クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 艦これ日記(161) 春のミニイベント「強奪された補給物資」 | main | 艦これ日記(162) 補給物資回収編成まとめ >>
日大アメフト部の問題を考えてみた。

何だかややこしい話になってしまっていますね。いつものとおり、マスコミ他、SNSの正義の人たちが言いたい放題。ゲンナリしますねー。

日大アメフト問題はね、そんな難しい話じゃないと思うわけです。

まず、背景を整理しておきます。

昨年、27年ぶりに因縁の関学を破って甲子園ボウルに勝った日大。

関学との争いは、長年の確執を生んでいたと思います。大学日本一を決める甲子園ボウルでは、去年まで3連敗しており、通算成績でも1位の関学に対して2位に甘んじている日大。

その日大の監督としては、何としても関学を落としたいと思うでしょう。

でもね、そこまでの関係でありながら、関西学院大学を「かんさいがくいんだいがく」って呼んじゃうのはどうか。まあ、信じられませんでしたね。他校へのリスペクトが全く無いにしても、あり得ないですよ。プロレス好きな人が長州力を「ながすちから」とか読まないでしょ?そういうレベルの話です。

それはさておき。

日大といえば、故篠竹監督による徹底指導で名門にのし上がった歴史があります。「反則は未熟から生まれる」ものとし、徹底的な反復練習でチームを鍛え上げてきました。70年代のアメフトブームの中で、圧倒的に強かった日大。その右腕として指導をうけていたのが現在の内田氏です。

日大フェニックスと言えば、プレーはもとより、日常生活においても品行方正を重んじていたチームだったという評判でした。それも徹底した篠竹イズムだったと思います。それが何故、ここまでダーティーなチームに成り下がったのでしょうか。そこが不思議なのです。問題は、その点に絞られます。

M選手は、6月に行われる大学世界選手権メンバーに選出されるほどの人材でした。何故、そのような「エリート選手」が今回のような愚行を行ってしまったのでしょうか。本人のメンタルの問題と言われていますが、この事件の真の原因はそこにありますね。

ところで、

「相手QBを潰してしまえ!」などという話は、日常的に出てくる会話で、特に酷いものであるとは思いません。これは監督&コーチの会見での言い訳どおりと思います。それを、M選手が文字通りに潰せと解釈してしまった。それも、恐らくその通りでしょう。

試合後、一旦は「責任は全て自分にある。何か聴かれたら監督が指示したと言え」と内田氏は言ったそうです。その通りなのでしょう。「(反則をしてでもいいから)QBを潰してしまえ」という指示が出たという事です。これは篠竹イズムを知っているファンから言わせれば背徳行為でしょう。

何でそんなことになったのかな?大学日本一になった事からのプレッシャー?そこは本当によくわかりません。

不幸だったのは、M選手が「監督やコーチからの指示を真に受けて、プレーを忘れて真っすぐに潰しに行ってしまった」ことにあったという話です。

内田氏や井上コーチのシナリオ的には、通常、このような指示をされた選手は、「アウトかセーフかギリギリのラフプレーで相手を潰す」という動きを期待していたと思います。M選手は、その能力がある人材だったという事でしょう。だから選ばれた。

ところが、M選手はその指示を受けて完全にパニック状態になってしまった。プレイヤーとしては余程のメンタルの持ち主であるか、ダーティーな性格で無ければ、そのような指示を簡単に受け入れられないと思います。そこが、内田&井上チームの誤算だったという事でしょう。だとするならば、メンタル面で不安のある彼に、何故そういうラフプレーを仕掛けるよう指示したのか。そこが謎なのです。

プレー中の不慮の事故。かなりグレーゾーンであるが、まあ仕方ないというレベル。それを望んでいたものと思われます。内田氏の発言を読むと、元々関学の選手から、そういう汚い行為をかなり仕掛けられていたのではないかと思われる発言がありました。そのあたりの積年の恨みだったのかなあ?とも思います。

スパイによる暗殺を狙っていたのに、敵の組長の前に出ていきなりピストルぶっぱなしちゃった。やらかしちゃった。そこが、この事件の真相のような気がします。

普通、反則プレーをするにしても、あそこまであからさまにはやらないです。だから、あの最初のプレーを見たとき、内田氏も井上コーチもびっくりしたんじゃないでしょうか。井上コーチは、例のプレイをちゃんと見ていなかった可能性もあります。

目的はちゃんと達成したのですから、あれ一発でM選手は下げておくべきでした。そこを怠って、再度プレーさせたのは完全なミスです。しかも、指示はまだ継続しているので、M選手はさらに反則タックルを行い、あまりに異常なプレイに怒った関学OTと揉めあいになって退場になっています。

二度のメジャーペナルティを犯した選手をサイドラインに下げないというのは、あまりにも異常なんです。そこが根本的におかしい。そこに後ろ暗い何かがあるのではないか、そこが問題なのです。

あそこまでプレイさせたこと自体、監督&コーチの失策です。そこまで関学に恨みがあったのですかね。不思議なのはその一点なのです。日大が甲子園ボウルで負け、恨みに思っていたというのならまだわかります。しかし、昨年、栄光に輝いた人たちが、何故敵を騙し撃ちにするような行為に及んだのでしょう。

疑問点は、ただそれ一点です。これから解明して頂きたいのは、その心理と動機だと思います。

 

| 【TEXTSTYLE】 | 11:36 | comments(4)
コメント
テレビ番組に出演しているアメフト関係者は、口を揃えて、「あのプレーは、これまでの私の競技人生で初めて見る悪質なもの。ありえない」とおっしゃる。
そこで、わりと自由な発言が許されているコメンテータが、「だったら、なぜ最初の反則の時に退場処分にならなかったのですか?」と聞くと、みな目が泳ぐばかりで、まともな答えができない。

「見えなかったのかもしれない」(いや、審判の目の前じゃん)、「まさか、そんなひどい選手がいると思わなかったのかも」(信じたくないことは、目に入らない人が審判?)

それから私は、日本でアメフトに関わっている人すべての発言を信頼できなくなりました。
| 彗星丈二 | 2018/05/24 2:08 PM |
アメフトに限ったことではないですが、日本の審判は総じて甘いですね。ただ、タックルに関して言えば、サッカーとは違って、危険なプレーに対して一発退場になることは殆ど見た事がないです。それをやりだすとキリがないという事もあります。

むしろ、ラフプレーをやった場合には、自軍の側が交代させるべきなんです。今回の異常性は、審判が退場させなかったことではなくて、自チームが彼を交代させなかったこと。審判の問題ではないです。そこが変だというのが私の指摘でもあります。

そこが分からないアメフト関係者って、元プレーヤーとかなんですかね?単なるファン気取りの解説者?と思いますが。

ちなみに今回も、退場の原因は、プレイ終了後に相手側OTと揉み合いになっている点で、これは一発退場の原因になります。
| 雀坊。 | 2018/05/24 5:09 PM |
お返事をいただきまして、ありがとうございます。

自チームが彼を交代させるべきだった。
という意見は、多くの方がおっしゃってますね。
(なぜ、すぐにベンチに呼ばなかったのか、という関学側の指摘も含めて)
なお私が言っているアメフト関係者というのは、元プレーヤーとか、現役のコーチとかですね。ただのファンの言葉までは記憶にとどめません。

いずれにせよ、「これまでになかったこと」に対して、「通常は退場させません」という説明は、あまり意味をなさないように思います。
テレビに出演されていた現役コーチのかたも、その矛盾を感じ取ったらしく、説明に苦慮されてました。

そこからアメフトに関わっている人の発言はすべて信頼できなくなった、というのは、少し飛躍がありますが、だれが出てきても、発言のなかにキレイゴトとゴマカシが多すぎて……。
どの発言もバカらしくて、聞いてられなくなっちゃうんですよね。

ワイドショーなんか見るからだ、と言われれば、それまでですが。

| 彗星丈二 | 2018/05/24 5:58 PM |
こちらこそ、感想ありがとうございます。

なるほど、そういう事でしたか。

これは下手な説明をするとアレなんですけど、そういう反則を想定していないんです。
アメリカンフットボールは、母国アメリカでは最も名誉ある人気スポーツですから、そんな下らない反則をして競技人生を棒に振るようなヤツはいないので、即刻退場みたいなルールがないという事なんですが、それは理解されないでしょうね。

そこをきれいごとと言われてしまえばそれまでなんですが。でもそういうスポーツだから仕方がない。まさに前代未聞なんですよ今回の事件は。

ごまかし、っていうのもあるとは思います。影響力のある人だし、まさかそんな事をするはずないと思うだろうし。プライドもあるだろうし。

日本人は何にでも誇りを持つことを恥ずかしがったり、そういう事を表に表明することを嫌う傾向があるので、こういうプライドっていうのは理解されないでしょうねえ。

特にスポーツをやらない人にこういう説明をしても理解してもらえないですからね。

SNSなどを見ていても、一部のスポーツ嫌いの方々の、体育会系への罵詈雑言はとても見苦しいものがあって、ゲンナリしています。

ちなみにアメフトで一発退場になる殆どのケースは審判への暴言です。それだけ審判は神聖化されているという事なんですが、これも日本人には理解不能ですね。

でも、今回の事件は日本アメフト界の闇をえぐる事件と思います。これで徹底的に浄化されることを望みます。

| 雀坊。 | 2018/05/24 9:53 PM |
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂