらを興味本位だけで見る人たちにも腹が立つ。自分の中にも、そういう出歯亀的素養があるから、ゲンナリしてしまう。

脊髄反射的にイイネボタンを押す前に、ちょっと考えて欲しい。それは本当にイイネボタンを押す価値があるんだろうか?彼らの言葉を自分の言葉に置き換えてみたとき、そこに不快感は無いだろうか。

激情的な発言には魅力があるが、一度冷静になって、その発言を考え直して欲しい。そして、自分の言葉で再表現することをお勧めしたい。自戒の意味も込めて。

 

| 【TEXTSTYLE】 | 10:08 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂