クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< 艦これ日記(166) 第2期 2−1 南西諸島近海 南西諸島哨戒作戦 攻略 | main | 本日発売! 金属恵比須「武田家滅亡」CDレビュー >>
艦これ日記(167) 第2期 2−2 バシー海峡 柳作戦 攻略

2−2海域は、1期同様、バシー海峡です。「柳作戦」という作戦名が付与されました。

旧バシーは戦闘回数が少なく、微量ながらボーキが確実にゲット出来たほか、輸送艦クエスト消化、南西諸島クエスト消化に便利な海域でした。さて、どう変化したでしょうか。

【マップ】



ほぼルート固定が出来ます。輸送艦Bマスに行くには、空母系3隻で固定可能と思われます。
さらにAマスでボーキサイトがゲットできますが、この時、大発やドラム缶を積んでいると、獲得出来るボーキの数が増えるようです。

ただし、Bマスで出現する輸送艦は2隻の場合が多いようですので、デイリーの輸送艦任務消化には2巡する必要があります。旧バシーでは3隻、4隻出現のケースがあったのですが、そこはデグレードしています。しかし、ほぼルート固定が出来るので、羅針盤勝負が不要な分、クエスト消化はしやすくなったと思われます。

最短はEマスからボスマスですが、Gマスに逸れると戦艦ル級eliteが2隻待ち構えており、ここで結構な被害を受ける危険性があります。

EマスからFマスに行き、ボーキサイトをゲットして、敵影を見ずのHマスに辿り着き、そこからボスマスへ行くルートが固定できれば、一番美味しい攻略法になると思います。


【羅針盤】

Cマス分岐

空母3隻でB。
補給艦を入れるとB?
空母2隻以下で水母が入るとE。
潜水艦のみはDかE。

ですが、確定ではない模様。

Eマス分岐

海防艦2隻以上でF。
空母+戦艦なし、かつ駆逐艦2隻以上でFかK。

Hマス分岐

重い編成だとI。


【編成】

.棔璽ゲット&輸送艦倒し編成



雷巡(水母)+駆逐(改二軽巡)+駆逐+軽空母3

軽空母と甲標的で先制雷撃の出来る雷巡・水母で、戦闘前に敵を蹴散らして完全勝利を狙います。
軽空母3でルート固定になるようです。

軽空母には、熟練整備員か彗星33型を載せて長射程とすることで、早めの攻撃が見込めますので、ワンパン中破などの被害防止になります。1戦しかないので、完全勝利出来れば被害ゼロでボーキをゲットして帰還が可能。駆逐には改二勢を使い、大発をガン積みするとボーキの回収量を増やせます。水母旗艦の場合には甲標的を積んで開幕雷撃担当。残る2スロに大発を積むと、さらにボーキ回収量が増えます。ただ、Bマスの敵は強くないのですが、駆逐2だと撃ち漏らしとカスダメが勿体ないので、ボーキを欲張らないで、水母には瑞雲系を積み、駆逐の1隻は甲標的の積める改二軽巡(阿武隈改二・由良改二)を入れて、甲標的+大発にしたほうが良いかもしれません。

▲棔璽ゲット&ボス確定



水母+重巡(航巡)+駆逐2+海防2

ボーキサイトをゲットしつつ、ボスマスクリアを狙おうという欲張り編成。水母には瑞雲2+甲標的。重巡/航巡には水戦(航巡は瑞雲系でも可)を搭載することで、ボスマス航空戦拮抗に持ち込めます。それでも中破以上が2〜3隻出ますので、バケツ消費量は増えるかも。ボスマスが厳しいので、ある程度の火力は確保しておきたいところ。

ボス確定 クリア編成



水母+重巡3+駆逐2

上記の海防艦入り編成では、ボス戦の火力が弱い。そこで、海防艦を外して重巡を入れてボスマス勝利の確率向上を目指します。重巡1隻は雷巡に変更しても良いでしょう。ボス直行ルートの他、ボーキサイトルートに入ることも多いので、バケツ消費を減らしたいならこちらが有効と思います。 1隻でも軽空母を入れてしまうとGマス逸れの確率が高くなるので諦め、代わりに駆逐は対空装備艦にしたほうが良いかもしれません。


【ドロップ】

ボスマスで浜風が出ました。


【クエスト】

デイリー任務の輸送艦クエスト、南西クエスト。


 

| 【艦隊これくしょん】 | 20:41 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂