クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    雀坊。 (12/10)
  • 艦これにっき(149)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(2)
    いけちょ (12/10)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(148)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E4乙攻略(1)
    いけちょ (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    雀坊。 (12/01)
  • 艦これにっき(147)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) 伊400掘り
    いけちょ (11/30)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    雀坊。 (11/26)
  • 艦これにっき(146)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(2) 
    いけちょ (11/25)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    雀坊。 (11/24)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    いけちょ (11/23)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
三年祭とシンゴジラ
昨日は父の三年祭であった。ウチは神道なので、仏教でいう三回忌を三年祭という形で執り行う。
既にカミサマになっているので、礼拝も「しのび手」ではなく、パチパチとしっかり拍手する。
仏教のようにクソ長いお経もなく、10分程度で終了。

その後、移動して町田の中華料理店で直会。直会(なおらい)とは、いわゆる精進落としである。
詳細はプライベートな事なので秘するが、初めてお会いする親戚なども居て盛り上がった。甥の身長が遂に私と同じになっていた。これはすぐに抜かれちゃうねえ。

来週、健康診断が控えている事もあり、お酒は程々にしておいた。

***

帰宅後、テレビを点けたらシンゴジラをやっていた。既に映画で見ているし、DVDも持っているので、今更地上波を見なくてもいいんだけど、何となく見てしまった。

ながら見をしながらTwitterで嘘八百を並べ立てると結構面白い。
日本人は、外野的なお祭り騒ぎが大好きで、こういうものは結構盛り上がる。私はどちらかといえば、そういう騒ぎ方に批判的(ラピュタを見ながら全員でバルス!って書き込むとか)だったのだけれど、シンゴジラに関しての呟きには、たんなる感嘆詞のほかに、嘘八百とか何の役にも立たない裏話とか状況説明とか、見逃していたシーンの説明なんかが玉石混交で流れてきていて、それがカオス状態になっていて面白いと感じた。

丁度、公開一周年を迎える「この世界の片隅で」にも言えることだけれども、シンゴジラのように物凄く情報量の多い映画の場合、みんなでワイワイガヤガヤ言いつつ、違う視点で同時に同じ物を見て語り合うという行為が成立する。これが底の浅い映画だと、そうは行かないんだよね。

娯楽大作だから、真剣に画面に見入る必要もない。シンゴジラは、そんな映画じゃないから、もっと気楽に見るべきだと思った。

色々な批判も目にしたが、おおむね好評な放送であった。
唯一本編でカットされたのは、どうやら小出恵介の出演シーンだけだったようである。

最初から「ながら見」だったので、その他のシーンでカットがあったかどうかは気づかなかったが、小出のシーンがカットされたから、話が繋がらなくなるなんてことは無い。実際、ほぼ数秒のモブ出演だし、カットされたことすら気づかない人が多いだろう。
が、そういう事ではなく、どんな犯罪を犯そうと何しようと、そんな理由でカットして放送するような局が悪い。ここは全編流すべきだったね。

一方で、エンドロールまるごとバッサリカットというのには驚いた。延々と流れる伊福部音楽をバックに膨大な量の関係者や出演者の名前を追いかけるのが面白いのに、そこを全カットっていうのはなあ。エンドロールはきちっと最後まで見る派なので、余計にそこが残念であった。

CMの入れ方を褒めている人が多かったけれど、緊張感を削ぐCMは本当に無意味。最近、民放で映画なんて殆ど見なくなったから、余計にCMの邪魔さが目についた。あれでは逆効果ではないかなあ。やっぱり映画は1に劇場、2にDVDやBD、3にCMの入らないBSやCS放送だな。

最後に出てきた、アニメ版ゴジラには興ざめ。あんなもん見せなくていいやろ、と思ったな。ゴジラと言っても別物だ。そういう無神経さは、さすがテレビ局という感じである。

口直しに何か別のDVDでも見ようかと思ったが、すでに23時を過ぎていたので、とっとと風呂に入って就寝。


| 【TEXTSTYLE】 | 09:56 | comments(0)
レプリカの定義。
例のゼロ戦の問題。私はあの機体はレプリカであると思っているのですが、一部でもホンモノを使っていればレプリカとは言えないという反論があり、なるほどなあと思いました。

100%複製ならば、それはレプリカでしょう。そこに異論はないと思います。

しかしネジ1本でもホンモノを使っていれば、それはレプリカではない、とするならば、それは何なのでしょう?

レストアでしょうか?復元でしょうか?

復元という言葉は微妙ですよね。何をどこまでどう復元するかの基準があいまいです。

例えば例のゼロ戦で言えば、元の部品を2割使い、残りの8割を新製し、「実物の設計図どおりに」再現したものであれば、立派な復元であるかと思います。

しかし、残念ながら、設計図どおりに再現されてはいません。

現代の基準で言えば、あの構造で飛行機を作っても、日本では飛ばす許可が下りないでしょう。くだんのゼロ戦も内部構造は相当異なっていると聞きます。表面はゼロ戦ですが、中身は全然違うもの、とすれば、それはホンモノとは言い難いものがあります。

ただ、計器やハーネスを、当時のものと同じように再現するのは無理ですし、その辺りは最新技術を駆使して、現在のスキルで飛べるような形に改造することは、まだ許されるように思います。

問題はエンジンで、例のゼロ戦は栄エンジンではなく、P&Wという、栄エンジンとは同系列ではあるものの、完全な米国設計の米国製エンジンを搭載しています。これを積んで、ゼロ戦を名乗るのは、少々おこがましいように思います。稼働する栄エンジンを搭載したゼロ戦は、現在でも1機だけ存在します。それはまごうかたなきホンモノであり、これにケチをつける人はいないでしょう。
それを、飛ばすだけのためにP&Wに換装した、ということに、ちょっとした引っかかりを感じます。維持やコストを考えればそれが正解とも思いますが、エンジンレストアまでの金が無かっただけの話だとするなら、それはとても悲しい事です。

例えば、ハコスカGTRのGTRたる所以はS20型エンジンにあると思っています。外観レストアでオールFRP化され、内装も完全に新製した車体であっても、オリジナルのS20エンジンで動くのならば、それはハコスカGTRと呼んでもいい。でも、いくらオリジナル車体を維持していても、エンジンがL20ならば、それは普通のハコスカであって、GTRのエンブレムを付けるには相応しくないでしょう。

ゼロ戦についても同じ事で、キモは栄エンジンなのだと思っています。だから、栄エンジンの設計図を元に、忠実に再現したレプリカの栄エンジンを搭載して飛ぶのであれば、それは本当に「復元されたゼロ戦」と呼んでも良いのではないかなと思っています。

何が、そのアイデンテティに繋がるか、ということですね。

くだんのゼロ戦は、いわば映画「トラトラトラ」で使われた、テキサン練習機改造のゼロ戦と大差ないものではないかと思っています。そういう部分をきちんと明確にして、一部ホンモノの部品を流用しているレプリカ、という表現をするのなら、私は納得が出来ます。それをあくまでホンモノと称して、それを信じた人に売却するのは、ある意味詐欺ではないでしょうか。

一方、オリジナルに忠実でありすぎる事には弊害もあります。カメラの世界では、純正部品が枯渇してしまい、修理が出来なくなったものがたくさんあります。代替品ではダメだという意識がオーナーさんに強すぎるのですね。ニコンF2のメーターは、非純正パーツで復活できるそうですが、それはダメだという持ち主が多いという話を聴いて、何だかなと思ったことがあります。
使えるようにするならば、オリジナルパーツではないものを使っても使えるようにする、というのが道具としてのカメラの扱い方だと思うわけですが、思い入れがあればあるほど、ニコンやライカのようなカメラは純正以外の部品を拒否するのでしょう。
実用品であれば、どんな社外パーツを使おうが、修理して使うというのは正しい方向だと思うのですが、ニコンやライカを美術品として捉えたとするなら、社外品利用の修理は悪である、という考えになるんだと思います。

ですから、ゼロ戦の場合、あくまでも実用品の戦闘機としての復活ではなく、ゼロ戦という航空機の遺産の復活である、と考えたとき、そこにはオリジナル性を出来るだけ保つべきであるという話のほうが、優先されるのではないかと思います。

エンジンは違えど、ゼロ戦ぽいものが日本で飛んだという事実を重要視するのであれば、それはハッキリとそう言うべきであって、ホンモノのゼロ戦が日本の空を飛ぶ!というような煽り文句は、ちょっとオーバートークではないかと思うわけです。



| 【TEXTSTYLE】 | 12:09 | comments(0)
ベイスターズありがとう!
2017年度の日本シリーズは、残念ながら2勝4敗で負けてしまいました。

しかし、不思議と悔しさはありません。むしろよく頑張ったという感じ。

力の差は歴然としていました。

ベイスターズは2塁にランナーがいて、ライト線にヒットを打っても、ランナーは滅多にホームに帰ってこれません。しかし、ホークスは必ず1点取れている。足の差ではなく判断力の差です。これは、ひとつ先の塁を常に狙うという練習がしっかり出来ている証拠。

そこがまず、強さの違いを感じました。初回に簡単に点取られるし、しかも3戦連続で全く同じパターン。これでは勝てませんよ。

守備も良いですね。浜スタではレフトに大穴()がありましたが、ショート今宮を中心にしっかりした守りが出来ている。内野はベイスターズも遜色ないと思いますが、肝心のところで痛いエラーがありました。まあ、いつまでも攻めませんし、その後の守備も打撃も良かったので、倉本はあれで一歩成長できるでしょう。

先発の厚みも感じました。5戦目で13勝のバンデンハークが残ってるっていうのが素晴らしいですよ。中継ぎでは何と言っても石川が良かったねえ。来年はもっと活躍できるでしょう。

ベイスターズは何と言っても濱口!たいした新人です。彼に新人賞やらなくて誰が新人賞なんだという感じです。濱口が居なければ、ここまで盛り上がらなかったでしょう。

シーズン同様、筒香が完璧に研究されて抑え込まれ、それが結局、負けに繋がったように思います。首の故障があるようなので、来シーズンに向けて完全に治してほしい。しかし、いつまでも筒香頼みでも困ります。細川に片鱗を感じますが、まだまだですね。今回、DH制にしてハッキリしましたが、右の代打が2枚くらい足りません。

ラミレスの神采配も目立ちました。昨日のDH白崎は、ラミちゃん以外絶対考えないスタメン。しかもそれが当たる。たいしたもんです。指名された白崎も良く期待に応えました。井納を中継ぎに使ったり、短期決戦の戦い方を十分に分っていたと思います。戦力以上の戦いかたが出来ました。

シーズン前、まさか日本シリーズに行けるとは思いませんでしたので、この結果は上出来と思います。しかし、野球はペナントレースを勝ってこそナンボ。CSや日本シリーズはオマケのお祭りに過ぎません。私はCS否定論者ですし、それは今回の、セリーグのCSの面白さとドラマを十分考慮した上でも変わりません。やっぱり、優勝したもの同士が戦ってこその日本シリーズでしょう。そこは、今でもそう思うし、今回、日本シリーズに敗退して悔しさがあまりないのも、そこにポイントがあるのかもしれません。

CSで広島に勝てたのは、目立った故障者が居なかったことだと思います。広島は鈴木誠也を故障で欠いていましたし、エルドレッドも最後は出られなかったし、その差は数字以上に大きかったですね。まあ、監督の采配の差()もありますが。

***

ここで日本シリーズに勝ってしまうと、来年、甘く見るんじゃないかと思ったので、この結果で仕方ないかな?とも思っています。この悔しさを糧に、明日から一層頑張ってほしい。

それにしても、強いチームになりました。3年前には考えられなかったよ!!

11月まで野球のことを考えていられるのは幸せでした。でも、二度とホークスと日本シリーズはやりたくねえ(我が家的に)。


| 【大洋】 | 08:31 | comments(0)
艦これにっき(142)満潮改二と新任務攻略、秋冬イベント展望
夏イベ以降、そんなに気合を入れなくなってしまった艦これですが、まあそれなりに継続は出来ています。秋イベは、冬イベと連続性のある、初の前後期大型イベント(しかもモチーフはレイテ!)になるようで、今から憂鬱です(笑)

ところで、とにかく夏イベでの「ダメコン必須」的な甲作戦の方針に萎えちゃって、もう甲作戦を意地でも狙わなくてもいいかなーという感じです。艦娘コンプ出来ればいいやという感じなので、今後はその方針で進めようと思います。そろそろ抜け毛も少なくしたいし(笑)

サンマ漁が終わり、秋刀魚41尾、海防艦ゼロという釣果でした。イベント終了後のアップデートでは、満潮が改二になりましたね。やればできるコニシ。改装レベルは77と高めですが、我が隊の満潮は88まで鍛えましたので問題なし。



改に比べてかなり性能強化されています。大潮や荒潮と同じレベルで大発やカミ車が積めるのは大潮改二とほぼ同様ですが、大潮&荒潮と異なり設計図不要なのが有難いですね。

新装備として12.7cm連装砲C型改二を持ってきます。B型に比べて命中+1、装甲+1。D型は島風改二待ちですかねえ。
改修でも作れるようですが、それでも秋月砲のスペックには劣るので、敢えてBから改修しなくてもいいかな?という気がしないでもないです。

これに合わせて新任務が5つ実装されました。

〆農艮圈崑菷駆逐隊」を編成せよ!

朝潮改二(丁でも可)、大潮改二、荒潮改二、満潮改二の4隻で八駆を組んで達成。達成時にはボイスが流れます。報酬はおにぎり1個と伊良湖1個。

◆崟沼軸和癲彗萋鸚鐶眇鑒蕊隊、集結せよ!

「第三艦隊」で、最上、時雨、満潮、朝雲、山雲を配備して達成。必ず第三艦隊の必要があります。これ、何か嫌な予感がしますね。次回イベントのルート固定艦にもなりそうな気がします。

こちらも達成時にボイスあり。報酬は、伊良湖2、家具職人1、砲熕資材1からひとつ。家具職人にしました。その他、高速修復材が3つ。



「第八駆逐隊」、南西へ!

八駆のメンバー+自由枠2で、1−2ボスと2−2ボスでS勝利で達成です。自由枠は何でも構いませんが、バシーがありますので空母系1、残りは戦艦が良いと思います。育成中のアークロイヤルとリシュリューで行きました。羅針盤にさえ勝てば楽勝です。

報酬は開発資材3と間宮1。

ぁ崗弘豺羣鄒錙廖発動準備!

警備任務と、新しく出現した兵站強化任務、南西方面航空偵察作戦を1回ずつ成功で達成。編成は何でも構わないようです。南西方面航空偵察作戦は、水母&軽巡を含む6隻で35分ですが、バケツが手に入るのでデイリーの遠征任務にも使えそうですね。

バケツ4個と洋上補給2個が貰えます。

ズ農艮圈崑菷駆逐隊」、全力出撃!

さあ来た、恒例の資源大量消費任務。八駆の改二4名と自由枠2で、3−2ボス、5−4ボスでS勝利です。3−2は、軽巡が使えるようになりましたので、以下の編成にしました。

阿武隈改二+朝潮改二+大潮改二+荒潮改二+満潮改二+駆逐艦

軽巡は旗艦の必要があります。運よく一発でボス戦。問題なくS勝利クリア。まあ、ボスに辿り着きさえすれば難しい戦いではありません。

5−4は、上ルートを行きたいので、必然的に朝潮改二+大潮改二+荒潮改二+満潮改二+装甲空母2となります。八駆メンバーのうち1隻にドラム缶をガン積みし、もう1隻にも1つだけ積んで計4個にする必要があります。
一番レベルの低い朝潮にガン積して旗艦。もう一つは、次にレベルが低い荒潮に搭載。装甲空母は5航戦2隻で、翔鶴には噴進機を積みました。

火力が心もとないので重めの道中支援を出しておきます。決戦支援は無くても何とかなりますが、エコ支援があれば完璧と思います。

Hマスが凶悪なので、複縦陣でひたすら耐えます。運よく1回でクリア出来ましたが、ここで資源を無駄遣いしたくないかたは、ダメコン搭載もありと思います。その際にはピアス穴を開けてダメコン搭載しないと火力が足りません。

報酬は、満潮砲、大発、22電探を2個からひとつ。いずれも微妙なので、無理して任務達成しなくても良いかもしれません。熟考の末、大発を選択しました。それより改修資材4が有難いですね。



さて、やるべきことはやったので、後は秋イベントに備えて備蓄です。今回グラ変があり、任務でも気になる朝雲、山雲の鍛錬も、合わせてやっておきましょう。

***

秋&冬はレイテという公式発表がありました。以下のような構成が考えられます。

秋:捷一号作戦開始からスリガオ海峡突入戦まで

1)潜水艦隊戦
2)シブヤン海海戦
3)スリガオ海峡海戦1
4)スリガオ海峡海戦2

冬:エンガノ岬沖海戦から栗田ターン?まで

1)エンガノ岬沖海戦1
2)エンガノ岬沖海戦2
3)サマール沖海戦
4)栗田ターン??

今回、「決戦前夜ボイス」というキナ臭いボイスも実装されましたが、この艦たちは史実艦なので、ルート固定などの要員になるものと推測します。

扶桑、山城、最上、時雨、満潮、朝雲、山雲、不知火、多摩、足柄、那智、阿武隈

レイテは大量の艦を投入していますので、これ以外にもかなりの艦が関係します。

※実装艦のみ

<栗田艦隊>

大和、武蔵、長門、愛宕、高雄、摩耶、鳥海、妙高、羽黒
能代、島風、早霜、沖波、朝霜、長波、藤波

金剛、榛名、熊野、鈴谷、利根、筑摩
矢矧、浦風、磯風、雪風、浜風、清霜、野分

<西村艦隊>
扶桑、山城、最上、時雨、朝雲、山雲、満潮

<志摩艦隊>
那智、足柄、阿武隈、曙、潮、霞、不知火、若葉、初春、初霜

青葉、鬼怒、浦波

<小沢艦隊>

瑞鶴、瑞鳳、千歳、千代田
日向、伊勢、多摩、五十鈴、大淀、初月、秋月

お札の絡みもありますが、使いどころが難しそうですね。航空戦艦と重巡は、ほぼフル出場なので、充分な育成が必要と思います。

フリーなのは、戦艦では陸奥、比叡、霧島。重巡は古鷹、加古、衣笠くらいです。
空母は一航戦、二航戦。軽空母はちとちよが固定要員になりそうなので、隼鷹&龍驤のほか、熊野航&鈴谷航あたりを育成しておきたいところ。防空駆逐艦でフリーなのは照月のみですので、ここも考えどころです。

海外艦で固定になるものは無さそうです。アイオワだけは微妙に戦闘回避していますが参戦はしているので、ひょっとしたら何かあるかもしれません。

史実では栗田ターンで負けたわけですが、今回は勝たねばなりません。ギミック解除しないとボス前でターンしちゃうとかそういう感じですかねえ?困ったもんだ。

とりあえず資源20万、バケツ千個は確保したいところです。


 
| 【艦隊これくしょん】 | 09:20 | comments(2)
連敗。
横浜DeNAベイスターズ対ソフトバンクホークスの日本シリーズは、ベイスターズの連敗という、いささか面白くない状況で2連戦を終えた。

私は今でもCSには否定的なので、始まる前は、どうせ3位チームなんだから勝てなくて当然。勝っても負けても楽しもうと思っていたが、いざ始まってみると、やはり負け試合を見るのは面白くない(笑)。
特に初戦は大敗したので非常に気分が悪い。

第2戦では、妻が気を遣って、ホークスが点を入れてもそんなに喜ばないのだけれど、それは無用なので普通に見て貰って構わないですよ(苦笑)。

しかし、点を取られてヘラヘラ笑っていられるほどの人物ではないので、すぐに機嫌が悪くなってしまう。

真面目に見ていると、その苛つきが倍増するので、点を取られてからは、ほとんど真面目に見ないでパソコンで別の事をしていた。

昨日は中盤、逆転して、少しは機嫌が収まったかに見えたのも束の間、倉本のエラー(ムカッ)、内川への四球(ムカムカッ)、中村の適時打で同点にされた後のクロスプレーで、工藤のアピール(ムカムカムカッ)により、判定が覆り(怒り爆発)、これ以上は見ていられないので、風呂に入った。
風呂から出てきたら丁度サファテに抑え込まれて試合は終わってしまったので、すぐに寝た。

一晩明けてみると、大洋ファンのベテランのお仲間が、とても前向きなのに救われた。
0勝2敗は、CSでの広島戦と同じ状態になっただけ。あと4つ勝てばよいのだ。次の試合は久々のホームゲームだし、投手は一番安定感のあるウィーランドだろう。しかもピッチャーが打席に立つからね。

CSで神采配が当たったラミレス監督だが、少し策に溺れた感は否めないね。奇策はあくまでも奇策にすぎない。奇策失敗で負けるより、正攻法で負けたほうが後味は悪くないと思う。

しかし、11月になろうというのに野球の話が出来るってのはシヤワセだね。まあ、悔いの無いように頑張って欲しい。


| 【大洋】 | 10:58 | comments(0)
スポーツ新聞と日本シリーズ
横浜DeNAベイスターズがクライマックスシリーズを勝ち上がったので、久しぶりにスポーツ新聞でも買ってみるかー、と思って家を出る。

最寄りの駅にはキヨスクが無いので、新聞は買えない。今思えば、駅前のコンビニに置いてあったかもしれない。

乗り換え駅には、以前、乗り換え階段のコンコースにキヨスクがあったのだが、いつの間にか無くなってしまった。ホームにも売店は無くなり、NEWDAYSというコンビニが入ってるのだが、ここでも新聞は少ない。

直通電車に乗ってしまったので、乗り換え駅でも入手できず、結局下車駅まで行ってしまった。

下車駅の改札前にキヨスクがあったのだが、何と1ヶ月前に閉店しており、パン屋に鞍替えしていた。普段利用しないので、全く気付かなかった。

そんなわけで、会社に着くまで新聞を買うところが無いという始末。コンビニがあるんだけど、朝は混んでいるので躊躇してしまう。

会社に行ったら昼過ぎまで激務で、新聞を買いに行くことをすっかり忘れてしまった。

そんなわけで、結局昨日のスポーツ新聞は買えなかった。

まあいい、CS突破はあくまで中間点。買うなら日本一の新聞だね。

それにしても、新聞には受難の時代になったもんだなあ。

***

さて、我が家は旦那が横浜DeNAベイスターズファン、妻がソフトバンクホークスファンなので、今回の日本シリーズでは、家庭内が血で血を洗う戦場と化すのではないかと一部で心配されているが、まあそんなことはない。

私は元々、「あぶさん」絡みでパリーグは南海ホークスのファンであったし、妻が野球を見るようになったのも、私が見ていた城島健司の特番に興味を持ってからだった。

同じリーグ同士だと、そこそこ軋轢も生んでしまうが、リーグが違うから揉めることもない。交流戦でも、特に嫌な雰囲気になることもない。

加えて、ソフトバンクには、元横浜の内川とか吉村がいて、他人のチームのような気がしない。寺原、工藤も居たことあるしね。過去、多村もいたし、岡島とか若田部とか、意外とホークスとベイスターズは縁が深いのである。

そういえば、佐野の叔父さんの佐々木誠はホークスの三軍監督もやってたね(今年退団とのこと)。

まあ、そんなわけで、我が家的には夫婦で応援しているチーム同士の戦いなので、喧嘩になるというよりも夫婦で楽しめる日本シリーズとなりそうだ。

どっちが勝ってもいいけど、やっぱり横浜に勝って欲しいとは思うがw


 
| 【大洋】 | 11:07 | comments(1)
\横浜優勝/
まさかの日本シリーズ進出!
ラミちゃん采配神っていました!
選手もみんな頑張った!
ここまで早く日本シリーズに行けるようになるとは思わなかった!
強くなった!


 
| 【大洋】 | 21:49 | comments(0)
2017衆議院選挙雑感
小池新党からのゴタゴタですっかり興味を失ってしまった衆院選が、大雨の中実施された。

今回は棄権すら考えたが、思い直して土曜日に期日前投票。市役所はメチャ混みで投票まで40分も掛かってしまった。これでトンデモ議員ばかり誕生したら目も当てられないなと、憂鬱な気持ちで日曜日を迎えた。

色々所感を述べるが、偏向したイデオロギーは無いので安心して読んで欲しい。但し、全てに辛辣だけれども。

***

日本の政治(というか政治家)にはすっかり興味を失くしてしまい、こんな国は一回滅んだほうが良いくらいの思いであるが、流石に日本人も、そこまで馬鹿ではなかったという結果で、少しだけ安心した選挙ではあった。

自民党が安定多数を確保したが勝利感は薄く、立憲民主党も票は伸ばしたが、これは判官贔屓というべきで、とても手放しで喜べるような状況では無かろう。総じて、全部負けの印象を強くした。

下らん揚げ足取りなどしていないで、ちゃんと政策論議をしなさい!ということだよ。

では各党への率直な印象を。

自民党:自公で310議席という安定多数を確保。改選前284議席に対して280議席、定数10減なので単純比較はできないが、最低限のメンツは保てたのであろう。しかしこれで消費税増税は確定である。しかも増税分を幼稚園無償化などの教育支援に充てるという愚策まで開示している。軽減税率も、ほぼ導入決定とみてよいだろう。だがこれで、デフレ脱却はさらに遠くなる。そこが最大の問題なのだ。数字だけの景気回復では真の国力回復は無いぞ。もっと公共投資を増やしてインフレにもっていかないと、国民の閉塞感は益々募るばかりだ。
長期安定多数を確保すると、自民党はすぐに付けあがる悪い癖があるんだが、今回は危機感もあるようなので、真面目に政策を実施して貰いたい。

憲法改正問題については割愛。

公明党:改選前34議席に対して29議席。5議席減は正直のところ敗北と言ってよい。単純に創価学会会員の減少がそのまま票に直結したとみるべきか。このままでは存在価値を問われるね。自民だけで過半数は確保できているので、ますます公明の存在価値は薄くなるだろう。まあ、興味がない政党なのでどうなってもよい。

立憲民主党:改選前15議席から54議席の大躍進と言えば聞こえが良いが、そもそも民進党で70議席あったのだから、野党第一党としては惨敗である。希望の党結成に絡む無茶ぶりで、同情票、判官びいき票を集めたというよりも、呉越同舟状態から革新系右派を排除した左翼政党として明確化されたという意味で、その分左派票を獲得しやすかったのだろう。
立場を明確にしたのだから、このままの姿勢で行けば、左翼系野党としては、そこそこの地位を維持できるのではないかと思う。
問題は、旧民主党以来、自己反省とか総括を一切行わない集団なので、その態度を改めない限り、これ以上の支持は得られないだろう。ま、全然期待できないけどね。さらに、無所属当選のグレー議員や、希望からの鞍替え議員などを集めてしまうと、完全に元の木阿弥になってしまう。そうなったら終わりだね。

希望の党:改選前57議席に対して49議席どまり。ここの当落が一番の関心事であったが、国民はそこまで馬鹿では無かったということだ。小池の化けの皮も剥がれたし、そのまま自然消滅という気がしないでもない。革新系右派として、維新とくっついて逆転で野党第一党を狙ったりするんだろうか。それでも59議席しかないので、野党第一党としては惨敗という結果は変わらない。
とにかく印象が悪すぎるので、みんなの党みたいに、いずれ分裂・消滅するんだろうね。その時立民に寝返るようなヤツは要注意。そういうクズ政治家は出来るだけ排除の方向で。立民は、そこを見誤るなよ。

共産党:惨敗という結果になったが、前回当選しすぎただけの話。立憲民主が「革新左派」という方向性を明確にすれば、ガチではない左よりの人は共産党には行かないということだ。支持者層の高齢化に伴い、さらに劣化するのではないかと思っている。早速、立民に秋波を送っているようだが、そこまで落ちぶれるとはね。枝野(=革マル)が代表である以上、共産党とは組まないよ。そんな事は充分判っている癖に野党共闘とか戯言を言っている時点で、もう体力無いのがバレバレだね。

維新とか社民とか:もう必要ありません。維新は前述のように希望と組んで「革新右派」政党として出直すしか道はないと思うのだが、世間体と印象が悪すぎるかな?

***

揚げ足とり、スキャンダルまみれの政治には飽き飽きした。
そういう枝葉末節は放置しておいて、真摯に政策論議を行い、日本を正しい道に導くことの出来る政治家の登場を願うばかりである。




| 【TEXTSTYLE】 | 09:55 | comments(0)
日曜日は戦国恵比須。
10月14日は鉄道記念日、じゃなくて吉祥寺のシルバーエレファントで金属恵比須のライブがありました。

スタッフは12時半に現地集合。荷物を搬入して、まずは機材のセッティングです。
今回はマスヒロさんの銅鑼を持ち込みで使います。デカい重たい。それ以外はいつものステージより少なめかな?ダブルネック無いしね。



大道具の目玉、「武田の幟」をセッティング中。これはプリントではなくて、わざわざ染色したという本格的なもの。今回一番コスト掛かってたりします。映えるといいなあ。



大道具のセッティング中に、別室ではラジオの収録が。別途公式告知があると思いますが、12月に放送されるそうです。ほぼ1時間金属恵比須の独占番組になるとか。



チャイナシンバルをセット中のマスヒロさん。今回はセカンドソロアルバムの先行発売もあるので、気合入りますね。



ライブレポート担当の矢沢君。彼も高木君や稲益さんの同級生です。彼らと一緒に仕事していると、同級生になった気分?(笑)
レポートはいつもの通り、イープラスに掲載される予定です。



15時からリハーサル開始。新曲を中心に。今回、新曲が多いので大変です。今回は、リハーサルと言っても、稲益さんの衣装以外ほぼ本番と同じです。













秀貴君のギターソロもあるよ。「高木君よりギター上手いですから」というのは本人の弁w



スタッフを使って前説のリハも。残念ながら本番では高嶋さんは間に合わず、アンコール前に出て頂きました。



シルエレのスタッフさんも頑張ってくれました。幟のライティングが凝っていて超カッコイイ!



入口にも幟をセットして準備完了。



何故か鎧武者が!



階段の途中で待ち受ける鎧武者。この人だれ?w いよいよ入場開始です。



<この後の写真は、いつもの通り写真ブログのほうで順次ご紹介します>

**以下、カメラマン備忘録&反省点&気づいた事**

前回、階段途中で真正面から撮影したので、今回は少し振って踊り場にカメラセッティング。リハの時は問題なかったが、本番で稲益さんとマスヒロさんが被ってしまった。斜め位置はこれがあるので怖い。

前回は広角手持ち、望遠三脚で望遠側の歩留まりを良くした。今回は広角三脚で、定点撮影を重視。定点は動画でも良かったなと後で思った。それならコンデジでもいいかな。

機材トラブルでピントが追い込めず、ピンボケや露出の大幅外しなども起きてしまった。SD書き込みエラーも多発。さすがにサブ機の5Dがヘタってきている。そろそろ買い替えかなあ?

画角は28mm〜300mmくらい欲しい。10倍ズームもあるけれども、入門用のレンズなので出てくる絵に不安がある。今の24-105mmとタムロン70-300mmの2本体制で問題ないのだが、そうするとボディは最低でも6Dクラス2台にしたい。6Dマーク2用にお金を貯めるか。

もう少し前に出られれば望遠側はそんなに必要ないので、24-105で充分なのだが、やはり椅子席直後くらいの位置で撮るべきか。それならば24-105と純正の70-200でもいいか。

お客さんが撮影した写真も多く拝見させて貰ったが、やっぱり近い位置だと良い写真が撮れている。シルエレはステージと客席の段差が無いので、かぶりつきで撮影すると後ろの人が見られなくなってしまうので、それがジレンマになっている。前列で中腰1時間は体力的にもう無理。色々考えないとダメだね。

いつもは効果的な写真が撮れる、ステージから客席に向かっての4本のピンスポットライトが、今回に限って光線の向きが直撃で、逆に撮影しづらかった。踊り場はNGかな?これもリハーサル時に、もっと確認が必要。

6DのサーボAFはかなり有効なのだが、ライブだと逆に動く事があり、その対策には1点スポットAFにするほうが良い。今回その設定を忘れてしまった。次回気を付ける。あと、AF追い込みの練習をもうちょっと。

今回の「幟」は物凄く写真映えがするので、これは定期的に使っていきたい道具。何種類か用意すると良いかもしれない。

高木君のセミアコの青、稲益さんとマスヒロさんの衣装の赤、秀貴君の黄色、宮嶋君のモノトーンと、衣装のカラーバリエーションも良かった。このあたりはステージ映えにも影響があるので、トータルコーディネイトも必要かな?

前半は動ける余裕もあったが、遅れてきたお客さんの何人かが階段で見るようになってしまい、最後は身動きが取れず。開場前はなるべく下に降りて貰うよう誘導できたが、それも限界があるね。ただ、人数的にはこれくらいでMAXかも。前回よりは余裕があったように思う。

ライブそのものの感想などは、写真と一緒に写真ブログのほうに書きます。


| 【写真】 | 12:42 | comments(2)
Windows10を導入。

家で使っているメインのPCは5年前に買ったHPのENVY dv7という機種である。
購入時にはWindows8がプリインストールされていたが、半年後にWindows8.1がリリースされたのでバージョンアップしてみた。
その時は指紋認証システムが動かなくなり、結構難儀したのであった。これに懲りてWindows10へのアップデートは控えていたのだが、来週にはRS3が出て来るので、そろそろ安定してきただろうという考えで、漸くWindows10へのアップデートを行った。

一応、会社で使っている評価用のPCで、今私の使っているソフトウェアの動作検証は大体済んでいるので、そちらについての不安はない。問題は指紋認証システムのみであった。

その前に、まずはバックアップ。今は、圧縮しないでイメージバックアップを作るようで、Cドライブの容量は何と150GBもある。これではDVDに焼くわけにはいかないので、外付けのHDDをUSB接続してバックアップを取った。

ところが、最後の最後でディスクにエラークラスタが発見されバックアップが出来ない。
そこで仕方なくCHKDSK /Rをかける。これが1時間半くらい。15%のところで止まったまま1時間くらいたっても無反応なので、どうしたものかと思っていたら、15%のままで終了して立ち上がってしまった。これ、何とかならんのかね?

漸くバージョンアップの準備が整い、Windows10のインストールDVDをセットしてインストール開始。40分くらい掛かったと思うが、特に問題なくインストール完了。

再起動して、指紋認証システムを起動してみると、問題なく動いた!これで一安心である。

アプリケーションの動作チェックを行うと、ひとつ動かないものがあった。何かの設定ミスであろう。あまり使わないソフトだし、Windows7のPCがもう一台あるので、これは動かなくても良い。

デフォルトブラウザがEDGEになっているので、Chromeに強制変更する。強制変更って何だ?これらの環境はWindows8.1時代のものを引き継がないようで、そこが非常に面倒くさい。コルタナもウザったいだけなので切った。

あと、FEPの切り替え時に画面上に出て来る「あ」とか「A」とかいう文字も非常に煩わしいので、これも停止する。本当に最近のOSは余計なお世話機能が多いな。OSに限ったことではないが、こんなものがユーザーフレンドリーな機能だと考えているなら大間違いである。

少し使ってみた感触は、Windows8.1時代に比べて起動が遅い感じ。ログインも遅い。だが、一旦ログインしてしまうと、むしろ動きは速いような気がする。ただし、時々メモリ開放するタイミングがあるのか、動作が緩慢になったりアイコンがリフレッシュする動作が自動的に行われたりして、剣呑な雰囲気も感じる。

マイクロソフトは、Windows10以降のクライアントOSをリリースする気が無いようなので、しばらくはこのまま使っていけるだろう。あと5年は買い替えないで使い倒したいところだ。


 

| 【TEXTSTYLE】 | 20:55 | comments(0)
<< | 2/229PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂