クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
    雀坊。 (03/14)
  • 【出張めし】念願の宇ち入り!! 宇ち多゛ 京成立石
    coolyscreek (03/14)
  • 8時に全員集合しなかった家
    雀坊。 (02/27)
  • 8時に全員集合しなかった家
    シブメグ (02/27)
  • 艦これにっき(114)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 伊13堀り
    雀坊。 (02/25)
  • 艦これにっき(114)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 伊13堀り
    いけちょ (02/25)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    雀坊。 (02/23)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    いけちょ (02/23)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    雀坊。 (02/18)
  • 艦これにっき(113)偵察戦力緊急展開!「光」作戦 E3甲 ラスダン
    いけちょ (02/18)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
フエキなかよしハンドクリーム

 友人の娘さんが使っているハンドクリーム。フエキどうぶつのりのカップを利用したハンドクリームだ!!これ可愛い。このほかに、保湿クリームやホイップ洗顔なんかもあります。
 昭和マンセーでは決してないけれど、この頃のデザインって、何でこう暖かい感じがするんだろうね?


フエキ なかよしハンドクリーム50g
B002BSHP3E
| 【コレクション】 | 07:06 | comments(2)
マルベル堂!! キャンディーズ!!!
マルベル堂90周年記念企画 完全保存版 キャンディーズ プロマイドから微笑がえし 464カットすべて掲載
徳間書店出版局
4198632472


こっこっこれは欲しい!!買いだー!!!
| 【コレクション】 | 12:49 | comments(0)
私のコレクション(最終回) 食品パッケージ

  長らくお付き合い頂いた、私のコレクション紹介も今回で最終回になりました。

 今まで色々なものを集めてきましたが、正直、東日本大震災で随分考えることがありました。あの震災では本に押しつぶされて死んだ人も居ました。本で死ぬなど、本好きにとってはまさに本望だな、などと不謹慎な駄洒落を考えたりもしましたが、それ以上に色々な意味でショックでした。

 集めたものが一瞬で崩壊するところを目の当たりにしてしまったのです。コレクターにとって、こんな地獄はありません。いくらお金を使って集めても、一瞬で灰塵と化す可能性があるということが、今の日本に住んでいる限り避けられない事実なのです。

 あれ以後、私はもう、お金を無駄に使って何かをコレクションする、という事はやめることにしました。収集欲、所有欲は何もお金を使わなくても満たせる、そう思ったわけです。

 で、手っ取り早く集められるものといえば、普段生活で使用しているものの消耗品、あるいはゴミとなって捨てられるべきもの、それらを集める、という事になります。

 この世界は意外とメジャーで、例えば、やくみつる氏のトイレットペーパーコレクションなどは最も有名な部類でしょう。カップラーメンのフタ、袋麺の空き袋、タバコのパッケージ、箸袋、酒やワインのラベル、ジュースの空き缶など、枚挙に暇がありません。

 私自身、以前からカップラーメンのフタ、袋麺の空き袋、ランチパックの空き袋なんかを集めていて、それは今でも細々と続けています。しかし、これらは先達の収集者が沢山いるんです。そういうのを集めても、実はあんまり面白くないんですね。

そんな中で、私は他の人があまり集めないであろう、かつ、毎日のように食べたり飲んだりしているものの中から、あまりスペースを取らないものを集めてみようと思いました。

 それが、「納豆パック」です。

 事の発端はこちらをご覧下さい。

 東日本大震災で、一時的に納豆が品薄になり、普段見かけない製品が店頭に並ぶようになりました。おっ、これ面白いじゃない、というわけで、毎回違うブランドのものを買ってコレクションしているというわけです。

 実は、この業界にも先達は沢山いらっしゃいます。モノあるところにコレクターあり。恐ろしいもんですね。後発の私としては、普通のコレクターとはちょっと違った集め方をしていきたいと思っています。例えば、コップ型容器のものは集めない、藁苞も集めない、などです。クリアバインダーで保管したいので、保管しにくい容器のものはあっさりと割愛です。



 現在、都内の大手スーパー等で手軽に買える納豆は大別して4メーカーに絞られます。
すなわち、本場茨城県のタカノフーズ製「おかめ納豆」、セブンプレミアムにOEMしている栃木県のあづま食品、大手ミツカンの「金のつぶ」、秋田県のヤマダフーズの「おはよう納豆」です。業界4位だった茨城県の「くめ納豆」は倒産し、ミツカンがブランドを引継ぐ形で販売されています。

 さて、これらの納豆業者のホームページを見て行きますと、実に沢山の種類の納豆が販売されているのが分ります。特に業界最大手のおかめ納豆のホームページは凄い。
シリーズ別に14のブランドに別れ、しかも西日本限定、北海道限定なんていう商品があります。納豆好きなら、このページを見てちょっと食べてみたくなりませんか?

http://www.takanofoods.co.jp/products/nattou/series_top.html

 コレクターは、それだけでなく、このパッケージを集めたくなるんですねえ。そんなわけで、毎日チマチマと納豆を食べつつ、コレクションを充実させている次第です。コレクションに掛かるお金は実質ゼロ。だって、これらのパッケージは食費扱いですから!

| 【コレクション】 | 10:22 | comments(4)
私のコレクション(18) Appleのミニカタログ

  元AppleCEOのスティーブ・ジョブズが亡くなりました。
 私はApple製品とはあんまりかかわりを持たなかったので、特別な感慨とかそういうものは一切ないのですが、ネット上での失望感は凄いものがありますね。

 今日はジョブズの死を悼んで、唯一私がコレクションしていたApple製アイテムがあったので、今回はそれをご紹介します。

 PowerMacG4の頃ですから、10年くらい前ですかねえ、iMacが流行った時です。この頃、家電量販店に行くと、どんどん縮小されていったAppleコーナーの中に、こんな小冊子が置いてありました。

 製品のミニカタログです。展示スペースが縮小されたために考案された苦肉の策だったのでしょうか?私にとっては実に都合の良いカードサイズに縮小されたカタログが何種類も置いてあったんです。当然、集めますわな。

 4つ折りか5つ折りくらいになっていて、中は普通のカタログです。

 裏面は諸元表になっているんですが、これも統一感のあるデザインで、コレクター心をくすぐるアイテムでしたねえ。

 そのうち、AppleはiPod、iPhone、iPad等の人気によって業績を回復し、それに伴って売り場も大きくなり、今ではカードサイズのカタログは作らなくなってしまいました。コレクター的には、このくらいのサイズのカタログって集めやすいので、長く続けて貰いたかったんですけどね。

| 【コレクション】 | 20:21 | comments(0)
私のコレクション(17) 手配りティッシュの裏紙(2)

  手配りティッシュ業界でセンセーショナルだったのが、一昨年ごろに配られたアイフルの黒いティッシュペーパーでした。この、黒ティッシュは表側にイラストが印刷され、これが何種類もあり、これを集めた人は結構いたんじゃないでしょうか。3回くらいに分けてシリーズ化され、最後のシリーズは干支で12種類の可愛い動物の絵柄が表面にプリントされていました。裏面にして欲しかったなあ。

 実は裏面も、黒版、赤版、キャラクターのうえむらちかの写真の大・小版があり、それなりにコレクター心をくすぐる内容になっています。

 今や、殆んど見かけなくなってしまったこれらのサラ金系ティッシュですが、キャラクターが入っていないと収集意欲が湧かないので、何とか復活して貰いたいものです。

 現在の主流は、居酒屋とかキャバクラなんかのものが主で、キャバクラのティッシュにはその店のキャバ嬢の写真なんかが付いてたりしますが、あまり興味をそそられるものではありません。秋葉原で良く貰う、メイド喫茶のものもイラストが付いていますが、これもイマイチ。

 やはりキャラクターものでは古いほうが良いものがあります。その昔、携帯電話会社が精力的に広告を打っていた時代のものが結構いいです。J-PHONEは藤原紀香でしたね。

 IDOは、ともさかりえ。えーっと、記憶に無いです。

 そして、こんなのもありました。今は無き日本エアシステムのMD−90!!




 商品CM的な手配りティッシュも見かけます。キリンビールの金麦なんかがあるんですが、壇れいが出ていない!やはり裏紙にキャラクターを印刷してナンボでしょう!改善を希望します。
そんななか、思わぬところでキャラつきのティッシュを貰うと嬉しくなります。



エスタックイブ、タレントはあの、北野井子!!

 手配りティッシュ業界には波があり、不景気になればなるほど、配られる頻度が減ります。もう少し景気が回復してきたら、また新たなキャラクターつきティッシュが配られるようになることを期待したいです。

| 【コレクション】 | 10:35 | comments(0)
私のコレクション(16) 手配りティッシュの裏紙(1)

  多分、こんなのを集めてるのは日本中で私だけかもしれません。なので、2回に分けて紹介したいと思います。

 街頭や駅前で、サラ金とか居酒屋の宣伝用ティッシュを配っていますよね。あの裏紙を集めているんです。古くは武富士の赤いスポーツカー、武富士ダンサーズなんかがありましたが、残念ながらこれらは残っていません。引越しの際にどっかへやっちゃったんだよな。コレクターの癖に、ものをきちんと保存できないんですよ。ダメですね。

 その他、西川峰子とか生稲晃子、アコムのむじんくんの宇宙人なんかがサラ金のティッシュになっていましたが、この人たちのティッシュは裏紙じゃなくて、ビニールに直接印刷されていました。それじゃダメなんですよ。やっぱり裏紙に印刷されてなくちゃ。


表じゃダメなんです。

 そんなわけで、現在所有しているティッシュの裏紙で一番古いのが多分これ。

 

 懐かしいですね、牧瀬里穂です。ゆうちょのキャラクターだったんですねえ。

 お次はこれ、海老一染太郎、染之助師匠。



 これは、厳密に言うと裏紙じゃなくてビニール印刷なんですけど、例外的に持ってます。

 収集の基本となっているのはサラ金の裏紙でしたが、昨今の過払い請求訴訟などで、大手サラ金の殆んどがメガバンク系に吸収され、最大手の武富士が倒産、会社更生法適用となってから、今は殆んど街頭で配られるものは無くなってしまいました。

 その、武富士ティッシュで一番センセーショナルだったのがこれです。



 2001年に弘前支店で強盗放火殺人事件が発生し、翌年3月に犯人が逮捕されるまで、ティッシュの裏紙に犯人の似顔絵が掲載されていました。これにも幾つかのパターンがあり、最後期にはカラー化されたりしています。このようなデザインの変遷を追っていくのは実に楽しいものです。

 その後、アコムの小野真弓がアイドル的人気を博して、他の業者も追随するように、ティッシュの裏紙にキャラクターやアイドルを登用するようになりました。この頃が手配りティッシュ裏紙業界の最盛期だったと言えるでしょう。



 武富士裏紙は、スポーツカー、武富士ダンサーズの後、強盗殺人犯似顔絵となり、その後しばらくキャラクターが付かなかったのですが、2005年に佐藤寛子、その後江本孟紀、内田有紀と続きます。ただし、内田有紀は裏紙ではなく表ビニールに印刷されています。そのうちティッシュが配られなくなり、昨年会社更生法の適用を受けました。

 アコムは大量にタレントを抱えていましたが、むじんくんの宇宙人の後、ティッシュになったのは小野真弓、品川庄司、熊田曜子、タモリで、タモリはイラストです。これには、複数のタイプがありました。



 アイフルは安田美沙子、チワワのくうちゃん、うえむらちか。
 ほのぼのレイクは独自キャラクター、アイクはポパイでした。
 マイナーなところでは、OMCカードに国吉雅という女性の写真が入っています。

 今後、サラ金がポケットティッシュを配ることは無いと思われますので、このコレクションも徐々に終息に向かうのかもしれません。

| 【コレクション】 | 10:33 | comments(0)
私のコレクション(15) 伊勢だより

  今日からコレクション紹介を再開します。

 さて、あとは今集めているものの紹介になります。基本的にタダで貰えるようなものばかりなので貧相なんですが。

 まずは伊勢だよりから。

 これは、伊勢銘菓の「赤福」の中に封入されているもので、毎日絵柄と裏面の文章が変わります。ということは、最低でも365種類存在することになるわけで、こういうものはコレクターとして集めたくなっちゃいますね。

 ところが、何年も集めていくと新たな事実が判明します。当初、例えば10月4日の絵柄は、去年のものも今年のものも同じものだと思っていたんですね。しかし実際は毎年絵が変わっているのです。昨年10月4日に使われた絵が、今年は10月6日に使われていたりしますし、見たことの無い絵柄も出てきたりします。絵柄は、おそらく全部で500種類くらいあるのではないかと言われています。

 こうなると収集意欲を削ぎますね。例えば、毎年絵柄が変わるのであれば、裏の文面にその年の年号を入れて欲しい。そうすると、完全収集は困難になりますが、逆に何年度の絵柄はコレ、というように分類することが出来ますから、コレクターとしてはそちらのほうが嬉しいんです。



元旦は、大阪のデパートで貰ったもの。年号入れて欲しいなあ。

 この手のコレクションって、例えば赤福の社員だったり、バイトさんだったりすれば、毎日集めて全部集めきるのはさほど難しいことではないでしょう。だから、全部集めるという事にあまり意味を感じていません。

 私の場合、赤福が東京で売られなくなってから、収集を開始しました。東京で売ってた頃は、毎日デパートに日参すれば入手できたわけです。(伊勢だよりは、それだけを無償配布しています。だから赤福を買わなくても入手出来る)
 しかし、それじゃ面白くないんですね。関東圏で販売しなくなって、名古屋、大阪圏でのみ販売するようになってから、俄然収集意欲が湧いてきました。

 まあ、大阪や名古屋に出張した時くらいしか手に入れられないんですが、そのほうが何となく集め甲斐があるというものです。簡単に手に入るようなら、集めてもしょうがないと思ってしまうんですね。集める行為が楽しいので、むしろ集めにくいもののほうが、集めたくなってしまうのです。

 友人から、出張土産に貰ったりすることもありますが、基本的には自分で訪れて入手します。東京のデパートの物産展などに来る時もねらい目ですね。そういうときに手に入れるのはOKと考えています。このあたりは自分で決めた収集ルールとなります。

 伊勢だよりは、現在150種くらい集めたかな?これからものんびり収集していくつもりです。

| 【コレクション】 | 17:08 | comments(2)
私のコレクション(14) トレーディングカード(3)

  トレカというものが世の中に認知され、スポーツカードミントなんていうチェーン店が登場するあたりから、活発なトレードが行われるようになっていきました。私のサイトの掲示板でも結構活発な取引が行われていたようですが、そんな時にある事件が発生します。

 まあ、トレカの交換では大なり小なりトラブルが発生するんですが、そういうのは本人同士で解決して欲しいんですけどね、その人は、掲示板管理人である私にいちゃもんをつけて来ました。扱っていたのは遊戯王というゲームカードです。

 この、遊戯王というゲームカードも大人気になりましたが、いろいろ問題もあり、詐欺まがいの行為をする輩が出没していたようなのです。あまりにも収まりが付かないので、うちの掲示板では遊戯王カードの取り扱いは禁止することにしました。ブームになると、どうしてもこういうイザコザが増えてきてしまいます。楽しく集めたいのに、やたらレートに拘る人とか、コンディションにうるさい人などが出てきて、そういう人たちが日常的に場を荒らすようになったので、多忙を理由に掲示板を閉鎖。サイトも閉鎖することになりました。

 サイト閉鎖後も、トレカ収集は続けていましたが、丁度結婚することになり、それを直接のきっかけとして、トレカの馬鹿買いは収束していくようになります。結婚後も続けていたのはカルビーの大洋カードの収集だけになりました。

 最終的に、大洋以外の野球カードは殆ど処分してしまいました。集まったものはコンプリートセットで売却しましたが、余ったレギュラーは捨てざるを得ませんでした。これがねえ、モンスターボックスで4箱くらいあったかな。数回に分けて燃えるごみで出すんですが、カードは重たいので一度に大量に捨てられないのが難点でしたね。このときはカードを捨てることに罪悪感とか感じませんでした。ただ、ポテチのおまけで付いてきたカルビーのカードだけはなぜか捨てられず、未だに死蔵しております。

 2000年になり、トレーディングカード収集家にとって、最も歓迎、かつ憂慮すべきものが登場してきます。ヤフオクです。なかなか入手出来なかったレアカードが、金さえ積めば簡単にオークションで入手できるようになり、また、カードの相場は、カードショップではなくコレクターが決めていくようになりました。
 
 私の大洋カードコレクションは、ヤフオクが無ければこんなに早く、しかも安価で収集することは出来なかったと思います。そういう意味では、カルビーのビンテージカードを集める人たちにとって、ヤフオクは福音と言えたと思います。

 一方、最新のトレカを収集している人たちには、ヤフオクは一長一短でした。レア度の高いカードは高騰し、レギュラーカードはゴミくずみたいな値段になっていきます。その昔、インサートカードはそこそこの値段が付いたもんですが、サインカードやジャージカード以外はごみクズ同様になってしまいます。特にレギュラーカードは1枚1枚集めるものでも、仲間と交換するものでもなく、パワーユーザーがレアカード欲しさにカートン買いして余ったレギュラーセットを安く買い叩くものになってしまいました。カードを集める楽しさはスポイルされ、私自身も大洋カード収集に一通りの目処が付いたので、いつの間にかトレカは集めなくなってしまいました。

 BBMの野球カードで一番良い思いをしたのは、200円のパック1つに2枚入っていた、江夏投手の直筆サイン交換カードでしたかねえ。2枚ともヤフオクに出品し、1枚8万円で売れましたので、2枚で16万円になりました!!ひとつは某カードショップ様がお買い上げで、そのお店に投資した額の半分くらい回収できたと思います。ただ、悪銭身に付かずの諺どおり、そのお金は当時買いたかったカメラ(ニコンF3の最終ロット)に化けるのですが、後年、半額以下の値段で売却することになりました。



 BBMの野球カードは写真が良くないというのも収集意欲を無くしたポイントです。日本のプロ野球はもうちょっと、そういう事にも気を使うべきだなと思うんですがね。昔のカルビーなんかのほうが、余程良い写真を使ってたりしますよ。

 今回、この項目を書くにあたり、久々にヤフオクを覗いてみましたが、入札があるのはことごとくサインカードばかり。何だかなあって気がしますよ。

 トレカによって、私は多くのお金を失いましたが、結果的に趣味人としてたくさんのユニークな友人とめぐり合えることが出来たので、そういう意味では決して無駄になはらなかったと思っています。

| 【コレクション】 | 22:22 | comments(0)
私のコレクション(13) トレーディングカード(2)

  トレカのサイトは「悪魔の趣味 トレーディングカード」というタイトルで、「Devil's Hobby TradeingCard」略してDHTと称していました。最初は初心者向けにトレカの紹介とか集め方なんかの解説を書いていたのですが、インターネット上でも活発に交換できる場所が作りたいという事で、公開型のツリー掲示板を作ります。

 この頃から急激にアクセスが増え、ベースボールマガジン社が刊行しているスポーツカードマガジン(現在でも刊行中)に紹介されたのもあって、カード業界では老舗サイトみたいな扱いになっていきました。

 個人的には、この頃集めていたのはスタートレックのカードで、出演者の直筆サインが入っていた事もあり、かなりの投資を行いました。割と効率的に引けて、特にカーク船長のサインは現在でも家宝となっています。




 カード仲間の間で流行ったものとしてはバンダイが発売した宝塚カードというのがありました。宝塚の女優さんをカードにしたもので、トップの人たちは綺麗なカラーカードなんですが、下っ端の子はモノクロ写真で、物凄く差がつけられていました。表側が舞台化粧をした写真で、裏がすっぴんなんですが、この落差が物凄かったりして、ホラーカード扱いされたりしていました。これが続けば結構面白いコレクションになったんでしょうが、1年で終わってしまったのは残念な限りです。



 今でも、真矢みきさんのと、風花舞さんのカードを持っていましたので、画像を公開しましょう。真矢さんは今とは随分印象が違いますね。



このカードは97年ごろの発売だと思いますので、壇れいさんなんかも、中堅か下っ端のほうでカードになっていた筈です。長く続いていれば、そういう端役の人がトップになっていく遍歴とかがカードで追えたのに、残念ですね。

 そのほか、アニメで流行ったエヴァンゲリオンも、カード集めが先でした。当時、アニメには全く興味なかったんですが、エヴァのカードは4版も印刷される人気で、初版から4版までを全てコンプリートしたツワモノも居たようです。あと、抽選プレゼントカードというのがあって、これは一時期10万円くらいの値段で取引されていたと思います。今だと二束三文かな?

 主としてノンスポーツものを中心に集めていたトレカでしたが、段々と野球カードを買っていくようになりました。野球カードはこの頃が絶頂期で、96年からはダイヤモンドヒーローズという高級版も販売されるようになり、松井秀喜のジャージカードが封入されました。これは、私の友人のO氏が自力で2枚ゲットして話題になったカードですが、全部で150枚しか存在しないレアカードでした。

 野球カードは、当初フルコンプリートを目指して集めていきますが、このジャージカードが入るようになって、全て集めるのは無理と分かり、自分の好きな大洋ホエールズのカード(決して横浜ベイスターズではない)を集めていくようになります。

 当時、すでに大洋ホエールズは横浜ベイスターズと改称しており、当然、大洋のカードは昔のカルビーカードを集めるのが中心となっていきます。その頃から、カードショップに出入りするようになりました。よく通っていたのは、明大前にあったJO’Sスポーツカードと、御徒町にあったボールパークでした。ボールパークはまだ地下に移転する前で、結構親切にしてくれていたんですが、途中でオーナーが変わったのか、地下店になってからそっけなくなってしまいましたね。

 大洋コレクションでは面白い話があって、浅草橋に「こしっぽ屋」という超ボッタクリショップがあったのですが、私はここで迂闊にも、ボイヤー選手のカードを4万円で買わされる羽目になったのです。後にも先にも、たかがカード1枚にそれだけ出した事はありません。今なら1500円くらいで手に入るカードです。勉強になりましたねえ。


 

| 【コレクション】 | 12:01 | comments(0)
私のコレクション(12) トレーディングカード(1)

  私にとって、コレクションといえば、やはり自分のコレクターとしての立場を作った意味でもトレーディングカードは切っても切り離せないものがあります。これからしばらく、トレカについての話を書いていこうと思います。

 黎明期においては、以前も書いた仮面ライダーカードとプロ野球カードをちょっとだけ集めていましたが、本格的にトレカを集めるようになったのは、1995年のプロレスカードという事になるでしょうか。

 当時、プロレスが好きで、週刊プロレスを毎週買っていたんですが、その広告にプロレスカード発売!という情報があり、早速買ってみたというわけです。買いに行ったのは御茶ノ水の書泉グランデだったかな?いきなり箱買いでした。

 1ボックス開けても、当然揃いません。2ボックス、3ボックスと開けても全然揃わない。当時はカードショップとか知りませんでしたからねえ。大阪出張の際に、もう1ボックス買って、ホテルの部屋で開封してやっとコンプリート出来ましたが、今考えたら物凄く無駄なことをしていたわけです。

 これは後日、書泉グランデでカードを買うと貰えた応募券で当たった長谷川咲恵のサインカード。 



 95年といえば、私にとってはインターネット元年で、仕事上でも会社のメールサーバを立てたり、はじめて会社からインターネットにつなげて一日中ネットサーフィンしまくっていたりしたもんです。その頃はまだ規制なんか無かったから、何でも見放題でした。そんな中で、スタートレックのトレカを集めているSさんと知り合いになります。Sさん経由で、同報メールでスタートレックのカードを集めている人たちと交流が広まり、トレカ収集に熱が入り始めました。

 その人たちの薦めで、当時まだ健在であったNIFTYサーブに加入することになり、そこのFCOLLというパティオの中で、現在も交流のある、とみさわ昭仁さん、映画バカさん、か〜らさんなどと知り合いになります。FCOLLというのはコレクターが集う掲示板のようなもので、中でもノンスポーツ系コレクションの掲示板の中で、とみさわさん、映画バカさんなどと活発に発言を繰り返していました。

 そんな中でFCOLLのオフ会に参加することになりました。エヴァンゲリオンの映画版のカードとかが流行っていた頃だったかな?か〜らさんとお会いしたのはこのときが最初でしたっけ?渋谷でオフ会をやったあと、カードショップに行ってみんなでカードを買ったんですが、発売されたばかりのRACCアイドルカードコレクションに手を出し、運良く直筆サインカードのあたり券を引きました。意外とこういうのに強いんですよね。

 MAXとSPEEDの直筆サインカードがあたるんですが、私が当たったのはMAXの宮内玲奈さんという人のサインでした。当時は1枚数万円で取引されたというこのカードですが、今や5千円でも買う人は居ないでしょうねえ。ま、私も最初に入手した直筆サインの当たりカードですから、手放す気はありませんが。

 そうして、トレカにのめり込んでいき、97年に自分のサイトを立ち上げることになったのですが、そのコンテンツのひとつにトレカのページを作ることになりました。その話はまた明日。
 

| 【コレクション】 | 14:14 | comments(0)
<< | 2/6PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂