クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
<< グリコの世界の名画カードコレクション | main | 艦これ日記(174) クリスマスモードで新任務 >>
電池交換狂騒曲
ここのところ、あいぽんの調子がとても悪かった。
とにかく電池の減りが異常に早い。満タン充電して7時に家を出て、twitterなどを見ながら1時間ほど電車に乗り、会社に着いた頃には残量50%を切っている始末。
バッテリーの状態を見ても、93%くらいなので、交換時期というわけではない。

ネットの情報を見て色々試してみる。

・Wi-Fi無効、Bluetooth無効、GPS無効 →変わらず
・電源を完全に落として100%充電し再立ち上げ →変わらず
・最近インストールしたアプリを一旦削除 → 変わらず
・バックアップを取り、出荷状態に戻す → 変わらず

これだけやっても状態が変わらない。原因は相変わらず不明。
しかし、半日も持たないようでは埒が明かないので、電池交換してもらう事にした。

ジーニアスバーに予約を入れようと思ったが、混んでいて全く空きが無い。何度かトライして、ようやく1週間後の日曜日のお昼に、表参道の予約が取れた。

この日は元々外出の予定だったので都合が良い。

当日、表参道に出向いて端末を預ける。混んでいて、電池交換に二時間掛るとの事。その間に祐天寺で開催中の友達の写真展を見に行くつもりだったのだが、うっかり免許を忘れていて、引き取りが出来ないので一旦帰宅。タッチアンドゴーで免許を取って表参道へ。

無事に引き取り、予定していた定例会に遅れて参加。到着は4時を過ぎてしまったので、ほぼ飲みに行くだけの参加になってしまった。(いつも飲みに行くだけじゃないかって?その通りだ!)

その間、手持ちのバッテリーで充電しておいたのだが、何故か3%から進まない。はて、バッテリーに充電してなかったかな?と思って、帰宅後コンセントから充電する。

ところが、翌朝になっても3%のまま。変に思ってケーブル交換してみたが状況変わらず。

色々弄ってみたが、バッテリーを認識していないような状態のようだ。

そのうち、ケーブルで直接電源につないでいる状態でも、2〜3分で突然シャットダウンするようになった。あー、こりゃダメだ。

受け取りに書いてあったサポート電話に電話をかけてみる。繋がらない。5分くらい待ったが埒が明かない。

仕方がないので、もう一回ジーニアスバーの予約をしようと思ってサイトにアクセスしたら、電話予約のページがあった。幸い、こちらは比較的時間が取りやすく、当日14時に予約が出来た。電話番号は、仕事用携帯にしておく。

14時に電話が来て、状況を一通り説明。対策を考えてお返事しますという事で、一旦電話を切る。

1時間くらいして、もう一度電池交換するか、新品交換するという話になった。郵送も可能という話だったが、1週間近く掛かってしまうのは不便なので、表参道店での交換ができないか交渉。
担当者の人に調整して貰い、表参道店からの連絡を待つ。

20分ほどで、修理担当の人から連絡があり、優先で交換するとの事。
すぐに会社を出て、表参道へ。名前を言うとすぐに対応してくれた。

結局、色々手違いはあったが、新品交換になったので何の不満もない。
修理の不手際というよりも、元々本体側に問題があったのではないかと考えている。それが明確になったという事ではないかと思う。

ジーニアスバーの混雑は、1月からバッテリー交換の値段が上がってしまうので、駆け込み需要が多いんだそうな。

昔も1回、あいぽんが壊れて交換して貰ったことがあったが、感心するのはとにかく新品交換への決断が早いという事。国産メーカーだと、こうは行かないんだよね。
電話オペレーターも、修理担当も、良く教育されていて、印象がとても良かった。こういう部分は見習わないといけないよな。



| 【TEXTSTYLE】 | 12:18 | comments(0)
コメント
筆者だけにコメントしたい場合は、こちらへお願いします。











ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂