クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 艦これ日記(151) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「パラワン水道前路哨戒戦」(E1)甲 | main | 艦これ日記(153) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「エンガノ岬沖 」(E3) 甲攻略 >>
艦これ日記(152) 【捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)】 「シブヤン海 」(E2) 甲攻略
E2です。シブヤン海ですか。武蔵の出番かな?
って・・・これ、秋イベの最終マップじゃないの!!運営楽しやがっ()



レイテですからねえ。まあ、そうなるな。

ルートによって、栗田艦隊と西村艦隊のお札が付きます。攻略には西村札が必須。

お札の付いていない西村艦隊の7隻 扶桑、山城、最上、時雨、山雲、朝雲、満潮を、過不足なく第3艦隊に配置して出撃すると西村艦隊札が付いて下ルートになるようです。

札付きの艦を混ぜたり、西村艦隊以外の艦を多く混ぜたりすると上に行き栗田艦隊札が付いてゲームセットになるようなので、注意したほうが良いでしょう。ま、報酬がヌルいので、いっそのこと丁作戦でサクッと終わらせるのも手ですね。

現段階では、はっきりしていませんので、甲作戦では上記7隻は必須と考えておいた方が良いでしょう。乙以下だと必須艦の数が減ってくるのではないでしょうか。前回、しまむらルートみたいな事があったので、その予防策なのかもしれないですな。

前回同様、潜水艦を混ぜての攻略が可能かどうかも分かりません。小細工などせず、正攻法で行きましょう。

ギミックは、甲作戦の場合Y、X、GマスでA勝利。Tマス到達の4ポイントです。

まずは西村艦隊で、どんつきのYマスを目指します。秋イベの悪夢が蘇るなあ。ま、私は乙でクリアしちゃったんですが。

途中でGマス、Xマスを通過しますので、ここで確実にA勝利以上を取っておきたいところ。

Gマス対策として駆逐艦のうち2隻を対潜仕様。残りは対空カットインとPT対策。これも秋イベ攻略と同じ戦法です。航空隊はYマス集中で、陸攻3+艦戦としましたが、夜戦でクリア出来てしまったので無駄でした。

初戦Gマスは問題なくS勝利。ところがXマスでうっかり単縦陣を選んでしまいB勝利。ここはやり直しです。

で、Yマス。なんじゃこら?戦艦6隻!でも、見た目ほど怖くありません。夜戦で難なくS勝利でした。



さて、残したXマスです。Xマスだけでいいので、PT対策を取ります。航空戦艦には主副瑞雲電探、駆逐艦は主主機銃か主主見張り員とし、1隻だけ対空カットインにします。並び順も駆逐艦を前にしておきます。

航空隊は東海トリオを使ってGマス集中としました。

ところが道中で大破しまくる。2戦目はMマス、3戦目はSマスで大破撤退となりました。遊撃司令部を入れるのを忘れていましたね。ただ、1隻落ちでA勝利は難しいかもしれないので、もう1戦そのままでやってみます。

少し間を開けて4戦目。今度は何とかXマスに到達。複縦陣で、見事S勝利をもぎ取りました。勢い余ってYマスに進撃し、ここもS勝利。

続いてTマス踏破です。栗田艦隊になりますが、こちらは連合艦隊での出撃が可能。

長波改二85を旗艦とし、榛名改二138、金剛改二125、高雄改二132、愛宕改二132、朝霜改91という第一艦隊。長波には司令部を積みます。このための改二!

第二艦隊は、矢矧改92、鈴谷改二99、島風改98、沖波改70、早霜改71、野分改71

全て栗田艦隊の史実艦で揃えました。駆逐は予備で清霜改71、浦風改71を用意しておきます。この子たちも史実艦です。

第二艦隊は基本的に対潜仕様とし、基地航空隊をE、Fマスに振り分け。Iマスも潜水艦優先で第一陣形を取り、乗り切ります。

問題なくTマスを踏み、短縮ルートが出現。



いよいよ本戦です。

削り段階では編成を変えず、装備を全て連撃仕様に変更しました。(これは悪手でした)
基地航空隊はボスマスで10必要なので、陸攻を二式大艇で牽引。

道中、決戦支援ともガチ支援を入れました。

Wマスが固いですね。大破退避でボスマスへ。ボスのほうが緩いので、2隻落ちでもS勝利可能です。削りでは、基地航空隊をWマスに向けて安定化を図るのも一つの手とは思いますが、それでも大破は避けられなかったりしますので、やはりボスマス集中で大破退避は覚悟の戦略のほうが良さそうです。制空確保には軽空母投入ですが、ボーキをケチりたいという下らない思惑があり、そのままの編成で行きました(これが悪手)。

航空戦2回、地上戦2回ですが、ほぼ第一艦隊で決着がつくので第二艦隊へのキラ付けは不要です。その分、第一艦隊を厚めに。特に重巡が被弾しやすいのでここを重点的に厚くしておきました。

甲作戦ですから、そう簡単には崩せませんが、やはり航空隊ボスマス集中のほうが安定して勝てます。重巡2隻には、ピアス穴を開けてバルジを装備しました。まあ、気休め程度ですが。でも愛宕ちゃん、元々バルジ太いん()

いつもの通り、4戦くらいすると、こなれてきます。不思議ですねえ。大破も無くなり、順調に3連勝。そしてD型砲の長波改二が結構強い!デモ、金剛パンチ当たらないデスネー。

何だかんだでラスダンです。ラスダンになると途端に道中がきつくなります。不思議ですねえ。敵艦隊が増強している感じ。流石に制空を取れない編成だと厳しいです。



一応こんな感じで4隻落ちでも削れたりするんですが、航空隊と支援頼みになってしまいます。

そこで編成を見直し、第一艦隊の駆逐2隻を翔鳳改、龍驤改二の軽空母2隻に入れ替え。艦戦ガン積みとし、翔鳳は旗艦にして司令部。龍驤には彩雲を積みました。

龍驤がWマスで大破撤退しましたが、あっさりボスクリア。もっと早く軽空母使うべきでしたね。



全10戦と、まあまあの戦果でクリア。甲作戦報酬には二式爆雷が付きます。

そして、新海防艦の日振!しばふ艦ですね。可愛いです。



ここまでは順調。予定通り、1日でE2まで消化しました。明日はE3までクリアしておきたいです。


| 【艦隊これくしょん】 | 07:08 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂