クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 就職祝い。 | main | 美術館はしご >>
自転車置き場の管理人さん

自宅から最寄り駅までは自転車通勤である。
駅前の市営駐輪場を借りていて、そこに自転車を停めておくのだが、ここの管理人さんは、いわゆるシルバー人材センターの人たちが交代でやっている。

定年退職したおじさんばかりなので、みなさんそれなりの感じの人たちなんだが、一人だけ、とても印象的な人がいる。

その人はまず、非常に人当たりが良い。
定年退職した人たちだから、中にはぞんざいな人や、ちゃんと返事出来ない人なんかもいたりするんだけれども、その人はとても腰が低くて丁寧なので、まずそれが好印象につながっている。

驚くべきは、契約者の顔と、その人の自転車の駐輪場所を全て把握しているという事だ。

この駐輪場には常時100台くらいの自転車が停めてあるわけだが、例えば、帰宅時に雨が降った時など、自転車のサドルを雑巾で拭いてくれるサービスをしてくれるのだけれど、その時、私の顔をみると、すぐに私の自転車の所に先回りしてサドルを拭いてくれる。

どの人にも同じ対応をしているので、おそらく契約者全員の顔と自転車と駐輪位置を覚えているのだ。

そのような義務は全くないし、他の管理人の人たちは、顔くらいは覚えてくれるけれども、その人の自転車や駐輪位置まで把握していることはない。

これは凄いことだなあ、と、毎回思っている。

恐らく、自分の仕事に矜持を持ち、楽しんでいるんだろう。それでなければ、そういう事は出来ないと思う。

おそらく定年前に、お勤めされていた時にも、それなりの人物だったのではないだろうか。

それだけでも脱帽なのだが、今月は契約の更新月なので、半年分の駐輪場代と契約書を持って更新の手続きに行ったとき、応対してくれたのがその人であった。

更新お願いします、というと、窓口には別の人が対応してくれ、契約書の更新と支払い手続きをしてくれた。
その人は、自転車に貼る駐輪シールを貼り換えてくれたのだが、そこにも自転車にも名前は書いていない。

それなのに、

「じゃあ、飯盛さん、自転車いつもの場所に置いておきますからね」

と言ってくれた。

「よろしくお願いします」

と言って、駅へ向かう途中で気が付いた。

あれ?あのおじさん、何で私の名前知ってるんだろう?
名前は契約書に書いてある。だが今回、あのおじさんがそれを見るチャンスは無かった。

ということは、、、

あのおじさんは、顔と自転車と駐輪場所だけでなく、契約者の名前も憶えていたのであった。

すごいな。

リタイア後の余生でやっている仕事だし、たいして報酬も貰えないだろう。そんなことをしなくても、適当に流すことの出来る仕事である。それなのに、そこまでやり込む姿勢が素晴らしい。

人間、かくあるべし。

とてもあのおじさんのレベルに到達することは叶わないが、自らの襟を正したくなった。

 

| 【TEXTSTYLE】 | 09:10 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂