クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト


出張めし
 サラリーマンの昼飯日記

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
京王駅弁大会2019
今年も始まっているのです。京王駅弁大会。

勤務地が新宿から微妙に遠くなってしまったので、平日は行きにくくなりました。でも、初日だけはと思って、何とか都合をつけてみました。

朝ごはんを、サラダとヨーグルトだけの控えめメニューにして備えます。野暮用を一件済ませて、11時半くらいに現地到着。輸送は結構並んでいます。それ以外には目立って長い行列は見当たらず。あ、うまいもののパンとかに行列が出来ていたかな?

今回の対決は、牛、カニ、アナゴの四色食べくらべ。最初の駅弁は、アナゴの四色弁当にしてみました。



15人くらいの行列の最後方に並びます。実演ですが、手際が悪い。毎年、初日恒例の手際の悪さですね。一度に10個くらいしか作れないみたいで、結構時間が掛かりました。

もうひとつ買いましょう。甲州かつサンドの新製品、平成最後のかつサンドを買ってみました。



家の土産に梅が枝餅と五家宝を買って、屋上に行きます。



今年の屋上は、テーブル席が出ていて超便利。但し寒い。クソ寒い。風が物凄く強い。それさえ我慢できれば、例年より楽な屋上でした。



屋上で駅弁を食べて離脱。午後の会議に間に合うように、会社に戻りました。

感想は随時「出張めし」のほうにアップします。


 
| 【食】 | 15:02 | comments(0)
艦これ日記(179)【邀撃!ブイン防衛作戦】 E3 南海第四守備隊輸送作戦 甲作戦 第2ゲージ攻略

さて、やっと最終ゲージまで来ました。
出遅れたので色々情報が集まっているのが有難いです。

【結論】「駆逐艦を信じよ!」「最強友軍を待て!」

えー、いきなり結論ですが(笑)、そういうことです。ラスダンで沼ってるかたは、告知されている友軍艦隊の本隊を待ちましょう。

甲作戦クリアでは、磯風、嵐、萩風の最低1隻がハイレベルに育っている必要があります。2倍の特効のようです。その他では、江風、時雨、雪風、初霜、白露、谷風、不知火、陽炎、長波、浜風、浦風あたりが強いらしい。

我が艦隊では最強は磯風乙改の97、嵐&萩風は76と出遅れました。
その他、ハイレベルの対潜強化型駆逐が必須と思います。両方を兼ねる江風は是非使いたいところ。

【攻略検討】

前回の日記でも解説していますが、道中で、Wマスのダブルダイソン、Vマスのダブルエリレ級、ZZマスの幼女潜水艦のどれかを相手にしなければなりません。

Cマスにも幼女が居ますので、対潜駆逐を配備してZZマスというのが正攻法のようです。Wマスはボーキの減りが激しく、Vマスはダメコン必須なので、資源やダメコンに余裕のあるかたはそちらでも。

資源に余裕がなく、ダメコン使わない派の私は、ZZマス攻略で行くことにしました。


【削り】

[甲作戦編成]水上打撃部隊

第一艦隊:戦艦2+重巡+航巡2+装甲空母1
第二艦隊:軽巡+重巡+雷巡+駆逐3

 

ZZマス攻略には、旗艦に電探必須。合計で6個以上の水上電探。索敵値も重要なので、紫雲か水偵11熟練と空母には彩雲必須。

攻略サイトに書いてある、あきつ丸は必要ないです(1回も使っていません)。

水上機母艦を入れるとDマスが回避できるようですが、この編成だと重巡か航巡を変えるくらいしか手がありません。瑞穂かコマちゃんが育っていればありかもしれないですが、ボス火力を考えると水母なしのほうが良いと思います。


(私の編成)

第一艦隊:長門改二(144)+武蔵改二(134)+妙高改二(136)+利根改二(145)+筑摩改二(155)+瑞鶴改二甲(145)
第二艦隊:阿武隈改二(138)+羽黒改二(127)+北上改二(155)+朝霜改(98)+萩風改(79)+磯風乙改(97)

[基地航空隊]二式陸偵+隼64(54)+陸攻2(2セットボス集中) 零戦21熟練+東海3(CマスとZZマスに振り分け)

[支援]道中支援は対潜支援。決戦支援は砲撃支援。

※道中の対潜支援は、駆逐2+空母4ですが、空母4には適当に艦戦を配備しておかないと、Jマスでヌ級編成が相手になったときにボーキが吹っ飛びます。

[ルート、陣形]

A>C(第1)>D(第3)>G>J(第4)>T(第3)>ZZ(第1)>Z(第2)





ダメコンを使わないので、削り段階では旗艦に司令部を載せたいです。が、ZZマス通過には旗艦に電探が必要です。従って、4スロの長門改二だと、主主電探司令部となり、弾着観測射撃が出来なくなります。

胸熱砲を使いたいのであれば、弾着観測を犠牲にするしかありません。5スロの武蔵改二を旗艦にすれば、主主電探水偵司令部が搭載出来るのですが、大破退避してしまうと、ボスにカスダメすら与えられない状態でした。これではまるで役に立ちませんので、司令部は捨てて、胸熱砲を選択します。

瑞鶴には翔鶴と大鳳を予備艦。妙高&羽黒には鳥海、ZaraDue、朝霜には朝潮改二丁、ベルヌイ、萩風&磯風には、嵐、江風をそれぞれ予備艦に置き、適宜交代させながら使いました。

問題はCマス、ZZマスの幼女潜水艦。これを防御するのに、先制対潜、東海航空隊、対潜支援をフル動員しますが、それでも幼女潜水艦を倒すのは至難の業です。
どう頑張っても初回の雷撃は避けられないので、狙いは随伴潜水艦の全滅と、本戦での幼女中破です。中破以上になれば最後の雷撃が出ませんので、多少のリスク回避になります。

従って、東海航空隊はCマスZZマスに振り分け、撃ち漏らし対策に対潜支援、幼女攻撃は対潜駆逐艦の役割になります。一撃では中破まで持っていけませんし、先制雷撃は中破でも出てきますので、本隊各艦のカスダメも合わせて、砲戦後の雷撃前までに何とか中破を狙います。対潜値の高い駆逐と阿武隈か夕張、五十鈴改二で対応。

ボスは深海日棲姫。HPが888もあります。なんじゃこいつ。



出遅れたので、ボス夜戦まで辿り着けば友軍艦隊が来ます。

【先遣友軍艦隊】

”雲+秋雲+夕雲+巻雲の第十駆逐隊。
▲灰潺欝△蝓で中破している風雲&秋雲の第十駆逐隊。
神鷹+択捉+対馬のヒ81船団護衛艦隊



この友軍がつおい!!

特に無傷の第十駆逐隊は、ガンガンカットインを決めてくれます。
ボスに入る事もありますが、ダイソンならワンパン撃沈出来ます。
しかし、ボスの深海日棲姫が固い!888のHPは、なかなか削れません。
ただ、この3パターンは先遣となっているので、さらに友軍の本隊が参戦してくるものと思われます。さらなる友軍参加に期待しましょう。

【長門胸熱砲】

ボスは第2陣形として長門の胸熱砲に期待しました。が、航空隊と支援艦隊で第2艦隊を適度に沈めておかないと、胸熱砲が第2艦隊に入ってしまうことがありました。
それでも、第1艦隊に入れば、最低でもダイソンか、雑魚一掃出来るので、夜戦が楽になります。第2陣形なので、自軍被害が比較的少ないのも良いと思います。
ラスダンはともかく、削りでは多用していきたいところ。

【ドロップ】

甲作戦では、ボスマスで新駆逐艦ジョンストンがドロップするほか、ゴトランド、照月、大淀、沖波あたりがゲットできます。ジョンストンとゴトランドが手に入ったら丙作戦に落としてもいいかなあ?と思っていたら、

2戦目でジョンストンキター!!!



これでかなり気が楽になりました。E2で早波を獲り逃がしていますが、国産駆逐は海外艦より獲りやすいので、次回以降でも構わないと考えています。それよりも、まずは甲作戦でクリアしたいところです。

【ラスダン】

7戦戦って、撤退1回、カスダメ3回、小破3回。ボスが落とせませんねえ。
そこで、ラスダン用に編成を見直しました。第1艦隊は変更なし。
第二艦隊を以下のように変えます。

第二艦隊:萩風改(嵐改)+朝霜改+江風改二+阿武隈改二(夕張改)+磯風改乙+妙高改二

駆逐艦を4隻とし、朝霜&阿武隈(夕張)を対潜専門艦。江風を対空カットインで配備。
何とかボス大破まで持ち込めました。やはり特効駆逐艦のパワーが素晴らしいです。北上さん顔なし。

10戦目、再びボスを大破まで持ち込みラスダン。

ラスダンではボスが壊れモードに変化します。ちょっと待って、空母おばさんにダブルダイソンって何よ!!



そこで、第2艦隊をさらに変えます。

第二艦隊:萩風改+夕張改+江風改二+妙高改二+磯風改二+嵐改

夕張だけを対潜仕様。江風は対空カットイン。磯風に見張員を入れてカットイン仕様。あとは通常装備です。萩風&嵐&磯風の特効トリオに賭けます。

11戦目、ボス倒せず。が、ゴトランドキター!!



心残りは無くなりました(笑) 
しかし、ラスダンまで来て、今更丙には落とせませんよね。12戦目を戦って、勝てないようなら次の友軍を待つことにします。

12戦目、ボス第2陣形。同航戦。

胸熱砲などが効いて、昼戦でボスを169削りましたが、その分、第1艦隊の雑魚が4隻残りました。しかし、頼みの萩風が大破!だが友軍は無傷の第十駆逐隊が来た!頼むぞ風雲!!



シャシャシャ、ドーン



シャシャシャ、ドーン!



残すはボスと空母おばさん。
江風と妙高で空母おばさんを撃沈!

そして磯風のカットインがボスに!555ヒット!!

ラストは嵐の連撃で、見事ボスを撃沈しました!



やったー!久々の甲作戦勝利です!!



報酬は日進!初春と良いコンビが組めそうです。



さて、何とか今回は甲作戦で終わる事が出来ました。
しかし、早波を獲り逃がしたので、E2を掘っていくことにします。






 

| 【艦隊これくしょん】 | 13:16 | comments(0)
艦これ日記(178)【邀撃!ブイン防衛作戦】 E3 南海第四守備隊輸送作戦 甲攻略 輸送ゲージ&ギミック解除

E3です!甲作戦です!

さて、こちらもダブルゲージですが、お札は同じものが付きますので、余計な事を考えずにガンガン戦力投入していきましょう。
出遅れましたので、サクサク進めてしまいましょうかね。元旦のプチ更新で、ラスボス夜戦に小規模な先遣艦隊が合流するようになりました。多少は攻略しやすくなっているでしょうか。

【第1ゲージ攻略】



輸送ゲージですが、道中が結構厳しいです。さすがは甲作戦。

[甲作戦編成]軽巡+駆逐2+空母2以下+自由枠 (水上電探5個以上?)で、最短ルートです。

(私の編成)

阿武隈改二(138)+大潮改二(96)+江風改二(97)+伊勢改二(131)+大鳳改(145)+磯風乙改(97)

航空戦艦は伊勢改二一択。ボスの制空値が高いので、伊勢に艦戦を積んで対応したいところです。
軽巡は大発が積めて、手数も多い阿武隈。
装甲空母は何でも良いですが、とりあえず大鳳改を使いました。
駆逐は特効のある磯風を連撃仕様でしんがりに。大発要員として大潮改二、江風改二、阿武隈改二で計5個。甲作戦では水上電探5個以上必要なので、大発ガン積みには出来ません。これでS勝利64TPです。甲作戦では380TPを削るので、S勝利6回。仮にあと1個大発を増やしてもS勝利72TPで、S勝利6回は変わりません。大発8で、やっとS勝利5回になりますが、今度はS勝利が厳しい。したがって、大発5個でS勝利6回が最適解と思います。

敵がかなり強いので、道中は警戒陣を敷きます。そのため、航空戦艦と装甲空母を後に配し、特効のある磯風をフィニッシャーにしました。磯風が育っていない人は、戦艦を配備した方が良いと思います。大発が積める「駆逐艦長門改二」という手もあります(笑)。

[基地航空隊] 陸攻4 ボスマスに2航空隊 Lマスに1航空隊

[支援] 道中/決戦とも砲撃支援。ただし、キラ付けがしっかりしていれば道中は不要。


[ルート、陣形]

A>F(輪)>E(警戒)>I(輪)>L(警戒)>P>S(単縦)

ボスは南方棲戦姫。通常海域の南方ちゃんより強いですよ、この人。



Lマスの重巡リ級flagが固いですが、それよりも空襲戦でのワンパン大破がキツかったです。結局、空襲マスで大破撤退が3回。Lマス1回。残り6回をS勝利で予定通りクリアしました。〆は中破磯風がダメージ118を叩き出してフィニッシュ。



第2ボスマスが追加されました。



【E3ギミック解除】

さて、第2ゲージ攻略ですが、ギミックを解除しないとUマス空襲戦+Wマスのダブルダイソンか、Vマスのダブルレ級eliteを相手にしなければなりません。試しにギミック解除なしで攻撃を試みました。

どっちも厳しいですが、不可能な攻略法ではないと思います。脳筋編成でなぎ倒すなら、ギミック解除なしでも良いと思います。

一方、ギミックを解除すると、ZZマスが現れ、ここに潜水新棲姫flagshipが待ち構えています。ただでさえ厄介な幼女潜水艦なのにフラッグシップ級です。倒せる気がしねえ。

幼女はCマスにも居るので2回相手をしなければなりません。それをリスクと取るか、2回相手なら対潜艦を増やして対応するかで、攻略判断基準が分れます。

Wマスのダブルダイソンが、意外にミスショットが多かったので、ひょっとしたら攻略の狙い目かもしれませんが、Wマスルートは制空値が厳しい。ボーキの減りと相談しなければなりません。クリアするなら機動部隊編成しかありませんが、今回は資源に余裕がないので、Wマスルートは放棄しました。

一方のVマスですが、水上部隊で旗艦に電探を置かないとVに行きます。そこで、電探の代わりに司令部を入れて攻略という手があります。2回ほど試しましたが、エリレ級がつおい!大破を喰らって、2艦退避させてしまうと、ボス戦でボスにカスダメも浴びせられません。恐らく、ダメコン搭載で玉砕戦にしないとVマスからのクリアは難しそうです。

そこで、ZZマス開放を行うことにしました。これがまた面倒くさい。

攻略順にまとめてみました。

・T、Uマスで制空権確保
・Kマスで制空権確保
・Nマスで制空権確保
・Sマス勝利2回&基地航空隊制空権確保2回

最短で5回出撃です。それでは順に説明していきます。

1)T、Uマスで制空権確保

[機動部隊編成] 第1艦隊 戦艦2+空母4 第二艦隊 軽巡+重巡+雷巡+駆逐3

(私の編成)

第1艦隊:長門改二(144)+陸奥改二(144)+翔鶴改二甲(145)+瑞鶴改二甲(145)+大鳳改(145)+赤城改(140)
第二艦隊:阿武隈改二(138)+ZaraDue(111)+北上改二(155)+ベルヌイ(133)+朝霜改(98)+朝潮改二丁(98)

空母は艦戦キャリアとし、駆逐は対潜仕様。道中大破対策で、長門には司令部を搭載。

[基地航空隊] 艦戦4をT、Uに1航空隊ずつ。東海3〜4をCマス

※盤石を期すならT、U1回ずつのほうが良いでしょう。

[支援]なし

[ルート、陣形]

A>C(第1)>D(第3)>G>J(第4)>T(第3)>U>(第3)

特に問題なく1回でクリア。Dマス回避の方法が分かっていません。水母を入れる?



2)Kマスで制空権確保

編成同じ。基地航空隊は2つをKマス集中。1つを東海編成でCマスへ。

[支援]なし

[ルート、陣形]

A>C(第1)>D(第3)>G>K(第3)

GからKに向かい、1回でクリア。

3)Nマスで制空権確保

[輸送護衛部隊編成] 第1艦隊 航巡+軽空母+駆逐4 第2艦隊 軽巡+重巡(航巡)2+駆逐3 (水上電探6以上?)

(私の編成)

第1艦隊:長波改二(94)+利根改二(135)+夕立改二(132)+秋月改(128)+タシュケント(97)+瑞鳳改二乙(126)
第二艦隊:阿武隈改二(138)+ZaraDue(111)+筑摩改二(135)+ベルヌイ(133)+朝霜改(98)+朝潮改二丁(98)

長波に司令部。航巡は水戦キャリア。第二艦隊の駆逐は対潜仕様。秋月は防空。タシュケントも防空仕様にして、対空電探+水上電探を積みます。4スロ駆逐の面目躍如。
第二艦隊の駆逐艦は、水上電探を入れても先制雷撃出来る、対潜値の高い艦を登用しています。

[支援]なし

[基地航空隊]2航空隊を艦戦4でNマス。東海編成をCマス。

[ルート、陣形]

A>C(第1)>D(第3)>G>K(第3)>O(第4)>N(第3)

1回でクリア出来ました。KからNにストレートで行く方法が分かっていません。



4)Sマス勝利2回&基地航空隊制空権確保2回

[通常艦隊] 輸送ゲージ編成

軽巡+駆逐2+空母2以下+自由枠 (水上電探5個以上)

(私の編成)

阿武隈改二(139)+タシュケント(97)+磯風乙改(132)+イントレピッド改(115)+ローマ改(127)+ビスマルクドライ(145)

輸送攻略時に磯風が狙われやすかったので、中衛にシフトし、後衛を厚めの海外艦にしてみました。完全装備出来ますので、戦艦2隻体制にします。ここまで出番のなかったビスマルク(当艦隊最強Lv)を登用。

[支援]道中/決戦とも砲撃支援ですが、キラ付け出来ていれば道中は不要。

※確実に2回で倒すなら決戦支援は入れるべきと思います。無くても倒せそうですが、ミスったら時間の無駄。

[基地航空隊]

S勝利2回用 陸攻4 ボスマスに2航空隊 Lマスに1航空隊
制空権確保用 局戦4 すべて防空

Lマス航空隊は保険のようなものです。あくまで安定狙い。ボスに全部回して決戦支援なしでも良いと思いますが、前述のとおりギミック解除は盤石の体制で最短クリアを目指すべきと思います。

[ルート、陣形]

A>F(輪)>E(警戒)>I(輪)>L(警戒)>P>S(単縦)

予定通りS勝利ストレート2回、防空ストレート2回でZZマスが出ました。



さて、いよいよ本戦ですが、項目を分けます。



 

| 【艦隊これくしょん】 | 11:00 | comments(0)
平穏な三が日
三が日も終わり、今日から仕事始めのかたも多いでしょうね。ウチは6日まで休み。

いつもの通り、元日はおせちを食べてゴロゴロ。
夜は毎年恒例のウイーンニューイヤーズコンサートを見て過ごす。

2日は私の実家に。母一人になってしまったが、元気でやっているので一安心。

3日は昼から初詣。と言っても近くの不動尊にお参りしただけだが、思った以上に人が居てびっくりした。大きな神社などで行列して行くのは煩わしいので、近場の氏神様やお不動様にお参りに行くくらいで丁度よい。
というよりも、ここ数年は初詣すら行っていなかったので、久々に行動的(笑)な正月である。

あと3日間の休みだが、昨年は色々大変で気疲れも多かったので、少しのんびりしようと思う。



 
| 【TEXTSTYLE】 | 11:54 | comments(0)
艦これ日記(177)【邀撃!ブイン防衛作戦】  E2 ラバウル/中部ソロモン海域 六〇三作戦 甲攻略

艦これ2019冬イベント【邀撃!ブイン防衛作戦】を甲作戦で攻略中です。
E2は駆逐艦早波がドロップします。甲作戦で頑張ってみましょう。

と、書き始めたら物凄く長くなってしまいました。誰も読まないと思いますので(苦笑)、これからチャレンジするかたにも読んで貰えるように、簡単にまとめます。それでも充分長いです(笑)



【第1ゲージ】

通常艦隊。ラバウル札。第2ゲージとは別のお札が付きますので注意。

[甲作戦編成]高速戦艦+航巡+軽巡+軽空母+駆逐2(水上電探4個以上)

神通、川内、吹雪、叢雲、暁、綾波、電、曙、潮、漣、夕雲、長波などに特効。

(私の編成)

イタリア(127)+三隈改(112)+神通改二(122)+雷(98)+電(98)+千代田航改二(126)

[基地航空隊] 第1 彩雲+東海3 Bマス、第2 艦戦+陸攻3 ボスマス

[支援]道中、決戦ともに砲撃支援(厚め)

[ルート、陣形]

A(輪)>B(単横)>F(単縦)>G>J(単縦)>K(単縦)

ボスは重巡棲姫。この人は本当に割を食っていますね(苦笑)。
2回途中大破撤退。1回ボスを倒しきれず、計7戦かかりましたが、まあ順調に終わりました。
第2ボスへのルートが現れます。



【ギミック解除その1】スタート地点追加

E2はギミック解除が物凄く大変です。解除しなくても攻略可能みたいですが、スタート地点追加ギミックは必須のようです。

・Aマス、Lマス、Nマスで基地航空隊を派遣して航空優勢以上
・基地空襲で航空優勢以上

なお、Nマスは甲、Lマスは甲乙のみです。

1-1)Aマス航空優勢

[甲作戦編成]高速戦艦+航巡+軽巡+軽空母+駆逐2(水上電探4個以上)

※軽空母に烈風ガン積み、航巡にも水戦ガン積み。

[基地航空隊] 第1&第2 局戦4 Aマス集中

[支援] 不要

[ルート、陣形] A(輪)

第1ゲージ編成のまま、Aマスに局戦を配備した航空隊を集中。本体の軽空母に烈風ガン積み、航巡に水戦をガン積みすれば、まず1回でクリアできます。クリアしたらそのまま撤退。

1-2)Lマス航空優勢

[甲作戦編成]高速戦艦+航巡+軽巡+軽空母+駆逐2(水上電探4個以上)

※軽空母に烈風ガン積み、航巡にも水戦ガン積み。

[基地航空隊] 第1&第2 半径5以上の局戦または艦戦4 Lマス集中

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)

[ルート、陣形] A(輪)>B(単横)>F(単縦)>G>I(単縦)>L(輪)


編成を変えず、GマスからIマス経由でLマスに到達します。
Lマスでリコリス+飛行場2が出ると、制空値759以上必要となるので、かなり厳しいです。制空に不安があれば、敵の弱めの編成を待って攻撃を繰り返すしかないですね。道中撤退などもあり、結局3回かかりました。



1-3)Nマス航空優勢

 

編成を変えずにGマスからIへ行き、L>M>Nと向かいますが、通常艦隊だとMマスのダブルダイソンが凶悪です。
これが厳しいので、裏技を使って逃げます。

[甲作戦編成]潜水空母6

※伊400改&伊401改が居なければお勧めしません。6隻に水戦を分散配置。

[基地航空隊] 第1&第2 半径7以上の局戦と艦戦 Lマス集中

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)

[ルート、陣形] D>C>F>E>G>I>L>M>N

基本陣形は警戒陣(有効かどうか不明)、空襲戦は輪陣形

基地航空隊は半径7以上必要なので、零戦21熟練で揃えます。隼64戦隊、隼54戦隊が居ればベストです。足りなければノーマル零戦21で補填します。二式陸偵を使い、零戦52熟練でも良いと思いますが、制空的には練度最高のノーマル零戦21を加えたほうが有利かな?と思います。

鬼門のCマスは神頼み。D、F、Iマスは、道中支援と初回雷撃で駆逐をある程度駆除できないと結構大変です。

潜水艦隊に警戒陣が有効なのかどうか分りませんが、とりあえず全部警戒陣。

戦闘回数が多いので、大破撤退は覚悟してください。必要ならダメコン進軍で。
ただし、Mマスで大破しても、Nマスは空襲戦なので、潜水艦には絶対攻撃が入りません。そのまま進軍してNマス空襲戦で見事に制空権確保できました。

1-4)基地防空で制空権確保

[甲作戦編成]高速戦艦+航巡+軽巡+軽空母+駆逐2

※軽空母に烈風ガン積み、航巡にも水戦ガン積み。

[基地航空隊] 第1&第2 局戦4 防空

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)

[ルート、陣形] A(輪)>B(単横)>F(警戒)>G>I(警戒)>L(輪)

基地航空隊を全て局戦にして、編成は第1ゲージ編成。警戒陣で被弾を減らして進軍し、防空戦を待ちます。何なく制空権確保して、第2スタート地点が現れました。



【ギミック解除その2】U→Mショートカット出現

第2スタート地点から水上打撃部隊で攻略する場合、このギミック解除はまったく必要ありません。
ただ、その次のショートカットギミックを解除するためには、このギミックを解除しておかないとダメなようです。

そこで、ボス攻略を兼ねつつ、こちらのギミック解除を平行して行うことにしました。
実は第2スタート地点開放後から少しずつ攻略していたのですが、3回連続でボスS勝利できたため、ギミック解除の必要性を感じませんでした(苦笑)。結局、第2ギミック解除前にクリアしてしまいました。ですから、ここから次のギミック解除はすっ飛ばして頂いても結構です。

ボス攻略は後述しますので、まずはギミック解除の方法だけまとめておきます。

・Rマス、Vマス航空優勢
・Wマス2回勝利
・基地防空制空権確保

2-1) Rマス、Vマスの制空権同時確保とWマス2回S勝利

[甲作戦編成](機動部隊)

第一艦隊:高速戦艦+航空戦艦+軽空母4
第二艦隊:軽巡+重巡+駆逐3+雷巡

※軽空母に烈風ガン積み、航戦にも水戦ガン積み。水上電探6個以上必要。

(私の編成)

第一艦隊:比叡改二(128)+山城改二(119)+飛鷹改(99)+隼鷹改二(99)+瑞鳳改二(98)+龍鳳改(96)
第二艦隊:由良改二(110)+足柄改二(126)+巻雲改二(83)+綾波改二(129)+照月改(97)+大井改二(148)

[基地航空隊] Rマス 局戦4×2 Vマス 艦戦4×2

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)

[ルート、陣形] R(第3)>T(第4)>U(第2)>V(第3)>W(第4)

まず、初回はRマスに基地航空隊を集中。制空権確保できたらそのまま進軍し、Wマスまで行って1回目のS勝利を取る。Rマスの制空値が取れなくてもWマスクリアはやっておく。
2回目はVマスに基地航空隊を集中し、制空権確保出来たら進軍してWマス2回目のS勝利。

うまく行けば2戦でクリアです。

2-2)基地防空で制空権確保

1-4)の編成で同じことの繰り返し。

これで、任務達成できるとU→Mショートカットが出現します。



【ギミック解除その3】M→Pショートカット出現

本命はこちら。ボス攻略で最終の空襲マスをショートカットできます。

・A、R、Lマス制空権確保
・Nマス航空優勢
・KマスS勝利
・基地防空制空権確保

3-1)Aマス制空権確保

1-1)の編成でもう1回。

3-2)KマスS勝利

第1ゲージの攻略法そのままです。

3-3)Rマス制空権確保

2-1)を、もう1回

3-4)基地防空

1-4)を、もう1回

3-5)Lマス制空権確保

[甲作戦編成](水上部隊)

第一艦隊:高速戦艦2+重巡2+航巡2
第二艦隊:軽巡+重巡2+駆逐3

※航巡に水戦ガン積み、軽巡を由良にすればさらに水戦が積めます。
※駆逐はPT対策。

(私の編成)

第一艦隊:比叡改二(128)+霧島改二(128)+古鷹改二(99)+加古改二(99)+鈴谷改二(99)+熊野改二(99)
第二艦隊:由良改二(110)+足柄改二(126)+那智改二(126)+巻雲改二(83)+綾波改二(129)+照月改(97)

[基地航空隊] Lマス 半径5以上の局戦&艦戦4×2

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)

[ルート、陣形] Q(第2)>I(第4)>L(第3)

初手QマスのPT小鬼が厭らしいですが、2回でクリアしました。

3-6)Nマス航空優勢

1-3)を、もう1回でも良いのですが、第2スタート地点が開放されているので、正攻法で行ってみます。

編成は3-5)の水上艦隊そのまま。旗艦に司令部を積んでおきます。

[基地航空隊] Nマス集中 半径7以上の局戦&艦戦4×2

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)

[ルート、陣形] Q(第2)>I(第4)>L(第3)>M(第2)>N(輪)

QマスのPT、Mマスのダブルダイソンが鬼門です。
Mマスは第2陣形で耐えますが、航巡以外が大破したら司令部を使って退避させて進軍します。航巡(出来れば鈴熊)が生き残っていれば、飛行場姫2隻プラス編成でも航空優勢は取れると思います。

これで最短M→Pルートが出現しました!



【第2ボス攻略】

やっとです(苦笑)
3-5)のギミック解除と同じ編成ですが、念のためもう一度書いておきます。

[甲作戦編成](水上部隊)

第一艦隊:高速戦艦2+重巡2+航巡2
第二艦隊:軽巡+重巡2+駆逐3

※水上電探6基以上装備。
※航巡は通常装備に。旗艦には司令部。
※駆逐はPT対策及び対空カットイン。

(私の編成)

第一艦隊:加古改二(99)+比叡改二(128)+霧島改二(128)+古鷹改二(99)+鈴谷改二(99)+熊野改二(99)
第二艦隊:由良改二(110)+足柄改二(126)+那智改二(126)+巻雲改二(83)+綾波改二(129)+照月改(97)

比叡、霧島、古鷹、由良、巻雲、綾波、照月に特効あり?

[基地航空隊] 2部隊とも、二式陸偵+隼64または54+陸攻2 ボス集中

隼が無ければ零戦21熟練を使う。

[支援] 厚めの道中支援(砲撃)、決戦支援(砲撃)

[ルート、陣形] Q(第2)>I(第4)>L(第3)>M(第2)>P(第4)

ボスは南方棲姫。旧式なので全く手ごたえがありませんね。



残念ながら早波が出なかったので、第3ギミックまで解除して掘りに備えることにしました。そんなわけで、上記の最短ルートギミック解除はE2クリア後、E3を攻略しつつ平行して進めました。

さて、少し回り道をしたので、E3に進みます。今回、甲と乙の報酬差が少ないのですが、乙のメリットがあまりないので、甲作戦で行ってみます!!



 

| 【艦隊これくしょん】 | 23:19 | comments(0)
艦これ日記(176)【邀撃!ブイン防衛作戦】  E1 中部ソロモン海域鼠輸送 甲攻略
謹賀瑞雲!

今年も艦これ日記をよろしくお願いします。

さて、昨年末から始まった2019冬イベ「邀撃!ブイン防衛作戦」にチャレンジ中です。

今年の年末は多忙で、本格的に始められたのは大晦日という体たらく。久々に紅白歌合戦を見ながらのプレイとなりました。
結構情報が出そろっていますので、サクサク進めていきましょう。

E1 ブラケット水道/クラ湾沖は、いきなり輸送と戦略のダブルゲージです。もう、ダブルは当たり前になってきましたね。海域とは!!

E1では村雨がキーになります。村雨が無いと結構キツイようです。

【E1輸送ゲージ】



村雨+駆逐3 大発ガン積み。

後を考えて、以下の編成にしました。

村雨改二(97)+霞改二乙(98)+睦月改二(96)+深雪改(94)

大発とドラム缶ガン積みでS勝利100TP以上を稼げますので、2回でクリア可能ですが、A勝利を考慮して、A勝利で65TP以上になるように調整します。これで3回クリアが可能。



問題なく3戦クリア。

【E1戦力ゲージ】



軽巡+駆逐3+村雨 全艦に水上電探装備

史実艦2隻以上?との事です。

ビラ・スタンモーア夜戦に参加したのは、青葉、川内、村雨。
クラ湾夜戦に参加したのは、谷風、涼風、長月、皐月、望月、三日月、天霧、初雪。

そこで、以下の編成にしてみました。

川内改二(97)+霞改二乙(98)+睦月改二(96)+初雪改(94)+村雨改二(97)

各艦とも、主砲2+水上電探です。



ボスは深海雨雲姫。ハイ…ハァイって、村雨じゃんか。なるほど、だから特効があるんですな。

序盤、順調に削りましたが、とにかく村雨の特効がボスに当たるかどうかで半分決まる感じです。ボスは執拗に村雨を狙って来ますので、夜戦突入で大破していることが結構ありました。川内と初雪も史実艦なんですが、村雨ほどの特効は感じず。

ラスダンでハマってしまい、結局、決戦支援を出してラスダン4回、全11戦でクリア。さくっと終わらせるなら早めに決戦支援を出しておくべきと思います。

甲作戦なので、山盛りの報酬を貰ったあと、駆逐艦峯雲が着任しました。



続いてE2も甲作戦で攻略していきます。



| 【艦隊これくしょん】 | 20:25 | comments(0)
謹賀新年

2019年になりました。
幸いにもネクサス6型のようなレプリカントはまだ出来ていません。
ネオ東京では金田正太郎君とタカシが遭遇し、笠原郁が図書隊に入隊する年ですが、あんまり物騒な日々にはなって欲しくないです。

今年は消費税増税が控え、10月までは多忙な毎日になるかと思いますが、定年も見えてきたので無理せずのんびりやっていこうと思います。

今年もあんまり更新出来ないと思いますが、よろしくお願い致します。

 

 

| 【TEXTSTYLE】 | 15:13 | comments(0)
雀坊の十大ニュース2018年版
今年は激動の年になりました。運気は少し上昇してきた感じがします。

1.転職しました!
2.天気大荒れ庄内旅行。旨い飯と温泉を堪能。
3.カメラシステムを総入れ替え。もうお金無いです。
4.貸し切りボンネットバスの旅。最高に面白かった。
5.投手崩壊の大洋は4位。来年は正念場だな。
6.金属恵比須が伊東潤先生とコラボ!
7.艦これ5周年、よく続いてるね。
8.出張めし復活。まだリハビリ段階です。
9.健康状態は何とか維持。もう少し改善しないと。
10.鉄道模型はお休み中。

来年はどんな年になるでしょうね。今年以上に充実した1年にしたいです。

それではみなさま良いお年を!


 
| 【TEXTSTYLE】 | 18:44 | comments(0)
2018年下半期 今年見たアニメ
今年後半も結構アニメを見ました。まだ未完の作品もありますが、とりあえず評価しておきます。

・ゲゲゲの鬼太郎 6期 7点

氷川きよしの主題歌が非常に良い出来。内容も思ったほど悪くなかったんだが、目玉おやじの声がところどころ鬼太郎の声になっちゃうのがどうしても違和感あり。縁もゆかりもない人にやって欲しかったかな。色々言われていた猫娘だが、私は好印象。旧来の設定を逆手に取るなど、意欲的な脚本が多くて、そこは高評価であったが、逆にオリジナルストーリーの回が妙に説教臭かったりして、水木テイスト台無しだったので、そこだけ少し減点。


・宇宙よりも遠い場所 7点

南極を目指す女子高生の話。この手の女子高生アニメ好きだよねえ、私(笑)
普通のゆるふわ女子高生アニメとは一線を画す複雑な交友関係が面白かったが、少々設定がステレオタイプ過ぎた嫌いもある。初回から雑なシナリオだなーと思っていた部分が、途中で回収されたのには、なるほどと思ったが、ネタバレになるのでこれ以上は書かない。とにかく第5話まで見ること。あとラスト3話ね。それにしても意外と簡単に南極に行っちゃったので、拍子抜けしてちょっと減点。


・ひそねとまそたん 8点

ひょんなことから航空自衛隊所属のドラゴンに乗る破目になった新米女子自衛官と、彼女に操られるドラゴンの話。いろいろ無理がありすぎる設定だが面白かった。戦闘機に擬態するドラゴンというのは樋口監督の発想だそうだが、さすがはシン・ゴジラの監督だけのことはある。ラフな絵柄もユニークだった。決して良好とは言い難い人間関係など、結構キツい話が多いんだが、絵柄で救われた感じ。あと、何でエンディングテーマがフランス・ギャルなのか。


・からかい上手の高木さん 6点

女子から毎日のように、からかわれているという事は、自分に対して好意を持っているのだ、という事が分らない中学生男子の話。男はみんな馬鹿だよね。この年代の男子は幼稚だからなあ。高木さんに妙な媚びが無いのが良い。オデコ好きなので高木さん好みのタイプw


・若おかみは小学生(テレビ版)8点

劇場版が大人気になったが、おっさん一人で見に行く勇気はないのでテレビ版のDVDを借りて見た。要するに小学生版の「細うで繁盛記」なワケだが、子供向けなので根っからの悪人みたいな人がおらず、おっこは常に前向きだし、しかも10分アニメなので気楽に見ることが出来た。テレビ版は映画版に比べてライトな作りだそうだが、それでも充分泣けるので、こんなの絶対劇場では見られませんな。ナレーションが能登さんなので1点オマケw


・ヒナまつり 5点

未来から来た少女ヒナと面倒見のいいヤクザ新田が繰り広げるギャグアニメのはずなのだが、脇役のキャラが立ちすぎていて、しかもそっちのほうが面白いという微妙な作品であった。妙に教訓めいたストーリーが多くて、もう少し破天荒でも良かったのではないかと思う。


・かくりよの宿飯 5点

少女マンガ系妖怪ものは幾つか見ているのだが、どうしても夏目友人帳の影響を感じてしまう。特に本作は、祖父の生前の悪行に翻弄される孫という基本プロットが完全に夏目友人帳と一緒で、余計にそれを感じてしまった。話自体は面白かったのだが、2クールは多少冗長的過ぎたか。


・ヴァイオレット・エヴァーガーデン 9点

代筆屋という地味な仕事をテーマにした物語だが、主人公が美少女っていうだけで何だか華やかな雰囲気になってしまう。人情モノなんだけれども、主人公は兵器として育てられて、人の感覚に疎く、そのギャップがトラブルを生むが、逆に功を奏すこともあるという、ある意味ピノッキオなんかに通じる物語。これも教訓めいた話が多いが、それをカバーする美しい風景と丁寧に描かれたキャラクターの姿がとても良かった。でも、主人公が14歳っていう設定は若すぎないか?18歳くらいの設定だったら満点だった。惜しい。


・ゴールデンカムイ(2期) 10点

よくアニメに出来たなあ!それだけで10点満点。マンガを忠実にトレースしていて、アニメ的改変が全くなく、それが素晴らしかった。


・リズと青い鳥 10点

「響け!ユーフォニアム」のスピンアウト作品。オーボエ担当の鎧塚みぞれとフルート担当の傘木希美の物語。素晴らしい音楽と映像。内容は、本編を知らない人には少し理解しにくいかもしれないが、それを割り引いても日本のアニメがここまで来た事に感動した。本編とは異なるラフな絵柄と淡い配色、映像のカット、キャラクターの動き、構図なども良かった。リズと少女の声優が、フィギュアスケートの本田望結の一人二役と知ってびっくり。凄い才能。


・GUNSLINGER GIRL 8点

体に様々な障害を負った孤児の少女に機械の体を与えて殺し屋として使用するという物語。2003年のアニメだが、絵の古さを差し引けば、今でも充分に通用する話になっている。美少女を殺し屋にするのは悪趣味であるなどの批評もあったようだが、美少女だからこその冷徹さってものがあるんじゃないかねぇ。銃器、自動車など、CGの無い時代に、かなり正確にメカ描写しているのが好感度大であった。原作者がイチゴーハチハチの相田裕でビックリした。


・GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 2点

期待しながら見た第二期だったが、冒頭から目が点になってしまった。絵がまるで変わってしまって大減点。何も分かってない感。こんな萌え絵見たくねえよ。原作者が第1期を気に入らずに介入して作ったらしいが、シナリオも声優もグダグダで全く良いところ無し。発表当時、原作者は原作読めと揶揄されたそうだが、むべなるかな。


| 【マンガ・アニメ】 | 23:29 | comments(0)
2018年下半期 見たテレビドラマ・映画
今年後半は、忙しくて一度も映画館に足を運びませんでした。こんなの珍しいなー。なので、映画は全てDVD鑑賞です。

・忘却のサチコ(2018年 テレ東) 3点

高畑充希が美味しそうにご飯を食べるシーンを楽しむだけの番組。ビッグコミックスピリッツに連載中のマンガの実写化であるが、意外と笑えた。しかし、コメディとしてはイマイチだし、グルメドラマとしても弱いし、ドラマの芯が全く見えなかったのが弱い。ただ、高畑充希は十分にサチコさんだったし、ジーニアス先生とか、かなり原作と似てたのが救い。


・弟の夫(2018年 NHK) 8点

LGBTを主題としたマンガを原作としたドラマ。NHKは時々こういう凄いのを作るから侮れないんだよね。とにかく把瑠都の素晴らしい演技に尽きる。主役の3人とも原作のイメージを損なっておらず、それがとても良かった。マンガ原作の実写化のお手本のような作品。要はキャスティングなんだよな。それが出来るのは、今のテレビでは広告代理店の意向に左右されないNHKだけなのかもしれない。


・三度目の殺人(2017年 日本) 4点

通常、この手の法廷ドラマは最後に真相が明かされるのだが、それが全くない。ある程度の仄めかしはあるのだが、それが真実かどうかが、見ている側には分からないまま終わってしまう。そこが物凄くモヤモヤした。こういう作り方もありだとは思うが、もう一回見るかと言われたら見ないね。こういうのは伏線を楽しむ映画だと思うので、伏線を回収するどころか、何が伏線なのかも分からないまま全部投げ出しちゃうのは如何なものか。余談になるが、吉田鋼太郎が「おっさんずラブ」のイメージで固まってしまい、妙に気持ち悪く思えてしまって、この人はかなりこれから損するんじゃないかと余計な心配をした。


・エクスマキナ(2015年 イギリス) 8点

序盤はオタクなプログラマーの青年と人工知能を持つアンドロイドとのラブストーリーみたいな展開で、今ひとつ盛り上がりに欠けるんだが、その青年がアンドロイドの彼女を自由にさせようと思うあたりからサスペンス風になっていき、最後はホラー映画になってしまう!後半の展開は、なかなか面白かったが、ラストが少し弱かったかな?体が透けて見える特殊効果が斬新で良い。 


・22年目の告白-私が殺人犯です-(2017年 日本) 6点

時効成立後に22年前の殺人事件の犯人だと名乗り出てきた男と、彼を追いかけてきた刑事と、この事件を追い続けていたテレビキャスターの関係が次第に明らかになっていくサスペンス映画。だが後半は、途中から結末が見え見えになってしまっているので、そこからが冗長的だった。日テレ作品なのに、ニュース番組がテレ朝の報道ステーションっぽいセットとノリで、あれ?っと思ったのだが、深読みすると、なるほどと思っちゃった。ネタバレになるので理由は書かない。


・ブレードランナー2049(2017年 アメリカ) 7点

1982年の名作「ブレードランナー」の続編だが、続編としてはあまりにも遅すぎた感。これを見る前に前作を見るべきかどうか迷ったが、無用な先入観なしで見ることにした。単体で見ても充分に面白いが、前作を見ていないと分からない部分も多々あり、続編の難しさを痛感。しかも、少し尺が長すぎたので、熱狂的なファン以外には冗長的な映画かなあ?というのが正直な感想。それと、無理やりハリソン・フォードを出さなくても良かったんじゃないだろうか。SFとしてではなく、サイバーパンクなアートとして楽しむのが正解なのかも。鑑賞前に、スピンオフ作品としてネットに上がっているアニメと短編の計3作を見ておくと良い(レンタルDVDには付いてないので注意)。でも、ジョイ役のアナ・デ・アルマスがとても可愛かったので、それだけで7点あげる。


・新感染 ファイナルエクスプレス(2016年 韓国) 5点

基本的にゾンビ映画は苦手なのであるが、鉄道ネタなので見てみようと思ったのと、比較的グロ要素少ないよというアドバイスを受けて鑑賞。うーん、やっぱり合わないな。しかし、いわゆるホラー系のゾンビ映画ではなく、どちらかと言えば70年代パニック映画の要素をきっちりトレースしていて、そういう意味では好みの映画であった。ラストも、主役級は全員助かっちゃうよ、みたいなハッピーエンドとはなっていなくて、そこも悪くなかった。苦手なゾンビ映画に5点というのは、個人的には最高得点をあげたつもりです。



| 【映画・テレビ】 | 12:28 | comments(2)
<< | 2/241PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂