クルクルちゃん TOPに戻る

Since 1997.1.1
CONTENTS

雀鉄BLOG
 軽便鉄道模型製作記

トーマスガンダム
 ブログ化を予定 


大盛飯
 金属恵比須御用達写真サイト

INPRESSIONS
 随時更新 

パチモン怪獣図鑑
 更新停止中 

大洋ホエールズ
 更新停止中 

MY BOOKMARKS
 2010/07/06 

CALENDER
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    雀坊。 (11/24)
  • 艦これにっき(145)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E3攻略(1)
    いけちょ (11/23)
  • 艦これにっき(144)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E2攻略
    雀坊。 (11/23)
  • 艦これにっき(144)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E2攻略
    いけちょ (11/22)
  • 艦これにっき(143)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E1攻略
    雀坊。 (11/19)
  • 艦これにっき(143)捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇) E1攻略
    いけちょ (11/19)
  • 艦これにっき(142)満潮改二と新任務攻略、秋冬イベント展望
    雀坊。 (11/01)
  • 艦これにっき(142)満潮改二と新任務攻略、秋冬イベント展望
    いけちょ (11/01)
  • スポーツ新聞と日本シリーズ
    雀坊。 (10/26)
  • 艦これにっき(141)さあ今年もサンマ漁!
    雀坊。 (10/19)
イチオシ
qrcode
TEXT STYLE
大雪の日にライブ写真撮影

 しばらく潜航の予定であったが、久々に楽しいオフの出来事だったので、仕事の合間を縫って日記など書いてみる。

 昨日は懇意にしている金属恵比須のライブであった。ところが皆さんご承知のとおりの大雪。開催が危ぶまれたのだが・・・。

 リハは13時からなので、それに間に合うようにちょっと早めに家を出る。が、既に積雪10センチ。粉雪なので余計積もりやすいんだろうが、関東地方で降る雪質ではない。足元が悪いなか、漸く駅に辿り着くと、電車は大幅に遅れているとのこと。
 少し待って乗り込むが、間隔調整とかで動いたり止まったりを繰り返す。

 吉祥寺には予定の30分遅れで到着。おっとり刀で会場のシルバーエレファントに駆けつけ、撮影開始。今回、仕事の関係で参加が危ぶまれたので、抑えでメンバーの稲益さんのお友達がゲストで写真撮影をしてくれる事になり、カメラマン2人という豪華な体制になった。

 今回はゲストボーカルに、入江陽さんというシンガーソングライターが加わり、混沌としたイメージがさらに増殖した感じ。対バンの方々も、それぞれ個性的で怪しげ。色物と言っては大変失礼であるが、見た目で判断しちゃいけない。

 処で、リハの撮影中に腰がピリっと来た。先週からやばい感じだったのだが、ここで来るか腰痛!仕方ないので薬局に行き、フェイタスを買って腰に貼る。こいつが結構効くんだよ。

 開演は6時で、トリの金属恵比須の出演は8時ごろ。だいたい、少し押すので8時半スタートという感じか。合間に早めの晩飯を食べ、会場に戻ってきたら、高木君が一言。

「中央線止まったらしいです」。

 無理しないで早めに帰って頂いて構いませんと言われたものの、止まってるんじゃあ帰りようがない。どうやら井の頭線もおかしい感じで、都内の交通はどんどん麻痺状態になっている。ま、こういう時は慌てても仕方ないので、とりあえずライブ終了までライブに集中することにしようか。

 6時になり、開演。流石にこんな天気だから、お客さんは少ない。それでも来てくれる人がいるんだから、頭が下がりますな。

 まず1組目。ゆらゆら帝国?よたよた帝国?よたろう帝国か。この大雪の中、京都から来たんだそうな。ボーカルの女の人が巫女さんの格好をしているんだが、艦これのコスプレというわけではないらしい。ギターの人も烏帽子なんか被ってて京都っぽい。
 キーボードのスイミングキャップ被った人が変。キーボードセットも変。いろんな意味で変(ほめ言葉)。

 音楽的には、かなり説明不可能な感じ(笑)歌謡曲っぽいノリの歌で始まったかと思うと、中盤からプログレっぽい変拍子が入ったり演歌っぽいノリのギターソロが入ったり、飛びまくってるキーボードが推して来たりと、カオス的な印象が強くて面白かったのだが、どの曲も構成が似ているせいか、カオスなのに次の流れが見えてしまって、少々退屈な印象を与えてしまったのが残念。アルバムだと面白いのかな?ライブでは、そこが損している感じだった。曲の構成とかアレンジ変えればもっと良くなるんじゃないかなあ。

 2組目、ブバルディア。決して若くないと思う女性二人組。ボーカルとエレピというシンプルな編成。 かなり引き気味な独自の妄想の世界を表現していて、語りと踊りと歌で構成されている。ボーカルの女性は本格的な声楽の素養でもあるんだろうか、かなり上手い。オペラに始まって、ELPやイエス、ピンクフロイドなんかを歌っちゃうんだが、これが圧巻。1曲ごとに衣裳を変えて踊り歌うのも素晴らしかった。ジュディオングまで出てきたもんね。これは写真を撮ったので、後日ご披露しましょう。

 で、圧巻だったのはピンクフロイドのThe Great Gig In The Sky。このスキャットが素晴らしかったんだけど、素晴らしいだけに、余計にオリジナルのClare Torryの歌声の凄さを再認識する結果となってしまった。低音域のボリュームと色気が圧倒的に違うんだな。

 3組目、トリが金属恵比須。いきなりトルコの軍楽(NHKドラマ「阿修羅のごとく」の主題歌で使われた曲といえば思い出す人もいるだろう)で始まり、芥川也寸志かレッドツェッペリンかレインボーかみたいな新曲。名前はやっつけなので変えるそうだ。

 今回は、前回と違って音のバランスも良く、非常に出来の良いライブとなった。ゲストの入江君も良く馴染んでいたし、アドリブも混ぜてMCも悪くなかった。これでお客さんがたくさん入っていればねえ。

 中央線が止まったこともあって、予定していたお客さんの半分以上が来られなかったらしい。その分、空いていたので、かなり動き回って撮影することができたのは不幸中の幸い??

 アンコールの頃には中央線再開の報があり、一安心といった所だったが、バナナ食割愛など、多少端折った感じであった。勿論演奏に抜けはない。

 最後に、参加メンバー全員の写真を撮影させて頂いてお開き。

 中央線は動いていたものの、各駅で間隔調整のために止まるなどしたので、家に辿り着いたのは午前様直前の0時前であった。家の近くの道は積雪35cm程度(傘を突き刺して測った)。こんなに降ったのは記憶にないね。

 写真は、 http://jumbow.blog51.fc2.com/ こちらで順次公開していきます。


 

| 【芸術・演劇】 | 21:20 | comments(0)
さよならKISS

  昨日、日本武道館で行われたKISSのコンサートが、生中継で放送されていたので、最後のほうだけを見た。

 60歳を過ぎたポール・スタンレーの体型は崩れ、声も全然出ていなかった。ま、60過ぎてもあのライブが出来るだけ凄いという事でもあるんだが。

 アンコールのデトロイト・ロック・シティが酷い。ギターがトミー・セイヤーになって良かったなあ。エースだったらメロメロだったに違いない。ただ、いくらトミーとドラムのエリック・シンガーが頑張っても、ポールとジーンの二枚看板がヨレていては仕方がない。だが、そのエリックも55歳。トミーも52歳。充分におっさんバンドなわけだ。
 ジーンのベースリフも省略モードで、全盛期を知る身にはとても悲しく映った。スタイルを変えずに来たハードロッカーの現実は辛い。

 ポールは、小耳症の手術をしたり、股関節手術をしたりと、まさに満身創痍の体だが、ジーンもポールも、酒も煙草もやらないストイックな生活を送っているからこそ、60を過ぎても第一線で活躍できるんだろう。
 一方で、酒とドラッグに溺れたオリジナルメンバーのエースとピーターは、再結成後もそのバンドスタイルを維持できず、再び去っていった。
 
 その意味では、今回のステージは驚異的な出来だったと賞賛すべきなのかもしれない。
でも、あの77年初来日の、超弩級のパフォーマンスには遠く及ばない今回のステージだった。

 結成以来の最も古いファンの一人として、もうKISSのステージは見たくない。もちろん、体の続く限りやって欲しいとは思うが、私がそのステージを見に行くことはないだろう。あまりにも悲しすぎるステージであった。

 だが、これからも全盛期のKISSの音は聴く。それが好きだから。ノスタルジックな思いは全然ない。ただ単に、未だKISSの上を行く、ゴリ押しアメリカンハードロックバンドが出てこないだけの話だ。

 KISSは永遠に私のロック・アイドルのままである。

| 【芸術・演劇】 | 10:48 | comments(0)
金属恵比須天中殺

  昨日は金属恵比須のライブ。
 リハーサルの状態がとてもよく、期待してのライブであったが・・・

 ケチのつけ始めは、冒頭の登場シーン。ベースの音が出ない。これでしばし中断。何事もなかったかのようにイチからやり直し。
まあ、こういう事はあるさ。
 演奏は素晴らしいのだがセッティングがおかしい。MJさんのミニムーグが安定しないかと思えば、高木君のレスポールのチューニングがまとまらない。ひとつ歯車が崩れるとボロボロ行っちゃうんだよね。
 しかしながら、それを上回る鬼気迫る和馬君のドラミングが素晴らしかった!とてもプログレのドラムとは思えない力強さ!!
 最初に音が出なかった分、多良君のベースもぐんぐんグルーヴを取り返す。今回、リズム隊のまとまりは素晴らしく良かった。過去最高と言ってもいい。だから、その後も小さいトラブルが重なるものの、演奏は手堅くまとまっていた。これはさすがだなー。ライブの屋台骨を支えるのはリズム隊という認識を改めて感じた。

 その分、MCは悲惨な結果だったけれど、もともとMC上手くないバンドだからそこはご愛嬌。

 シルエレのステージで機材てんこ盛りの5人編成だと、狭くなってしまって撮影は非常にやりにくい。今回、撮影ポイントが3点くらいしかなくて、構図のバリエーションが乏しく苦戦した。演奏を邪魔しないで撮影するというモットーがあるんだが、シルエレはステージが低いので、観客の邪魔にならないように撮影するには、ほぼ中腰での撮影にならざるを得ない。この年になると1時間中腰はつらい。最前列に確保した席で休み休み撮影したのだが、最後で仕方なく一部だけ立って撮影。後ろの人、ステージが見えにくくてすみませんでした。

 そして最後の最後で私にもトラブルが。今回メインで使ったKiss6iが突然エラー連発。おかげでアンコールの半分のカットがダメ。せっかくの稲益あまちゃんがうまく撮れていない!!

 やってるほうにしたら、いわゆる天中殺のようなステージでした。でも、お客さんは満足していたみたい。そこがこのバンドの底力だな。いいライブでした。

 さて、これから写真をまとめなくちゃ。かなりのショットがあるんで、時間かかります。少しずつ出していきます。


 

| 【芸術・演劇】 | 09:30 | comments(0)
金属恵比須ふたたび!!

  昨年、ステージを撮影させてもらった、国産プログレバンド、金属恵比須が再びステージを踏みます。今回も専属カメラマンとして撮影させて頂くことになりました。

 土曜日はその最終リハーサル。今回も素晴らしい出来で期待できます。特に新曲がいいですね。高木君と稲益さんのハモりも絶好調!助っ人MJさんのキーボードプレイも素晴らしいです。

 ライブは来る9月7日(土)、17:30開場、18:00開演で吉祥寺のシルバーエレファントにて。競演バンドはPegasusさん、ツーマン公演になります。タイトルのハリガネムシとはいったい何だ?

 お時間のあるかたは是非どうぞ!!

| 【芸術・演劇】 | 13:45 | comments(0)
ライヴ撮影〜久々の長丁場。
 昨日は、吉祥寺のシルバーエレファントで久々のライブ撮影。
 先日、スタジオでのリハーサル風景を撮影させて貰った金屬惠比須のライブ本番である。

 2時半のリハーサルから撮影に参加し、夜9時半近くまでの長丁場。途中休憩はあったものの、対バンの方々の撮影なんかもちょこっとやったので、そこそこハードな撮影であった。
 特に本番、一時間みっちりと撮影し、1200カットくらい撮ったのであるが、いやまあ疲れましたわ。

 体力不足を痛感。ライブは、バンドの人たち並みにカメラマンも体力使うんだよという事を、今更ながら思い知らされる。

 今日は一日、ぐだぐだしながら昨日撮影した映像のセレクト中。相変わらず歩留まりが悪いのは仕方ないが、Eos5Dの映像は今でも十分に通用するクオリティだ。一方のKissDNは、さすがにきつくなってきたかという印象。しかし、5DMk3を買うだけの金は無い。Mk2の中古の出物をじっくり探すかね。

 それはさておき、ライブ画像は、今日から毎日アップしていきますので、興味のあるかたは「でじ式ねじ式」をごらん頂ければ幸いです。

 http://nejiyama.exblog.jp/i45/

| 【芸術・演劇】 | 13:20 | comments(0)
金屬惠比須!!


乞う!ご期待!! 
| 【芸術・演劇】 | 00:40 | comments(0)
ダモ鈴木!!

ジャーマンロックの雄、CANの秘蔵画像をyoutubeから拾ってみました。
動いてるダモさんの姿を見たのは初めて!!







フューチャー・デイズ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] [Blu-spec盤]
カン

フューチャー・デイズ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] [Blu-spec盤]
タゴ・マゴ [初回限定盤] [Blu-spec盤] [紙ジャケット仕様] エーゲ・バミヤージ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] [Blu-spec盤] Monster Movie サウンドトラックス [初回限定盤] [Blu-spec盤] [紙ジャケット仕様] スーン・オーヴァー・ババルーマ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様] [Blu-spec盤]
by G-Tools
| 【芸術・演劇】 | 10:48 | comments(0)
内核ライブ:ラスト
1週間以上に渡って続けてきたライブ写真の公開も、これで最後です。
ありがとうございました。

http://nejiyama.exblog.jp/10315025/
| 【芸術・演劇】 | 21:34 | comments(0)
あと2回。
内核の写真シリーズも残すところあと2回!

サックスの人
http://nejiyama.exblog.jp/10295367/

自分、不器用ですから
http://nejiyama.exblog.jp/10295400/

会社のPCで見たら写真暗いなー。
色温度合ってない。すいません。
| 【芸術・演劇】 | 14:33 | comments(0)
ツインリードと新衣装。
内核の写真、どんどん行きます。

http://nejiyama.exblog.jp/10280319/

ゲストの伏見蛍氏。ツインリードの音の厚みに圧倒されました。


http://nejiyama.exblog.jp/10280374/


続いてかずみちゃんの新衣装特集。
お母さんに作って貰ったそうです。
| 【芸術・演劇】 | 20:58 | comments(0)
<< | 2/3PAGES | >>


ご意見、ご要望は、こちらまで




雀坊堂関連サイト - ゆきうぇぶ


コレクションとカメラの雀坊堂